人事部への転職を成功させるために大切なポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事採用に携わったり、社員の給与計算をしたり、人事異動や春闘のために奮闘したり、人事部の仕事は非常にやりがいがあります。人気もある職種の一つです。経験がなくとも人事部への就職にあこがれている人はたくさんいるのではないでしょうか。人事部への転職を成功させるために知るべき大切なポイントについて説明していきますね。

電話をする男性

人事部への転職は実務経験が必須!?

人事部は社内の機密事項を扱っているので業務内容が専門的であり、数年で習得できるものではありません。末端の単なる入力やチェック作業は派遣社員に任せていたり、給与計算業務を丸ごと専門の会社に外部委託していたりする場合もあります。そうなってくると残りの業務は採用業務や給与、財形、団体生保、福利厚生などのとりまとめ業務、人事異動や昇格、昇給の決定に携わる業務です。

これらの業務を任せるために中途で採用する社員にはそれなりの経験を求める場合が多いです。人事部への経験は実務経験が必須と考えて間違いないでしょう。中小企業などで派遣や外部委託をしていない会社の場合だと人事部の業務全体に広く担当できる人物を募集している場合もありますが、それこそ豊富な実務経験が必要ですね。

人事部は残業が多いので覚悟が必要!

求人情報にも掲載されている場合も多いですが、人事部は残業が多い職場が多いです。昇給や賞与決定時は社員全員分が必要ですし、その前の社員評価も間違いがあってはなりません。更に「人」を扱う正解のない仕事なので常に予想外のことが起こり、部内は突発事項にまみれています。その度にどのように対処するのかといったことを上司と相談したりしているうちに普段の業務も滞りがちになります。

人事部の仕事は事務作業というよりは人と人との調整の仕事です。残業が多い非常にやりがいのある業務だということを肝に銘じておきましょう。面接の際にはそのあたりの覚悟を問うような質問をされますので、自分の覚悟が伝えられることが必要です。人事部こそストレス耐性が高いのかどうかということをよく見られます。

パソコンと男性

人事部への転職に必要な資格や経験とは?

人事部への転職に必要な資格は社会保険労務士やパソコンのマイクロソフトオフィススペシャリスト、TOIECなどでしょうか。人事部は事務職の中でも優秀な人が配属されている部署なので転職の際もそのハードルが高いです。

それでもそこで役に立つのは結局のところ実務経験なので、資格だけがあっても転職できる可能性は低いです。派遣社員としてでも同様の経験があった方が採用される確率は高いです。人事部への転職を考えている時に未経験なのであれば、派遣社員などで実務経験を積んでから活動をした方が転職しやすいでしょう。

SNSでもご購読できます。