転職する前に、本当に今の会社ではダメなのか?を3回以上自問自答しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動はそんなに簡単に進むものではなく、本当に自分の希望の会社に転職するためにはかなりの労力と努力を必要とします。
そのためにも本当に今の会社ではダメなのか何度も自問自答してみて下さい。
それでもやはり転職したいというのであればあなたの意思は本物と言えるでしょう。
頭を抱える男性

辞めることはいつでもできる

正社員として働いているとなかなか会社を辞めづらいと思うかもしれません。しかし、ある程度の引継ぎ期間は必要だとしても会社を辞めることは今ではなくとも例えば1年後でもできることではないでしょうか。まだ今の会社でやり残したことがあると思うようであれば無理に辞める必要はありません。中途採用では経験やスキルが重視されるので今の会社である程度の職歴を積んでから転職するのも一つの方法です。

最近では新卒入社3年以内に転職活動をする人たちのことを第二新卒と呼びますが、転職の際にその若さや将来性を評価してもらえることもあります。それでも新卒採用と違って中途採用である以上、短くとも前職でどのように仕事に取り組んできたのかということは面接でも評価される点でもあります。
今の職場が辛いからと勢いだけで転職活動をしない方が良いでしょう。
辞めることはいつもでもできます。

辞めた会社に戻ることはできない

当たり前のことですが辞めた会社に戻ることは通常ではあまりありません。今の会社を辞める前に未練はないのかをよく考えてみましょう。今の会社にもいいところは必ずあります。それを捨てても本当に転職をしたいのかはじっくり考え直した方が良いです。

辞めてから、もう少しあの会社にいればよかったと思うことはないようにしましょう。せっかく今の会社に入社できたのですから、今の会社だからこそできる経験をたくさんして、本当に未練がないと言い切れるようになってから転職をするようにしましょう。

会議室

転職をすると今の会社の良さは失われる場合が多い

転職をする際には今の会社とは合わない部分を解決できるような会社を選ぶことが多いはずですが、今までとは違う悩みが出てきてしまうことがほとんどです。
例えばこんな具合です。

< 仕事内容が不満→希望の仕事ができる会社に転職 >

仕事内容が不満で転職をし、希望の仕事に就けたとしても今までとは職種が違うので社員の気質や上下関係の進め方が今までと異なるかもしれません。前の会社の人間関係の進め方の方がやりやすかったと思い出すこともあるでしょう。

< 給料が安いのが不満→給料の高い会社へ転職 >

給料の高い会社に転職できても仕事の量も多く、責任が重い仕事かもしれません。今までは上司が一緒に進めてくれていたような業務もすべて自分一人でこなす可能性も大いにあります。給料は安くとも前の会社の方が楽で良かったと思うこともあるでしょう。

< 長時間残業が不満→残業時間がほとんどない会社に転職 >

残業時間が少ない会社に転職したところ、仕事が少なく手待ち時間が多く、人間関係が悪いかもしれません。前の会社の方がお互い仕事が大変なことを励まし合ったりしていい雰囲気遭ったと懐かしくなることもあるでしょう。

このように今の嫌なところを転職先で解消しても、転職先では新たな悩みが出てくることも実際には多いです。辞めてから前の会社の居心地が良かった部分が浮き彫りになってくるのです。
このあたりのメリットデメリットをよく見極めた上で転職するのかどうかを決めるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。