転職する前の会社の悪口は、絶対言ってはいけない。その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用の面接ではよく前の会社を辞めた理由を聞かれるものですが「絶対に悪口は言ってはいけない。」と言われています。その理由についてご説明していきましょう。

不満そうな男性

退職理由はあくまでも前向きな理由で!が鉄則

退職理由で前の会社の悪口などネガティブな事を言うと非常に印象が悪いです。あまりそういうことを言う人はいませんし、「嫌だから辞めた」では客観的に退職のための正当な理由があったとは思われません。その結果この人は辛いことあるとすぐに逃げ出してしまうような人だと思われます。

そのような人を採用したいと思う会社があるでしょうか?そう思われないためにも転職理由はあくまでも前向きな理由を告げましょう。資格取得のため、自分の仕事範囲を広げるため、キャリアアップのためなど前向きな理由は探せばたくさんあるはずです。せっかく転職するのですから、嫌なことから逃れるためだけではなく新たな目標もみつけてみましょう。

入社してもすぐに辞めると思われる

面接の際に前の会社の悪口を言うことによって「この人は嫌なことがあるとすぐに辞めてしまう」という印象を持たれやすくなります。自分の会社で採用しても、仕事をやり遂げる根性を持てずに早々に辞めてしまうかもしれないと思われてしまいます。そんな人を採用したいと思う会社はありませんね。

前の会社の退職理由を語る際にも会社の悪口になるようなことは絶対に言わないようにしましょう。「自分には合わなかった」という言い方もネガティブなイメージを感じさせてしまいます。「もっとこういうことがしたい」「こういう方向に進みたかったので転職を決意した」というような流れの話をした方がいでしょう。

空を見上げる黒い男性

仕事に対する取り組み方を疑問視される

前の会社の悪口を言うと自分にとって都合の悪いことはすぐに会社や他人のせいにすると思われます。そんな人を採用したいと思う会社はありませんので、面接での印象も非常に悪くなります。仕事上で何か不都合なことが起こったら、何かのせいにして文句を言うのでは自分は成長しませんし、仕事としても滞ってしまいますね。そんな場合でも状況を改善するために自分には何ができるのかを考えた方が建設的です。

たとえきっかけは何か嫌なことがあって会社を辞めるのだとしても何らかの改善を目指して退職をするのだという方向に自分の気持ちを持って行くようにして下さい。例えば人間関係が嫌でその会社を辞めるのであれば、「前の会社とは全く違う環境、規模の会社で人間関係の構築の仕方を新たに学び直したい」という目標を設定するのもよいでしょう。「嫌だから辞める」だけでは後に続くものがありません。前向きな何らかの目的のために転職するという意思を持って転職活動を進めていきましょう。

SNSでもご購読できます。