面接対策

転職する前の会社の悪口は、絶対言ってはいけない。その理由とは?

中途採用の面接ではよく前の会社を辞めた理由を聞かれるものですが「絶対に悪口は言ってはいけない。」と言われています。その理由についてご説明していきましょう。

不満そうな男性

退職理由はあくまでも前向きな理由で!が鉄則

退職理由で前の会社の悪口などネガティブな事を言うと非常に印象が悪いです。あまりそういうことを言う人はいませんし、「嫌だから辞めた」では客観的に退職のための正当な理由があったとは思われません。その結果この人は辛いことあるとすぐに逃げ出してしまうような人だと思われます。

そのような人を採用したいと思う会社があるでしょうか?そう思われないためにも転職理由はあくまでも前向きな理由を告げましょう。資格取得のため、自分の仕事範囲を広げるため、キャリアアップのためなど前向きな理由は探せばたくさんあるはずです。せっかく転職するのですから、嫌なことから逃れるためだけではなく新たな目標もみつけてみましょう。

入社してもすぐに辞めると思われる

面接の際に前の会社の悪口を言うことによって「この人は嫌なことがあるとすぐに辞めてしまう」という印象を持たれやすくなります。自分の会社で採用しても、仕事をやり遂げる根性を持てずに早々に辞めてしまうかもしれないと思われてしまいます。そんな人を採用したいと思う会社はありませんね。

前の会社の退職理由を語る際にも会社の悪口になるようなことは絶対に言わないようにしましょう。「自分には合わなかった」という言い方もネガティブなイメージを感じさせてしまいます。「もっとこういうことがしたい」「こういう方向に進みたかったので転職を決意した」というような流れの話をした方がいでしょう。

空を見上げる黒い男性

仕事に対する取り組み方を疑問視される

前の会社の悪口を言うと自分にとって都合の悪いことはすぐに会社や他人のせいにすると思われます。そんな人を採用したいと思う会社はありませんので、面接での印象も非常に悪くなります。仕事上で何か不都合なことが起こったら、何かのせいにして文句を言うのでは自分は成長しませんし、仕事としても滞ってしまいますね。そんな場合でも状況を改善するために自分には何ができるのかを考えた方が建設的です。

たとえきっかけは何か嫌なことがあって会社を辞めるのだとしても何らかの改善を目指して退職をするのだという方向に自分の気持ちを持って行くようにして下さい。例えば人間関係が嫌でその会社を辞めるのであれば、「前の会社とは全く違う環境、規模の会社で人間関係の構築の仕方を新たに学び直したい」という目標を設定するのもよいでしょう。「嫌だから辞める」だけでは後に続くものがありません。前向きな何らかの目的のために転職するという意思を持って転職活動を進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

圧迫面接は誰しも苦手?対策法とは?

中途採用の面接でも圧迫面接はあります。圧迫面接が得意!という人はなかなかいないと思いますが、その練習や対策はあるのでしょうか?圧迫面接の実施の理由からその対策方法を考えてみましょう。

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_l

圧迫面接の目的とは?

圧迫面接をする目的には仕事をする上で起こる様々なストレスになるような状況に冷静に対処できるのかどうかを見ている場合が多いです。圧迫面接をするのは合格に近いからという意見もありますが、会社の方針で一次面接から圧迫面接である場合もあるので一概には言えません。

明らかにこちらが不快になるような質問や返答に困るような厳しい質問が来た場合は圧迫面接であることを自覚しましょう。圧迫面接に完全な回答ができる人はそうそういません。完璧な回答ができなくても当たり前なのだと焦らないようにして下さい。
圧迫面接では冷静さを保つことが何よりも大切です。

圧迫面接をうまく切り抜けるためには

圧迫面接を受けた場合には無理に優秀な回答をしようとしないで下さい。どんな厳しい質問にも完全な回答を返そうとすると逆に不自然な回答にもなりますし、自分自身が必死になってしまって、かえって動揺してしまいます。圧迫面接で何かこちらの不都合なことを言われたらそれを必死に撤回するのではなくまずは認めましょう。その上で自分がどのように挽回していきたいのか、どのような努力をしていきたいのかをできるだけ冷静に語って下さい。

必要なのはできるだけ間を空けずに、相手の言い分を認めましょう。認めながらその後の挽回策を考えながら答えるようにしましょう。相手の言い分を否定すればするほど、自分の立場は苦しくなります。まずは冷静に相手の言ったことを受け止めるようにしましょう。

面接官の言い分を撤回しようとするから苦しくなるのです。初めに言い分を認めてしまえば、一気に楽になります。圧迫面接の本番こそが圧迫面接の練習にもなりますので、圧迫面接が来たらいい練習の機会が来たと思うようにしましょう。

9bfd91b2c3a0f7b4701afd83ef61f26d_l

圧迫面接に遭った際の心構え

圧迫面接だと意識をすると誰しもその場で嫌な気持ちになるものだと思います。それでもそこで嫌な気持ちを表情に出してしまってはせっかくその場で良い答えを言っても意味がありません。圧迫面接はどんな状況でも感情を表に出さずに冷静に対処できるのかというところも見ています。

どんなに動揺しても表情には出さないように気を付けましょう。実際に仕事をする上で例えばどんなに上司に嫌味や叱責を受けてもこちら側が反論するわけにはいきませんよね?そのように面接も仕事中にお客様と接するような気持ちで接してみるようにしましょう。

相手がお客様であれば何を言われても腹を立てたたり、反論するわけにもいきませんし、相手の言い分を認めつつもできる解決策を提案して善処するしかありませんよね?圧迫面接の時はそのくらいの気持ちで取り組みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

行動面接とは何か?練習対策方法は?

採用面接には様々な手法が取られますが、行動面接(STAR手法)というのもよく取られる手法であります。行動面接とは何か、その対策法についてもご紹介していきましょう。

座っている男性

行動面接(STAR手法)とは

行動面接とはあなたの過去にどのような状況でどんな役割になり、どのような行動を取り、更にどんな結果が生まれたのかを聞く手法です。これは嘘をついても面接官にばれやすいのでその人の考え方や行動パターンをより深く知ることができる手法です。
SはSituation(状況)、 TはTask(役割)、 Aは action(行動)、 Rは Result(結果)を意味します。

例えば

あなたは前の職場で最も大きなトラブルに遭ったのはどんな時ですか?
その時にあなたは何を担当していてどんな行動を起こしましたか?
その結果、どんな成果を上げることができましたか?

と言った具合です。

対策法は?

これらの質問に答えるためには具体的な言葉を用いる必要があります。言葉が足りない場合はすぐに回答が終わってしまいますね。これらに答えるのは中身のあるそれなりの回答をしなければならないのですが、逆に考えれば面接でのチャンスの場でもあります。きちんと答えるためには自分の過去の職歴の中でアピールの材料になりそうな出来事をアップして、この手法に当てはめ、具体的な回答内容を考えてみて下さい。

例えば

クレームがあった時にどのように対応したのか
今までの仕事の中で目標を定めて達成したことがあるか
難しい上司や先輩と打ち解けた経験はあるのか

答えたことに対して突っ込んだ質問をされる場合もありますので決して嘘は言わないようにしましょう。また、面接ですのでダラダラと話さずに相手に伝わりやすい具体的で簡潔な言葉を選ぶようにしましょう。実際に同じ質問がされなくとも自分の過去の行動を整理して他人に伝えることの練習にもなりますし、数件考えるとあなたの仕事における行動パターンがわかり、アピール材料が明確になってきます。
ガッツポーズ男性

深い意図がなく質問している場合もある

面接官が面接のプロである人事とは限りません。採用予定部門の技術系の社員や営業系の社員、製造現場の社員であることもあります。
質問に深い意図はなくただ知りたくてその質問をしていることも多いです。ここで必要なのは聞かれた質問に対する答えをきちんと答えるということです。無理やり自己アピールに繋げたり、テクニックを駆使したりするあまり話が抽象的になるのは避けるようにして下さい。

面接はマニュアル通りの素晴らしい答えができることが目標ではありません。自分の言葉で自分の良さを伝えられるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0