人事が教える、「ワンランク上の職務経歴書」と「通らない、サムい、職務経歴書」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用では履歴書だけではなく職務経歴書も会社に提出することになります。履歴書はある程度枠が決まっていますが、職務経歴書は書式も自由ですし、職歴をとおしてあなたのことをアピールできるツールでもあります。
その効果的な書き方と印象が悪い書き方についてご説明していきましょう。

55a0dc1b679815946df3912543f57643_l

ワンランク上の職務経歴書とは?

「ワンランク上の職務経歴書」とは段違いに見やすい職務経歴書です。選考書類ははっきり言って採用担当でもじっくり読む時間はありません。ひどい時は面接のその場で初めて目にするという面接官もいます。そんな時に経歴や持っているスキルが明確でわかりやすいものは目を引きますし、あなたがどんな経歴の持ち主なのかがよくわかってよいです。
そのポイントは以下の通りです

  • 経験した仕事内容が明確
  • 使用ソフトやツールなどが別枠で見やすく書かれている
  • 仕事内容の成果が数値でわかる
  • どんなスキルがあるのかが明確

結局のところわかりやすいかどうかということが重要であることになります。太字や枠線、箇条書きなどを利用して文字の羅列だけにならないように気を付けましょう。

サムい職務経歴書とは

採用担当者が読む気をなくすサムい職務経歴書とは文字が多くて文章が長い職務経歴書です。書類選考だけでも選考で落とされてしまう昨今では書類にできるだけ多くの自分のアピールポイントを載せたいところですが、量が多いのは逆効果です。アピールポイントも応募職種と共通する事項や、確実に効果がありそうなところに絞って掲載するようにしましょう。

また、文章で長く書くよりは箇条書きなどを用いて文章の羅列にならないようにしましょう。部下を○人管理した、とか○年で○件の○○契約を成立させた、など具体的に数値でアピールするとあなたの前職での成果が伝わりやすいです。職務経歴書を見てあなたと会いたいと思わせる職務経歴書を目指しましょう。

a555b17d4cd841644425fb1567694bcd_l

職務経歴書は会社とのファーストインプレッション

職務経歴書は会社にとってのあなたのファーストインプレッションになります。就職サイト上のエントリーデーターではみな同じフォーマットのデータなのでみな同じように見えてしまい、スキルの有無ぐらいでしか判断はできません。しかし、職務経歴書は書式も自由ですし、他の応募者と差をつけられるところでもあります。誰よりも見やすい経歴書を作ることができればそれだけでとても仕事ができる人にも思えてしまうものです。

職務経歴書の出来次第で経験豊富な人よりも印象が良くなる可能性も大いにあります。面接の準備以上に職務経歴書の作成は時間をかけるべきです。ある程度の内容を作れば他社へもそのまま使えますが、応募業界、職種などによって強調するポイントを変えて作成するのも効果的ですね。職務経歴書の存在を侮らずに、気合を入れて作成しましょう。
あなたのその思いは紙上から採用担当者に伝わるものですよ。

SNSでもご購読できます。