日系企業から外資系企業に転職したいと思った際に考えるべき事、準備するべき事、リスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日系企業で働いている身からすると外資系企業は待遇も良く、能力主義、無駄な上下巻関係もなさそうで憧れてしまいますね。日系企業から外資系企業へ転職したい場合に考えるべきことや準備すべきことについてまとめてみました。
6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_l

社風の違いに耐えられるのか

会社ごとにその雰囲気は異なるものですが、日系企業か外資系企業かということでもかなり違ってきます。雰囲気が違うというあいまいなものでは実際にどんな感じなのかは想像しにくいので、友人や知人などで外資系企業に勤めている人に聞いてみましょう。それが手っ取り早い印象です。

また中途採用なのでセミナーのような機会はありませんが、できるだけ多くの外資系企業の選考を受けてどんな雰囲気なのかを自分で実際に感じるようにしましょう。その時に面接官が厳しいなどと感じるようであればあなたには合わない雰囲気なのかもしれません。それがその会社独自の雰囲気なのか、外資系であることによるものなのかを見極めるために複数の外資系企業を受けてぜひ比べてみるようにして下さい。

スキルを磨く

外資系企業では英語を使うような職業ではなくとも、社内の書類や英語を目にする機会は多いです。英語スキルを磨いておきましょう。客観的な証明としてTOEICを取っておくとよいかもしれません。また、外資系企業ではそれまでの年功序列というよりは成果主義の会社が多いです。他社でも通用するようなスキルを磨いておくことが必要です。仕事上アピールできるような資格などがあればとっておくと良いですね。

更に面接でもアピールしやすいような仕事上の成果を上げられると良いです。「1年で○円の売り上げを達成しました」「営業部12名中3番目の営業成績を上げました」とか具体的な数値でアピールできるものがあった方が良いでしょう。入社してから仕事についていけないようでは、何のために転職したのかわかりませんので自分の仕事力も上げた上で、外資系企業に挑戦するようにしましょう。

8e74a7646339c35c897a3b48e8edc8f8_l

業績給が高い場合は注意が必要

会社により差はありますが、外資系の企業こそ年俸制であったり、業務の成果を直接給与に反映するようなシステムを取り入れていたりするところが多いです。日系企業でももちろん反映はありますが、その比率はあまり高くはなく、成果を上げられなくともあまり生活に支障のない範囲がほとんどではないでしょうか。

ところが業績給の割合が高い外資系の会社であれば初め入社した時の給料よりも大幅に下がってしまうことも予想されます。外資系企業は給料事情がそれだけシビアで、仕事の気を抜けないということを覚悟した方が良いでしょう。しかし、それだけキャリアップも望めて成果を出せばそれだけ給料に反映されると思えば魅力的な職場でもありますね。

SNSでもご購読できます。