転職回数の限界は何回まで?給与への影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩める男性
転職を多く繰り返していると気になるのが、履歴書での職歴の多さです。
職歴が多いことは転職に悪い影響はあるのでしょうか。
給与額にも影響があるのか気になってしまうところですね。

何回までが許容範囲なのかは会社による

転職回数が多いと根性がないとみなされて書類選考で落ちてしまう、というのは昔の話です。
現代ではキャリアップを目指して転職をしている人も多い時代なので転職回数が多いから悪い影響があるかと言えばそうでもありません。

しかしそこをどう捉えるのは会社次第でもあります。
中途採用をあまり採らない会社や昔から続いている伝統を重んじるでは新卒時から続いている社員がほとんどでしょう。
その場合は面接官自身も一つの会社に長く続けて来たのであれば、転職回数が多い場合はすぐに辞めてしまうという悪い印象を持つ可能性が考えられますね。

逆に中途入社の社員が多く活躍している会社や設立してそんなに年数が経っていない会社は職歴が多少多くとも、その行動力や積極性を評価してくれるかもしれません。
職歴の多さは会社の社風により評価が分かれます。
それでも職歴が5回以上あって1年未満で退職しているケースが数社ある場合にはすぐに辞める可能性があると思われても仕方ありませんね。

給与に影響が出るのは転職回数ではない

転職回数が多いことが直接給与額に影響することはほとんどないです。
給与額は年齢や職歴、募集職種の経験年数などで決められるものが思いはずです。

そんな中で転職ごとに職種などを変えていて、募集職種に活かせる同職種の経験が短い場合、給与額は低く設定されることが多いかもしれませんね。
逆に数社を経験していてもすべて同じ職種でそれが転職先にも活かせるような経験であれば、合計して○年の経験ありとみなされるので給与確定に悪い影響が出ることはありません。

転職回数の多さを良いアピールに変えるには?

女性ガッツポーズ
転職回数が多くともそれぞれにきちんとした理由があれば、そんなに悪い印象を与えることは少ないです。
更に経験社数が多くともすべての職歴に一貫性があれば逆に一つの目的を遂げるために今までのキャリアップを図ってきたように伝えることもできます。

退職理由は必ず聞かれるところでもあるので、一貫した思いを伝えられるストーリーを考えてみましょう。
もちろん嘘はいけませんので、ポジティブな自分の正直な理由を引き出して考えましょう。

例えば、以下のような流れはいかがでしょうか?

  • 正社員 2年→残業時間多く、国家資格受験の勉強時間確保のため軽易な業務に転職
  • 派遣社員1年→試験に合格したので正社員に転職
  • 正社員 5年→資格を活かした業務経験を積む
          →小規模な範囲での業務なので業務範囲を広げてキャリアアップするために転職を決意

それぞれ前向きな理由や目的があって転職に至ったということが説明できると良いですね。

SNSでもご購読できます。