転職準備

技術職での転職を有利にするコツは、ズバリ「スキル」と「転職エージェント」

長時間残業などに苦しみ、良い勤務待遇を求めて技術職での転職を考える人もたくさんいるでしょう。技術職は専門知識、経験を持っているので、新卒でも中途でも売り手市場になりやすいとも言われていますが実際のところはどうなのでしょうか。その転職のコツについてご説明していきましょう。

2e7cd5b707d5dad36b184683b29abbae_l

自分のスキルや経験を正確に把握する

技術職は専門性が高く、誰でも就ける仕事ではありません。必要な知識や経験を持っている人でなければそれらの仕事をこなすことはできませんので採用側もどんなスキルや経験を持っているのかにとても注目しています。転職活動を始める前にまずは自分の経験やスキルを整理しましょう。職務経歴書では使用していたソフトやツールをわかりやすく表記することは必須です。

また自分の技術をもってすれば今までとは違う業界でこれまでの経験を活かすことも可能です。例えば自動車業界で機械設計をしていたのであれば車だけではなく、家電や精密機器の会社の構造設計の仕事もできる可能性があります。転職活動を始める際には自分の可能性を広げて多くの業界から働いてみたい会社を探してみましょう。

業界が変われば、今までとは違う評価を受けることもできますね。

自分の経験を活かせるところを探す

確実にてっとり早く転職をしたいのであれば今までとは同じ業界、業種の同じような部署に応募することです。技術職は他の職以上に即戦力を求められています。ミスマッチの人が多い中、同じソフトやツールを使って同じような業務に携わっていた人が応募して来たらぜひ採用したいと思うはずです。

応募の無駄を省きたければぜひ今までと似たような事業内容の会社を探してみて下さい。そうすれば技術的な質問が来ても、好印象な回答ができ、採用される確率も高まることでしょう。

acf5ca2a8e04f6f2292beb8fcdfb6637_l

転職エージェントをうまく利用する

現在の転職活動では非公開求人を取り扱う転職エージェントの存在は無視できません。採用のミスマッチを防ぐために費用が掛かっても転職エージェントを利用する優良な企業が増えています。自分のこれまでの経験やスキルを確実に活かせるところを就職サイトで探すのにも限りがあります。転職エージェントにお任せをすれば自分のこれまでのスキルを活かせるような会社を紹介してくれることでしょう。

また、自分だけでも思いもつかないような業界の仕事を紹介してくれる場合もありますのでぜひ利用する価値ありです。利用をするなら最も求人件数が多いリクルートエージェントに登録しましょう。他の転職エージェントとも比べて飛びぬけて求人件数が多いです。求人件数が多い分、これまでのあなたとは全く無縁だった業種の紹介もあるかもしれませんし、それがきっかけであなたの想像を超えるキャリアップができるかもしれません。それだけあなたにピッタリの求人案件を紹介してくれる可能性が高いですね。

更に、技術者の場合は就職サイトではその会社の正社員であっても、他の会社に派遣されて勤務するいわゆる特定派遣の会社の求人情報が多いです。
非公開求人こそ正社員の優良案件が多いので、転職を考えているのならぜひ転職エージェントに登録をしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

女性の転職を有利にするコツは、「女性ならではの会社・職種を選ぶ」こと

女性の社会進出が進む中、女性でもキャリアアップを図って転職活動にいそしむ人も多いのではないでしょうか。女性の勤労者が増えたとはいえ、決して男性と同じ扱いではありません。女性の転職活動のコツについてご紹介していきましょう。

0c2b981fdd706ede9996b418a3854ef5_l

女性が活躍している求人情報を探す

職種にもよりますが、残念ながら採用する側は男性がいいか女性がいいかということをある程度想定しています。しかし、求人情報には年齢や性別を乗せることは原則、できません。せっかく受けても無駄になることは多いです。それでも女性であることを理由に落とされるのであれば書類選考の時点で落とすはずなので、希望の企業はどんどん書類選考を受けてみましょう。面接に呼んでもらえるようであれば、女性でも採用される可能性があるということですね。

また、求人用法に掲載している写真で女性社員が活躍している風景を乗せている会社はまず、女性社員を求めていると考えて間違いないでしょう。女性社員が活躍している会社であれば、入社しても女性が働きやすい会社であることは間違いありません。更に女性に応募してもらうために、育児休暇の取得率や職場復帰率が高いことを売りにしている求人情報もあります。出産をしてからも長く働ける職場を探している場合にはうってつけの職場だということですね。

このように女性が活躍していける職場ほど、女性が採用されやすいので、応募企業を探す際の基準の一つにしてみて下さい。

女性ならではの職種を受ける

女性としての転職を成功させたい場合は女性ならではの職種に転職するのも一つの方法です。ボディセラピストやネイリスト、美容関係、飲食店の接客業などを女性が多く活躍している職種であれば採用側も女性をメインで考えているので、採用される確率も高いです。職種によってはこれまでの経験をそのまま活かすタイプか、そうでなければ未経験歓迎の求人が良いでしょう。

転職活動で女性であることをハンデに感じてしまうようならば、女性ならではの職種に転職してみてはいかがでしょうか?ここで手に職をつければ、結婚、出産後も働けるようなスキルを身につけることができますね。

199415d7e2923d2aaa638bcdbcfe2aba_l

 

女性にお勧めの転職エージェントは?

職種による部分もありますが女性にお勧めの転職エージェントはまずはパソナキャリアです。これは特に事務職に言えることなのですが、派遣会社からのつながりを活かして女性に有利な求人案件が多数あります。また、マイナビエージェントも女性の転職に強い転職エージェントとして人気があります。女性のキャリアコンサルタントが親身になって相談に載ってくれます。

更に求人取扱い件数が格段に多いリクルートエージェントも必ず登録しておきましょう。女性のキャリアアドバイザーも多数在籍しており、女性ならではの転職の不安なども相談しやすい環境が整っています。就職サイトでは女性を本当に採用したい求人案件なのか見えてこないですが、転職エージェントを通した紹介であれば、女性であることが不利に働くような求人はあまり紹介されないはずです。無駄な応募を省くためにもぜひ転職エージェントを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

マーケティング・企画職への転職を有利にするコツ

前職がマーケティング部や○○企画部だった方で転職活動を始めると同じような部署がある会社はあまり多くなく、戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか。部署の名前は違っても同じような仕事をやっている会社もあるはずです。その転職のコツについてご説明していきましょう。

9119d0d17d92fde2d9ca64f9b9b0ea5d_l

前職と同じ仕事をやっているところを探す

マーケティング部や企画部などは会社によって部署名が違ったり、やっている仕事の内容範囲も違ったりすることがたくさんあります。前職と同様の業務と考えると完全に一致するものは難しいかもしれません。時には全く違う名前の部署であることもあります。同様の職種に就きたい場合は検索範囲を広げてみましょう。

どの会社にでもある部署とは限りませんので求人件数は多くないかもしれませんね。それでも比較的、前職と同様の業界、業種で探してみると似たような仕事に巡り合える可能性も高くなります。応募する前に企業情報をじっくり見るようにしましょう。

検索すると営業職が多い

就職サイトでマーケティングや企画の仕事で検索をすると半分くらいは営業職がヒットします。営業職の中にはマーケティングや企画の要素を含んでいる場合が多いからです。仕事内容をじっくり吟味して、興味が持てるようならば営業も含んだマーケティング・企画の仕事に挑戦してみるのも良いでしょう。結局のところ、企画営業と言った職種も多く、どこからが営業でどこまでが企画でと言った線引きが難しいのです。

マーケティング・企画の要素を含んだ営業の部署しかない場合、マーケティング・企画・営業と細かく部署が分かれている場合、会社によってその組織体制は様々です。前者の場合は一人でマーケティングから営業まであらゆることを含んだ仕事をすることになります。逆に後者の場合は区分けがはっきりしているので自分の仕事はここまでと範囲に指定されているということになりますね。

どちらの体制が自分の希望に合うのかをよく調べて応募するようにしましょう。情報を見てもわからなければ面接などに行って直接聞くのも良いですね。

b60d186699204c2150ff8d9ff63520c6_l

マルチで経験豊富なアピールが必要

いずれにせよマルチな能力が求められる仕事です。中途採用では特に豊富な経験が必要とされるのではないでしょうか。面接でアピールする際にはそれなりの経験があることが必須と言えます。

また、マーケティング・企画の経験はなくとも、営業系SEとしての経験を活かしてIT戦略の企画を考える部署で活躍したり、人事の経験を活かして人材ビジネスの会社の営業企画の仕事で活躍したりすることができるかもしれません。マーケティングや企画の仕事は豊富な経験がないと中途採用での転職は難しいですが、突出した経験を持っている人こそぜひ挑戦してほしい職種です。今まで「マーケティング・企画」と言う名前が付いていない部署であっても、自分の経験が活かせる可能性が無限にある職種、とも言えます。

逆にこれらの仕事に就きたい場合にはそれなりの経験が必要となりますので、面接ではどれだけ広い範囲の仕事にどれだけ深く、長く関わったのかをアピールするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

営業職への転職を有利にするコツ

営業職は勤務時間に自由度もあり、業績を上げれば高給を手にする可能性も高く憧れている人も多いのではないでしょうか。営業職への転職を有利にするコツについてご紹介していきましょう。

男性ガッツポーズ

営業は未経験歓迎の求人に応募する

営業は転職が盛んな職種でもあるので未経験歓迎の求人がたくさんあります。営業職は長い経験がなくとも、本人に能力と営業センスがあればそれなりの業績を上げていくことができる職種でもあります。営業の経験がない場合やアピールできるスキルがない場合は未経験歓迎の求人を受ければ合格する確率も高くなりますし、あなたのポテンシャルを見てくれるでしょう。

未経験歓迎の求人もたくさんありますので、多くの会社をまわって自分に合いそうな業種を見極めるようにして下さい。同じ営業職でも売る商品や業界が変われば求められる資質や社内の雰囲気がかなり変わってきます。

営業でも役に立つ資格がある

業界にもよりますが、営業職への転職でも役に立つ資格があります。外資系の会社の営業職であればTOEICを持っていると良いアピールになるでしょう。どの業界へ行っても英語ができるということは損をすることはありません。不動産業界であれば、宅地建物取引主任者が良いでしょう。名刺に記載があるだけでお客様に信頼を与えることができるので、面接の際も受けが良いはずです。他にも中小企業診断士なども中小企業の経営への的確なアドバイスをする際に役に立つことがありますので、印象がいいです。

営業職というと直接役に立つ資格はなさそうですが、業種や取り扱う商品によっては役に立つ資格がもっとあるかもしれません。これらを取得しておけば営業職への転職にも有利に働くことでしょう。営業職への転職を目指すならば、働きたい業界に詳しくなれるような資格を取得しておくと面接で良いアピールができますね。

 

前職で数値のわかりやすい業績を上げる指さし

営業職は業績が物を言う世界でもあります。営業職へ転職するためには今の会社でわかりやすい業績を上げると格好のアピールになるでしょう。今もすでに営業職に就いているのであれば尚更です。同じ営業職で素晴らしい業績があれば引く手あまたで転職できる会社はたくさんあり、勤務条件もかなり自分の希望に近いものを選べるのではないでしょうか。

もし、前職が営業職ではなかったとしても、○人の部下を指導していた、○社分のコンサルティングをしていたなどの具体的な数値で何かをアピールするようにしましょう。具体的な数値での説明はわかりやすいアピールになりますので、ぜひ活用して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

事務職への転職を有利に進めるコツ

事務の仕事はどんな業界、業種であっても必要な仕事です。事務職での転職を考える人はたくさんいるのではないでしょうか。転職希望者がたくさんいるからこそ、求人数の割にはなかなか転職がうまく行かない職種でもあります。事務職の転職を有利にすすめるコツについてご説明していきましょう。

得意げな女性

事務職→事務職の場合

事務職の需要は一見たくさんありそうですが、事務職にもいろいろ種類があります。総務事務、庶務、営業事務、人事事務、医療事務など同じ事務とは言っても仕事内容はかなり異なります。

習得までそんなに期間がかかるものではない場合も多いですが、事務職こそ代わりや他の希望者はたくさんいる、と思われるので同じ仕事の内容の経験を持つ即戦力となり得る場合ではないと採用されることは難しいです。仕事内容は同じで良いと思うのならば極力、会社の業種、規模が同様の会社で、同じシステムを使っているような会社を受けると良いでしょう。

他職種→事務職は簡単ではない

営業、接客、SEなど他の職種から事務への転職を目指す人もたくさんいることでしょう。事務なら誰でもできるし、経験がなくとも採用される、そのように思っていませんか?しかし、事務職こそ希望者、経験者はたくさんあるので実務経験が重要視されます。

もし、経験がなく事務職への転職を目指すならば「未経験者歓迎」の求人を受けるようにして下さい。また、前職と同じ業界、などできるだけ何らかの接点があった方がよいでしょう。それだけ事務職とは言っても他の職種のからの転職は難しいということを意識するようにして下さい。

全く事務職の経験がないのであれば資格の取得をした上で、転職に臨むのも一つの方法です。経理ならば日商簿記、人事関係ならば社会保険労務士、法務系ならば行政書士や司法書士、病院事務ならば、医療事務などの資格がお勧めです。ハローワークの職業訓練にも同じような講座がありますのでそれらを受講するのも良いでしょう。

ペンで書く手先

事務職こそ即戦力であるかどうかがシビア

事務職での転職を考える際に「事務職だから簡単に見つかる」というイメージを持つのは辞めましょう。事務職こそ即戦力であるかを重視されるので、前職と同業種の職場を受けるか、未経験の場合は資格を取るなどの万全の準備をすることを忘れないで下さい。面接の際も事務職を侮るようなことは決して言わないで下さい。

前の会社での真摯な仕事への取り組み方を伝えれば、事務職でも一つ一つ真剣に取り組んで行けることを伝えられるかもしれませんね。大切なのは事務職でも何でも転職活動は即戦力が重視されるシビアな戦いだということを忘れないでおくことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

総務職への転職の際に知っておくべきポイント

事務職の中でも総務職への事務を希望している方は注意が必要です。総務と一口に言っても仕事範囲などが会社によって異なるからです。総務職への転職の際に知っておくべきポイントについてご説明していきましょう。

ファイルを持つ男性

こんなに違う!会社による総務部の仕事内容の違い

総務部の仕事内容は会社によって大きく違います。小規模の会社で事務分野をすべて行っている「総務部」もあれば、大きな会社だと業務部総務部法務部など細かく分かれていることがあります。総務部への退職の際はどこまでの仕事内容を含んだ総務部なのかを理解してから受けるようにしましょう。

面接で予想外の仕事内容について経験を聞かれたり、携わる可能性があると説明されたりしては動揺してしまってはうまく答えることができません。自分の業務経験と照らし合わせて未経験の業務があるのかないのかを自分で正しく把握して上で会社を受けるようにしましょう。総務部という名称でも経理的分野や法務的分野、人事的分野を含むところもありますので、会社によってかなり業務内容が異なってきます。

総務部の業務は派遣に任されていることが多い

あまり多くの業務を含んでいない庶務的な事をやっている総務部の場合、その業務のほとんどは派遣社員に任されていることも多いです。備品管理、旅券の手配、福祉厚生施設の管理、郵便仕分け、会議室の予約管理などは誰にでも取って代われるような軽易な業務であれば管理者の正社員が1名いれば後は派遣社員でも十分に対応できます。そのような軽易な業務での仕事を探しているようであれば派遣会社に登録をして派遣社員としての就業を考えた方が早く業務に就けるかもしれません。

逆に総務部で正社員の募集をする時にはそのような庶務的なことではなく、社内行事の運営や経営企画、人事関係など責任のあるマネージャー的なポジションのポジションであることが多いです。総務部への転職の際はその募集職種の内容を本当に理解した上で応募しなければなりませんね

パソコンを打つ手

総務部への転職に必要な資格

総務部への転職の際に歓迎される資格としては法務関係として行政書士や、ビジネス実務法務検定、マイクロソフトオフィススペシャリストなどが挙げられます。法務の担当の場合は法律の知識が必要とされますので資格があると良いでしょう。またパソコンの技術を客観的に証明するものとしてパソコン関係の資格があるのも良いですね。

とは言っても総務関係も面接で有利に働くには資格以上に実務経験がものを言います。未経験でも良いのならば派遣社員で足りることなので正社員としての募集はあまり多くないでしょう。総務部への転職は、派遣社員で軽易な業務に就く以外は経験がなければ正社員としての勤務は難しいと考えて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人事部への転職を成功させるために大切なポイント

人事採用に携わったり、社員の給与計算をしたり、人事異動や春闘のために奮闘したり、人事部の仕事は非常にやりがいがあります。人気もある職種の一つです。経験がなくとも人事部への就職にあこがれている人はたくさんいるのではないでしょうか。人事部への転職を成功させるために知るべき大切なポイントについて説明していきますね。

電話をする男性

人事部への転職は実務経験が必須!?

人事部は社内の機密事項を扱っているので業務内容が専門的であり、数年で習得できるものではありません。末端の単なる入力やチェック作業は派遣社員に任せていたり、給与計算業務を丸ごと専門の会社に外部委託していたりする場合もあります。そうなってくると残りの業務は採用業務や給与、財形、団体生保、福利厚生などのとりまとめ業務、人事異動や昇格、昇給の決定に携わる業務です。

これらの業務を任せるために中途で採用する社員にはそれなりの経験を求める場合が多いです。人事部への経験は実務経験が必須と考えて間違いないでしょう。中小企業などで派遣や外部委託をしていない会社の場合だと人事部の業務全体に広く担当できる人物を募集している場合もありますが、それこそ豊富な実務経験が必要ですね。

人事部は残業が多いので覚悟が必要!

求人情報にも掲載されている場合も多いですが、人事部は残業が多い職場が多いです。昇給や賞与決定時は社員全員分が必要ですし、その前の社員評価も間違いがあってはなりません。更に「人」を扱う正解のない仕事なので常に予想外のことが起こり、部内は突発事項にまみれています。その度にどのように対処するのかといったことを上司と相談したりしているうちに普段の業務も滞りがちになります。

人事部の仕事は事務作業というよりは人と人との調整の仕事です。残業が多い非常にやりがいのある業務だということを肝に銘じておきましょう。面接の際にはそのあたりの覚悟を問うような質問をされますので、自分の覚悟が伝えられることが必要です。人事部こそストレス耐性が高いのかどうかということをよく見られます。

パソコンと男性

人事部への転職に必要な資格や経験とは?

人事部への転職に必要な資格は社会保険労務士やパソコンのマイクロソフトオフィススペシャリスト、TOIECなどでしょうか。人事部は事務職の中でも優秀な人が配属されている部署なので転職の際もそのハードルが高いです。

それでもそこで役に立つのは結局のところ実務経験なので、資格だけがあっても転職できる可能性は低いです。派遣社員としてでも同様の経験があった方が採用される確率は高いです。人事部への転職を考えている時に未経験なのであれば、派遣社員などで実務経験を積んでから活動をした方が転職しやすいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職先の業界を思い切って市場規模の成長率で選ぶのもアリ!成長市場は魅力的。

転職先企業を選ぶ際にはどのような基準で会社を選んでいますか?もちろん前の職場と同様の職種や業界で探すことが多いと思いますが、せっかく転職するのですからここで職種はそのままでも業界を変えるというのも一つの方法です。成長著しい業界への転職の魅力について考えてみましょう。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_l

成長している業界は求人数も多い

成長を続けている業界は仕事も増えていきますので当然、人手不足になります。その結果求人数が増えていることが多いです。逆に求人件数が増えている業界は市場が成長していると捉えても良さそうですね。求人件数が増えているということは選択する企業の幅も広がるので自分の希望の条件に合った企業に巡り合える確率も高いです。

また求人件数が増えている分、売り手市場である可能性もあり比較的に内定を取りやすいとも言えるでしょう。もし、自分のそれまでの職種経験を活かせるのであれば、今までとは違っても成長している異業界への転職を検討してもよいかもしれませんね。

成長している業界は人や新しい技術の参入が激しい

成長している業界は更に成長を遂げようと会社も意欲的に取り組んでいます。新しいシステムや技術が導入されたり、社内の制度の大改革があったり何かと活気があります。そのような業界で働くと自分自身も今まで経験できなかった「新しい何か」に触れることができるかもしれません。

また、中途で入社している社員も多いので、中途だからと肩身の狭い思いをすることはなく、たくさんの同期入社の仲間ができる可能性も大いにあります。中途入社の社員が多い場合には社内の雰囲気も新しい人材で一気に変えることも可能なので、入社してからもすぐに社内の雰囲気に慣れることが可能です。
15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_l

成長している業界は自分も成長できる

成長している業界はさらなる成長を遂げるために仕事内容がハードであったり仕事量が多かったりすることも予想されます。しかし、それだけ自分の仕事力が磨かれますし、身に付けるスキルも多いでしょう。経験して損はないですし、それだけ給料の額も期待ができるのではないでしょうか。
成長中の企業で人手不足の場合には応募をしてもらうために高めの給料額を提示する場合もあります。多少、仕事にいろんな意味でのボリューム感はつきそうですが、それだけ得られるものは多いはずです。

これからの社会人生活で役に立つような新しいスキルを身に付けたい、仕事をガッツリ頑張りたいと思っている人にはぜひ成長著しい業界への転職をお勧め致します。業界が変わると同じ職種でも仕事の進め方や捉え方が大きく変わることも多いです。あなたの働くことに対する人生感を覆すような何かが待っているかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日系企業から外資系企業に転職したいと思った際に考えるべき事、準備するべき事、リスク

日系企業で働いている身からすると外資系企業は待遇も良く、能力主義、無駄な上下巻関係もなさそうで憧れてしまいますね。日系企業から外資系企業へ転職したい場合に考えるべきことや準備すべきことについてまとめてみました。
6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_l

社風の違いに耐えられるのか

会社ごとにその雰囲気は異なるものですが、日系企業か外資系企業かということでもかなり違ってきます。雰囲気が違うというあいまいなものでは実際にどんな感じなのかは想像しにくいので、友人や知人などで外資系企業に勤めている人に聞いてみましょう。それが手っ取り早い印象です。

また中途採用なのでセミナーのような機会はありませんが、できるだけ多くの外資系企業の選考を受けてどんな雰囲気なのかを自分で実際に感じるようにしましょう。その時に面接官が厳しいなどと感じるようであればあなたには合わない雰囲気なのかもしれません。それがその会社独自の雰囲気なのか、外資系であることによるものなのかを見極めるために複数の外資系企業を受けてぜひ比べてみるようにして下さい。

スキルを磨く

外資系企業では英語を使うような職業ではなくとも、社内の書類や英語を目にする機会は多いです。英語スキルを磨いておきましょう。客観的な証明としてTOEICを取っておくとよいかもしれません。また、外資系企業ではそれまでの年功序列というよりは成果主義の会社が多いです。他社でも通用するようなスキルを磨いておくことが必要です。仕事上アピールできるような資格などがあればとっておくと良いですね。

更に面接でもアピールしやすいような仕事上の成果を上げられると良いです。「1年で○円の売り上げを達成しました」「営業部12名中3番目の営業成績を上げました」とか具体的な数値でアピールできるものがあった方が良いでしょう。入社してから仕事についていけないようでは、何のために転職したのかわかりませんので自分の仕事力も上げた上で、外資系企業に挑戦するようにしましょう。

8e74a7646339c35c897a3b48e8edc8f8_l

業績給が高い場合は注意が必要

会社により差はありますが、外資系の企業こそ年俸制であったり、業務の成果を直接給与に反映するようなシステムを取り入れていたりするところが多いです。日系企業でももちろん反映はありますが、その比率はあまり高くはなく、成果を上げられなくともあまり生活に支障のない範囲がほとんどではないでしょうか。

ところが業績給の割合が高い外資系の会社であれば初め入社した時の給料よりも大幅に下がってしまうことも予想されます。外資系企業は給料事情がそれだけシビアで、仕事の気を抜けないということを覚悟した方が良いでしょう。しかし、それだけキャリアップも望めて成果を出せばそれだけ給料に反映されると思えば魅力的な職場でもありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【転職・入社直前】労働契約と採用条件の食い違いをなるべくゼロに近づけよう

転職活動も成功してついに入社となると、具体的な労働条件が提示される流れになります。この時に応募をした際の採用条件と食い違う点が少なからず出てくる場合が結構多いです。しかし、この条件で採用される!と応募をしたのに、いざ入社をする際に給料が下がったり休みが少なくなったりするのは納得がいきませんね。これらの食い違いをなるべくゼロに近づけるための方法をご紹介致しましょう。

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_l

給料額は面接内で確認がある

特に中途採用の場合は面接内で前職の給与の確認と、採用された際にどの程度のお給料での採用になるかという説明があるはずです。疑問があればその時にできるだけ聞いておきましょう。基本的には交渉ができるのはこのタイミングです。転職エージェントを利用している場合は内定が決まってからエージェントと会社側で交渉ということになりますが、大幅に変わることはまずありませんし、その場合も面接内での確認はあるのが普通です。給料額で要望がある場合には最終面接で伝えておく必要があります。

面接なので無理な要望を言うと合否に差し支える場合もあるので、言い方には気を付けましょう。内定が決まってから入社までの期間に採用担当者に問い合わせることもできますが、その際には事実の確認のみで交渉の余地はありません。会社によっては、選考時には○万円~○万円という金額範囲のみの提示で正確な金額は入社日にというところもあるかもしれません。その場合は範囲内の金額で了解しているとみなされるので最低の金額での採用となっても文句は言えません。

残業や休日の件はこちらから確認してもよい

残業や休日などは募集要項に提示されていますが、それでは詳細が分からない場合がほとんどです。面接時に残業時間の実態について聞いてみましょう。休日についてもわかりにくい場合もこの時しか聞くチャンスはありません。内定が決まってから採用担当者に問い合わせても良いですが、事実を確認するだけとなりあなたの入社条件がそこで変わるわけではありません。

休日などは年間休日数や「当社カレンダーによる」という記載であったり詳細が見えてこなかったりする場合もあり、実際に働いてから月に一回しか土曜日が休みではないと知る場合も多いです。このあたりは問い合わせたところの勤務条件が変わるわけではありません。しかし、入社してから話が違うということにもなりかねませんので、確認をした上で入社するかどうかを決めるようにしましょう。

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_l

仕事上の「予想外」は覚悟の上、入社する

こう言っては元も子もありませんが、募集要項や採用情報に勤務の詳細を載せるのには限界があります。仕事内容などは働いてから「こんな内容も自分も担当の仕事なのか」と驚くことはどこの会社に転職してもありうる話です。それに付随して勤務時間を超えてサービス残業があったり、出張があったり予想していなかったことが起こるものです。実際に働いて見ないと分からないことはたくさんあります

自分が絶対に譲れない条件だけは面接等で確認をしておいて、あとは予想外のことが起きても仕方がないという覚悟で新しい会社に入社しましょう。働く会社が変われば今までの会社の常識を覆すようなことが良くも悪くもたくさんあります。転職とは、そういうことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0