事務職への転職を有利に進めるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務の仕事はどんな業界、業種であっても必要な仕事です。事務職での転職を考える人はたくさんいるのではないでしょうか。転職希望者がたくさんいるからこそ、求人数の割にはなかなか転職がうまく行かない職種でもあります。事務職の転職を有利にすすめるコツについてご説明していきましょう。

得意げな女性

事務職→事務職の場合

事務職の需要は一見たくさんありそうですが、事務職にもいろいろ種類があります。総務事務、庶務、営業事務、人事事務、医療事務など同じ事務とは言っても仕事内容はかなり異なります。

習得までそんなに期間がかかるものではない場合も多いですが、事務職こそ代わりや他の希望者はたくさんいる、と思われるので同じ仕事の内容の経験を持つ即戦力となり得る場合ではないと採用されることは難しいです。仕事内容は同じで良いと思うのならば極力、会社の業種、規模が同様の会社で、同じシステムを使っているような会社を受けると良いでしょう。

他職種→事務職は簡単ではない

営業、接客、SEなど他の職種から事務への転職を目指す人もたくさんいることでしょう。事務なら誰でもできるし、経験がなくとも採用される、そのように思っていませんか?しかし、事務職こそ希望者、経験者はたくさんあるので実務経験が重要視されます。

もし、経験がなく事務職への転職を目指すならば「未経験者歓迎」の求人を受けるようにして下さい。また、前職と同じ業界、などできるだけ何らかの接点があった方がよいでしょう。それだけ事務職とは言っても他の職種のからの転職は難しいということを意識するようにして下さい。

全く事務職の経験がないのであれば資格の取得をした上で、転職に臨むのも一つの方法です。経理ならば日商簿記、人事関係ならば社会保険労務士、法務系ならば行政書士や司法書士、病院事務ならば、医療事務などの資格がお勧めです。ハローワークの職業訓練にも同じような講座がありますのでそれらを受講するのも良いでしょう。

ペンで書く手先

事務職こそ即戦力であるかどうかがシビア

事務職での転職を考える際に「事務職だから簡単に見つかる」というイメージを持つのは辞めましょう。事務職こそ即戦力であるかを重視されるので、前職と同業種の職場を受けるか、未経験の場合は資格を取るなどの万全の準備をすることを忘れないで下さい。面接の際も事務職を侮るようなことは決して言わないで下さい。

前の会社での真摯な仕事への取り組み方を伝えれば、事務職でも一つ一つ真剣に取り組んで行けることを伝えられるかもしれませんね。大切なのは事務職でも何でも転職活動は即戦力が重視されるシビアな戦いだということを忘れないでおくことです。

SNSでもご購読できます。