行動面接とは何か?練習対策方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用面接には様々な手法が取られますが、行動面接(STAR手法)というのもよく取られる手法であります。行動面接とは何か、その対策法についてもご紹介していきましょう。

座っている男性

行動面接(STAR手法)とは

行動面接とはあなたの過去にどのような状況でどんな役割になり、どのような行動を取り、更にどんな結果が生まれたのかを聞く手法です。これは嘘をついても面接官にばれやすいのでその人の考え方や行動パターンをより深く知ることができる手法です。
SはSituation(状況)、 TはTask(役割)、 Aは action(行動)、 Rは Result(結果)を意味します。

例えば

あなたは前の職場で最も大きなトラブルに遭ったのはどんな時ですか?
その時にあなたは何を担当していてどんな行動を起こしましたか?
その結果、どんな成果を上げることができましたか?

と言った具合です。

対策法は?

これらの質問に答えるためには具体的な言葉を用いる必要があります。言葉が足りない場合はすぐに回答が終わってしまいますね。これらに答えるのは中身のあるそれなりの回答をしなければならないのですが、逆に考えれば面接でのチャンスの場でもあります。きちんと答えるためには自分の過去の職歴の中でアピールの材料になりそうな出来事をアップして、この手法に当てはめ、具体的な回答内容を考えてみて下さい。

例えば

クレームがあった時にどのように対応したのか
今までの仕事の中で目標を定めて達成したことがあるか
難しい上司や先輩と打ち解けた経験はあるのか

答えたことに対して突っ込んだ質問をされる場合もありますので決して嘘は言わないようにしましょう。また、面接ですのでダラダラと話さずに相手に伝わりやすい具体的で簡潔な言葉を選ぶようにしましょう。実際に同じ質問がされなくとも自分の過去の行動を整理して他人に伝えることの練習にもなりますし、数件考えるとあなたの仕事における行動パターンがわかり、アピール材料が明確になってきます。
ガッツポーズ男性

深い意図がなく質問している場合もある

面接官が面接のプロである人事とは限りません。採用予定部門の技術系の社員や営業系の社員、製造現場の社員であることもあります。
質問に深い意図はなくただ知りたくてその質問をしていることも多いです。ここで必要なのは聞かれた質問に対する答えをきちんと答えるということです。無理やり自己アピールに繋げたり、テクニックを駆使したりするあまり話が抽象的になるのは避けるようにして下さい。

面接はマニュアル通りの素晴らしい答えができることが目標ではありません。自分の言葉で自分の良さを伝えられるようになりましょう。

SNSでもご購読できます。