転職する時に自分でやるべき事、転職エージェントにやってもらうことを二分しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代ではあなたの希望の条件に合った非公開求人を紹介してくれて、面接時間の設定や年収の交渉までしてくれる転職エージェントのサービスがあります。
自分の転職活動に効果的に活かすために、自分がやるべき事と転職エージェントにお願いするべき事を整理してみましょう。
商談中

自分がやるべき事

自分がやるべきことは転職活動におけるほとんどすべてです。
例を挙げると以下のような内容になります。

  • 希望の業界・業種・職種を明確にする
  • 希望の勤務条件を明確にする
  • 勤務条件の優先順位を考える
  • 紹介されたどの求人案件に応募するのかを考える
  • いつまでにどのような会社にどの仕事で転職をするのか明確にイメージをしておく
  • 転職先が決まらない場合、今の会社で継続するのか希望条件を見直すのか考える
  • 面接に必要な志望動機や自己アピールを考える
  • 面接で自分の意思や希望を明確に伝える

自分の転職活動なのですから、自分が主導権を握るということを忘れないで下さい。
転職エージェントはあくまでも転職活動のアドバイス的な立場だということを忘れないようにしましょう。

転職エージェントにお願いする事

    • 非公開求人の紹介
    • 履歴書・職務経歴書のアドバイス
    • 模擬面接実施など、面接へのアドバイス
    • 求人企業との面接日程の設定
    • 求人企業との給与の交渉

基本的には事務的な事ばかりであとは選考に必要なことをアドバイスしてもらうというスタンスであることを忘れないようにしましょう。求人企業もエージェント任せにせず、自分でも他の就職サイトなどで良い応募先企業がないか探してみた方が良いです。競争率は高くなっても自分の希望の企業が見つかるかもしれないですし、自分の希望する業種や職種の大体の相場を知ることができます。
その方が紹介された非公開求人が好条件なのかそうでないかの判断を付けることができます。

電話をする男性

転職エージェントも自社の利益のために動いている

残念ながら転職エージェントはあなたが転職に成功するまでいつまでも寄り添ってくれるものではありません。あなたが落ち続けるようであれば、紹介する求人数も減って行くことが多いです。時には自分から転職エージェントにアピールして希望を伝え直す必要があります。

転職エージェントも入社が成立することにより求人企業より報酬を得ています。なかなか転職できなそうな転職希望者よりも、確実に転職できる多くのスキルや経験を持った転職希望者をたくさん求人企業に紹介した方が利益を出すことができるのです。こちらは無料で利用しているのですから、何でも面倒を見てもらえると思わずに、自分主体で転職活動を進めていくということを忘れないようにして下さい。

SNSでもご購読できます。