主婦の職場復帰の際、家庭を大切にしながらの転職の成功法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一生専業主婦でいることは珍しいと思われる現代では、出産などで一旦現場を離れた主婦の職場復帰は大きな課題とされています。働くということは決められた時間に必ず家を空けなければなりません。家庭を大切にしながらの転職の成功法則はあるのでしょうか。

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_l

自分の確実に出られる時間帯での勤務にする

職場復帰の主婦ということで会社側はきちんと勤務日に働いてくれるのか、休みが多くなるのではないかということを心配してしまいます。子供が幼稚園や学校に確実に行っている時間帯での応募の方が、面接でも確実にその時間帯は働けることをアピールできますね。この日はダメですが、この日のこの時間帯は大丈夫だと正確に伝えましょう。

その時間帯も時間にぎりぎりでは遅刻をしてしまう可能性もあるので確実に働ける時間で申告しましょう。実際に働いて余裕を持てるようならば後から時間数を増やすということも可能な場合も多いはずです。

勤務に融通が利く職場を選ぶ

子供がいれば急な病気や行事などの振替休日など、イレギュラーに休まなければならない場合は多く出てきます。家庭を大切にするためには子供の病気の場合はすべて会社を休んで通院や看病に充てなければなりませんし、行事をすべて参加することは必須です。そのためにはイレギュラーな休みを取れる職場であることが必要ですし、子育て主婦に理解があるところが理想ですね。

同じような子供を抱えた主婦が働いているような職場や、個人経営など、勤務日数などがあらかじめ決められてシステム管理されていないところの方が比較的、融通が利きやすいでしょう。大切なのは面接の時点で自分の家族の状況や、急に休みを取る可能性があることを洗いざらい説明することです。それでも良いと採用してくれる会社ならば、実際に休むときにもスムーズに休みを取ることができます。

逆に採用されるために、現状を隠さないようにして下さい。事情を説明せずに入社してしまうと、実際に休みを取る際に周りに嫌味を言われたり、なかなか休みが取りにくかったり苦労をすることが多いはずです。

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_l

同じような立場の社員が多い職場を選ぶ

このように何かあった際に急遽休みを取ったりする場合には同じような子育て主婦がたくさんいるような職場を選ぶことが大切です。子供の年齢にもよりますが、子供がまだ病気になる可能性も高く、学校などが早く終わる年齢の場合は比較的軽易な業務の仕事に就くようにしましょう。

家庭を大切にするためには働くようになっても家のことを重視して生活できるような環境が理想ですね。そのような職場環境はある程度業種や職種に偏りがあります。自分の未経験の業務でも子供が小さいうちと割り切って勤務条件に融通が利き、主婦が多い職場を選ぶようにしましょう。働いてから勤務条件が合わずにすぐに辞めてしまうのではもったいないので、転職活動を始める前に自分にとって可能な勤務条件を明確にしておくことも大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。