マーケティング・企画職への転職を有利にするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前職がマーケティング部や○○企画部だった方で転職活動を始めると同じような部署がある会社はあまり多くなく、戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか。部署の名前は違っても同じような仕事をやっている会社もあるはずです。その転職のコツについてご説明していきましょう。

9119d0d17d92fde2d9ca64f9b9b0ea5d_l

前職と同じ仕事をやっているところを探す

マーケティング部や企画部などは会社によって部署名が違ったり、やっている仕事の内容範囲も違ったりすることがたくさんあります。前職と同様の業務と考えると完全に一致するものは難しいかもしれません。時には全く違う名前の部署であることもあります。同様の職種に就きたい場合は検索範囲を広げてみましょう。

どの会社にでもある部署とは限りませんので求人件数は多くないかもしれませんね。それでも比較的、前職と同様の業界、業種で探してみると似たような仕事に巡り合える可能性も高くなります。応募する前に企業情報をじっくり見るようにしましょう。

検索すると営業職が多い

就職サイトでマーケティングや企画の仕事で検索をすると半分くらいは営業職がヒットします。営業職の中にはマーケティングや企画の要素を含んでいる場合が多いからです。仕事内容をじっくり吟味して、興味が持てるようならば営業も含んだマーケティング・企画の仕事に挑戦してみるのも良いでしょう。結局のところ、企画営業と言った職種も多く、どこからが営業でどこまでが企画でと言った線引きが難しいのです。

マーケティング・企画の要素を含んだ営業の部署しかない場合、マーケティング・企画・営業と細かく部署が分かれている場合、会社によってその組織体制は様々です。前者の場合は一人でマーケティングから営業まであらゆることを含んだ仕事をすることになります。逆に後者の場合は区分けがはっきりしているので自分の仕事はここまでと範囲に指定されているということになりますね。

どちらの体制が自分の希望に合うのかをよく調べて応募するようにしましょう。情報を見てもわからなければ面接などに行って直接聞くのも良いですね。

b60d186699204c2150ff8d9ff63520c6_l

マルチで経験豊富なアピールが必要

いずれにせよマルチな能力が求められる仕事です。中途採用では特に豊富な経験が必要とされるのではないでしょうか。面接でアピールする際にはそれなりの経験があることが必須と言えます。

また、マーケティング・企画の経験はなくとも、営業系SEとしての経験を活かしてIT戦略の企画を考える部署で活躍したり、人事の経験を活かして人材ビジネスの会社の営業企画の仕事で活躍したりすることができるかもしれません。マーケティングや企画の仕事は豊富な経験がないと中途採用での転職は難しいですが、突出した経験を持っている人こそぜひ挑戦してほしい職種です。今まで「マーケティング・企画」と言う名前が付いていない部署であっても、自分の経験が活かせる可能性が無限にある職種、とも言えます。

逆にこれらの仕事に就きたい場合にはそれなりの経験が必要となりますので、面接ではどれだけ広い範囲の仕事にどれだけ深く、長く関わったのかをアピールするようにしましょう。

SNSでもご購読できます。