総務職への転職の際に知っておくべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事務職の中でも総務職への事務を希望している方は注意が必要です。総務と一口に言っても仕事範囲などが会社によって異なるからです。総務職への転職の際に知っておくべきポイントについてご説明していきましょう。

ファイルを持つ男性

こんなに違う!会社による総務部の仕事内容の違い

総務部の仕事内容は会社によって大きく違います。小規模の会社で事務分野をすべて行っている「総務部」もあれば、大きな会社だと業務部総務部法務部など細かく分かれていることがあります。総務部への退職の際はどこまでの仕事内容を含んだ総務部なのかを理解してから受けるようにしましょう。

面接で予想外の仕事内容について経験を聞かれたり、携わる可能性があると説明されたりしては動揺してしまってはうまく答えることができません。自分の業務経験と照らし合わせて未経験の業務があるのかないのかを自分で正しく把握して上で会社を受けるようにしましょう。総務部という名称でも経理的分野や法務的分野、人事的分野を含むところもありますので、会社によってかなり業務内容が異なってきます。

総務部の業務は派遣に任されていることが多い

あまり多くの業務を含んでいない庶務的な事をやっている総務部の場合、その業務のほとんどは派遣社員に任されていることも多いです。備品管理、旅券の手配、福祉厚生施設の管理、郵便仕分け、会議室の予約管理などは誰にでも取って代われるような軽易な業務であれば管理者の正社員が1名いれば後は派遣社員でも十分に対応できます。そのような軽易な業務での仕事を探しているようであれば派遣会社に登録をして派遣社員としての就業を考えた方が早く業務に就けるかもしれません。

逆に総務部で正社員の募集をする時にはそのような庶務的なことではなく、社内行事の運営や経営企画、人事関係など責任のあるマネージャー的なポジションのポジションであることが多いです。総務部への転職の際はその募集職種の内容を本当に理解した上で応募しなければなりませんね

パソコンを打つ手

総務部への転職に必要な資格

総務部への転職の際に歓迎される資格としては法務関係として行政書士や、ビジネス実務法務検定、マイクロソフトオフィススペシャリストなどが挙げられます。法務の担当の場合は法律の知識が必要とされますので資格があると良いでしょう。またパソコンの技術を客観的に証明するものとしてパソコン関係の資格があるのも良いですね。

とは言っても総務関係も面接で有利に働くには資格以上に実務経験がものを言います。未経験でも良いのならば派遣社員で足りることなので正社員としての募集はあまり多くないでしょう。総務部への転職は、派遣社員で軽易な業務に就く以外は経験がなければ正社員としての勤務は難しいと考えて下さい。

SNSでもご購読できます。