未経験の職種に転職する時に準備するべきことBEST5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めはとりあえず就職したもののやっぱりこちらの仕事がいい!と未経験の職種への転職を考える人は結構多いです。しかし中途採用は即戦力を求められる場合が多いので手放しで受けるのでは簡単にはうまくいかないでしょう。未経験職種への転職に必要な準備についてのランキング、発表です!

【第1位:必要な知識や資格を調べる】

未経験の職種に就くにはまずは必要な知識や資格を調べましょう。可能ならば必要な資格を取得した上で応募に挑戦すると熱意のアピールにもなりますし、働く時にも実際に役に立つことでしょう。あなたが本当にその職種に就きたいと思うのならばぜひ資格に挑戦して下さい。資格によっては学校に行く必要もあり、その学校で就職先などの斡旋がある場合もあります。

また、学校で同じ目的を目指す友人ができれば心強いですし、有益な情報交換もできますね。資格などが必要な職種ではない場合にも、どんな知識やスキルが必要なのかを調べておきましょう。面接での自己アピールや志望動機にそれらをからめれば、真実味が出てきます。その仕事への興味が本物だと伝えることに繋がるでしょう。

散らばった資料と鉛筆

【第2位:業界についての情報を得る】

その職種がこれまで経験したものとは異業界なのであれば、業界についても調べておいた方が良いです。また、その業界で働く際に必要な資質を調べておけばここでも自己アピールに使えますね。更に志望動機を尋ねられた際もその業界について勉強していることが伝わるとあなたの本気度が伝わります。

業界について詳しい知識を得るためにはセミナーや講座などを利用しましょう。今は社会人向けに実にいろいろなセミナーが開かれています。転職支援会社が運営している業界セミナーも良いですし、業界によっては転職目的ではないスキルアップのための講座などもよいでしょう。あなたが行動しただけの効果を面接の際に発揮できる機会がきっとあるはずです。

【第3位:未経験歓迎の求人を探す】

確実な終身雇用が崩壊しつつあり、中途採用が盛んな現代では未経験歓迎の求人もたくさんあります。未経験でも良いということなのでこれまでの職歴を問わないということです。そのよう会社では未経験から中途採用で入社して来て活躍している社員が在籍していることも多いでしょう。比較的、中途入社でも働きやすい環境が整っているのではないでしょうか。

逆に未経験OKではない求人は即戦力を求めている場合が多いのでこれまでの職歴から判断される場合も多いです。未経験で採用される可能性は低いと考えて間違いないでしょう。

【第4位:その職種の志望動機を考える】

面接では未経験なのにどうして応募したのかと必ず聞かれることと思います。その際にマニュアル通りの表面的な理由ではあなたの本気度が伝わりません。あなたがその職種につきたいと思ったきっかけなどを具体的に伝えるとあなたの志望動機に厚みが増してきますね。

また、あなたがその職種に就くことによって具体的に実現したい目標などを伝えることも効果があります。その職種に就くことによってどうなりたいのかということを考えた上で面接に臨みましょう。

悩める女性

【第5位:前職で何を学んだかを整理する】

前職の職種内容が応募の内容とは全く別の物であっても面接で「前職で何を学んだのか」を聞かれる可能性は高いです。あなたの仕事に対する取り組み方や、その中でどんな部分を学び取るのかというところから未経験の職種でも活躍できそうなのかを知りたいわけですね。

未経験の職種に転職するためには、アピールになるスキルはないのであなたの本来のポテンシャルでの勝負が必要なこともあります。前職ではどのように仕事に取組み、何を目標とし、何を得たのかまとめた上で面接に臨みましょう。

職種の未経験は厳しいので長期戦を覚悟!

異業界への転職でも職種が同じならば受かる可能性は高いです。しかし、職種の未経験は全く違う内容の仕事を一から始めることになるので採用されるにはそれなりの準備と努力が必要です。

それだけ希望の仕事に就けた時の喜びはひとしおですし、やりたかった仕事というのは一生ものの仕事になることが多いです。

ぜひ夢の実現に向けて前に進んで下さい!

SNSでもご購読できます。