自分に合う仕事:何を目的に転職しますか?やりがい・年収・ポジション?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AL301_nekutai0420140830131916500-thumb-1226x800-5447

“年収を上げたい” “やりがいのある仕事がしたい”など転職の目的は、人それぞれだと思います。そこで、転職の目的別に転職先の見つけ方を説明したいと思います。

1 やりがいのある仕事をみつける転職

 仕事をしていてやりがいを感じられない、モチベーションを保って仕事ができないなど自分の今ある仕事に対して不満を持っている人もいると思います。仕事や環境も慣れてしまば、ある種の“飽き”がくることはよくあること。そのあなたの仕事に対する不満が今後恒常的に続くものなのか、それとも一時的なものなのかをまず考えてください。もし、仕事に対しての不満が今後恒常的に続くのであれば転職時なのかもしれません。

 ではやりがいのある仕事を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか?何にやりがいを見出すかは人それぞれだと思うので、まずどういうときにやりがいを感じるのかを自己分析してみましょう。たとえばプロジェクトを任されると俄然とやる気が出てくるとか、自分の好きなことを仕事にできればやる気がでるとか、自由裁量が大きい仕事をやる時がやる気がでるとか、人に感謝される仕事をしたらやる気がでるとか本当に様々だと思います。その自己分析に沿った仕事内容を探す転職の方法があると思います。

2 年収を上げたい

 実際、年収を上げたくて転職される方は多いと思いまが、実は転職で初めから年収アップするというのはどちらかというと少数派ではないかと思います。そこで転職する前に、まずは今現在の自分の年収が高いのか低いのか、年齢的、業界的な平均値と比較して客観的に把握することが大事です。もともと自分の年収が業界平均よりも低い場合、ただ単に他の企業へ転職するだけで年収が上がる場合もあります。一方もともと年収が平均よりもかなり高い場合、それ以上に年収を上げる転職は難しくなってきます。では実際に年収を上げる転職をするにはどうしたら良いのでしょう。
 
一つは、異業種への転職であれば年収を上げられる可能性があります。平均年収は業界によって異なります。あなたの会社が属している業界が比較的年収が低いとされる場合、業界を変えることによって年収アップを見込めます。平均年収が高い業界は商社、メディカル、金融だと思います。これは業種別平均年収等を調べれば、その年の状況がわかると思います。ただ、現在、平均年収が高い業界にいる場合には、年収維持はできてもなかなか年収アップの転職は難しい場合が多いかもしれません。
 
または、外資系企業を狙うのも手段としてありかもしれません。外資系企業はその人の実力によって年収を決めるところもあり、外資系に転職することによりいきなり年収が上がるパターンもあります。そのかわり実績に関してはシビアにみられることが多く、思うような実績を出せない場合は容赦なく年収をカットされる場合もあるので注意が必要です。

3 ポジションを上げたい

 なかなか自分の会社ではポジションが上がらない場合、転職によってポジションを上げたいと思うかもしれません。ポジションを上げたい転職の場合、自分が今いる企業よりも規模が小さい企業や、ベンチャーのような新しい企業への転職を考えてみましょう。

4 まとめ

 転職をする目的は人ぞれぞれです。転職活動を始める前に、自分の転職の目的を客観的にみつめましょう。その目的が転職することによって叶うのかどうか冷静に判断することも大事です。そしてこの転職の目的は、転職活動の様々なところで自分の指針になってきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*