転職先の業界を思い切って市場規模の成長率で選ぶのもアリ!成長市場は魅力的。

転職先企業を選ぶ際にはどのような基準で会社を選んでいますか?もちろん前の職場と同様の職種や業界で探すことが多いと思いますが、せっかく転職するのですからここで職種はそのままでも業界を変えるというのも一つの方法です。成長著しい業界への転職の魅力について考えてみましょう。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_l

成長している業界は求人数も多い

成長を続けている業界は仕事も増えていきますので当然、人手不足になります。その結果求人数が増えていることが多いです。逆に求人件数が増えている業界は市場が成長していると捉えても良さそうですね。求人件数が増えているということは選択する企業の幅も広がるので自分の希望の条件に合った企業に巡り合える確率も高いです。

また求人件数が増えている分、売り手市場である可能性もあり比較的に内定を取りやすいとも言えるでしょう。もし、自分のそれまでの職種経験を活かせるのであれば、今までとは違っても成長している異業界への転職を検討してもよいかもしれませんね。

成長している業界は人や新しい技術の参入が激しい

成長している業界は更に成長を遂げようと会社も意欲的に取り組んでいます。新しいシステムや技術が導入されたり、社内の制度の大改革があったり何かと活気があります。そのような業界で働くと自分自身も今まで経験できなかった「新しい何か」に触れることができるかもしれません。

また、中途で入社している社員も多いので、中途だからと肩身の狭い思いをすることはなく、たくさんの同期入社の仲間ができる可能性も大いにあります。中途入社の社員が多い場合には社内の雰囲気も新しい人材で一気に変えることも可能なので、入社してからもすぐに社内の雰囲気に慣れることが可能です。
15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_l

成長している業界は自分も成長できる

成長している業界はさらなる成長を遂げるために仕事内容がハードであったり仕事量が多かったりすることも予想されます。しかし、それだけ自分の仕事力が磨かれますし、身に付けるスキルも多いでしょう。経験して損はないですし、それだけ給料の額も期待ができるのではないでしょうか。
成長中の企業で人手不足の場合には応募をしてもらうために高めの給料額を提示する場合もあります。多少、仕事にいろんな意味でのボリューム感はつきそうですが、それだけ得られるものは多いはずです。

これからの社会人生活で役に立つような新しいスキルを身に付けたい、仕事をガッツリ頑張りたいと思っている人にはぜひ成長著しい業界への転職をお勧め致します。業界が変わると同じ職種でも仕事の進め方や捉え方が大きく変わることも多いです。あなたの働くことに対する人生感を覆すような何かが待っているかもしれません。

中途採用の場合、OJTでのスピード感ある職場への適応が求められることを覚悟しよう

転職をして中途で入社をすると新卒入社と違って大した教育もなく、すぐに現場に配属となります。社会人1年生と違って仕事内容についての説明も詳細なものではないかもしれません。その実態について詳しく説明していきましょう。
eb29427e5a26908ad5518a26af01d8e0_l

中途入社は前任者がいない場合も多い

中途入社で入社をするとあなたの入るポジションを退職する社員が残っていて一か月程度の引継ぎ期間がある、というのが理想ですが、その通りになることはあまりありません。前任者がいても期間が短いことも多く、仕事についても全部の業務を伝えきれずに後はマニュアルを見て対応して下さいと言うことが多いでしょう。ひどい場合は前任者が全くおらず、その業務について把握している人がいない中でマニュアルを自分で読み解いて仕事を進めて行かないといけない場合もあります。

もっとひどいとマニュアルも整備されておらず過去のファイルや不可解なメモ書きなどを見て予想を立てたりいろんなところに電話をかけて聞きながら仕事をこなさなかったりしければならないということもあり得ます。中途採用は仕事を教えてもらえない場合が多々あるということを覚悟しておきましょう。

社会人経験があるので責任能力があるとみなされる

中途採用では新入社員と違ってある程度の責任能力があるとみなされます。あなたの仕事が滞りなく進んでいるのか、正しく行われているのかはあなた自身がきちんと把握しておかなければなりません。あなたの仕事の進捗状況を常に把握してくれて管理してくれる存在がいない場合も多いということは覚悟の上、仕事に臨みましょう。

もちろん職場によって複数で同じ仕事に当たる場合もありますし、必ず自分だけですべてを進めなければならないとは限りません。それでも「引継ぎがあるから安心」という求人広告をうのみにしないようにしましょう。


8d377a932a7e36270bbf36b4f3ad44df_l

 

中途採用では自ら学ぶ姿勢が大切

新卒入社の際は働くということの基礎もわからない状態での入社になりますので手取り足取り仕事の進め方やパソコンの使い方を教えてくれるところもあるかもしれません。しかし、中途入社の場合はある程度基礎的なことは分かっている前提で採用されていますので黙っていても周りから何でも教えてもらえるということはあまりありません。仕事に必要な事だけ伝えたら後はわからないことは自分から聞いて下さいというスタンスのところが多いです。

昔からいる社員にとっては入社したての中途社員の気持ちはなかなかわかりません。あなたがFAXはどこにあるのか、印刷用紙の替えはあるのかまで知らないということはまでは気遣ってくれません。中途採用で入社する際にはわからないことは何でも自分から聞いて、一日も早く職場に慣れるということを自ら積極的に進めなければならないのです。

日系企業から外資系企業に転職したいと思った際に考えるべき事、準備するべき事、リスク

日系企業で働いている身からすると外資系企業は待遇も良く、能力主義、無駄な上下巻関係もなさそうで憧れてしまいますね。日系企業から外資系企業へ転職したい場合に考えるべきことや準備すべきことについてまとめてみました。
6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_l

社風の違いに耐えられるのか

会社ごとにその雰囲気は異なるものですが、日系企業か外資系企業かということでもかなり違ってきます。雰囲気が違うというあいまいなものでは実際にどんな感じなのかは想像しにくいので、友人や知人などで外資系企業に勤めている人に聞いてみましょう。それが手っ取り早い印象です。

また中途採用なのでセミナーのような機会はありませんが、できるだけ多くの外資系企業の選考を受けてどんな雰囲気なのかを自分で実際に感じるようにしましょう。その時に面接官が厳しいなどと感じるようであればあなたには合わない雰囲気なのかもしれません。それがその会社独自の雰囲気なのか、外資系であることによるものなのかを見極めるために複数の外資系企業を受けてぜひ比べてみるようにして下さい。

スキルを磨く

外資系企業では英語を使うような職業ではなくとも、社内の書類や英語を目にする機会は多いです。英語スキルを磨いておきましょう。客観的な証明としてTOEICを取っておくとよいかもしれません。また、外資系企業ではそれまでの年功序列というよりは成果主義の会社が多いです。他社でも通用するようなスキルを磨いておくことが必要です。仕事上アピールできるような資格などがあればとっておくと良いですね。

更に面接でもアピールしやすいような仕事上の成果を上げられると良いです。「1年で○円の売り上げを達成しました」「営業部12名中3番目の営業成績を上げました」とか具体的な数値でアピールできるものがあった方が良いでしょう。入社してから仕事についていけないようでは、何のために転職したのかわかりませんので自分の仕事力も上げた上で、外資系企業に挑戦するようにしましょう。

8e74a7646339c35c897a3b48e8edc8f8_l

業績給が高い場合は注意が必要

会社により差はありますが、外資系の企業こそ年俸制であったり、業務の成果を直接給与に反映するようなシステムを取り入れていたりするところが多いです。日系企業でももちろん反映はありますが、その比率はあまり高くはなく、成果を上げられなくともあまり生活に支障のない範囲がほとんどではないでしょうか。

ところが業績給の割合が高い外資系の会社であれば初め入社した時の給料よりも大幅に下がってしまうことも予想されます。外資系企業は給料事情がそれだけシビアで、仕事の気を抜けないということを覚悟した方が良いでしょう。しかし、それだけキャリアップも望めて成果を出せばそれだけ給料に反映されると思えば魅力的な職場でもありますね。

【転職・入社直前】労働契約と採用条件の食い違いをなるべくゼロに近づけよう

転職活動も成功してついに入社となると、具体的な労働条件が提示される流れになります。この時に応募をした際の採用条件と食い違う点が少なからず出てくる場合が結構多いです。しかし、この条件で採用される!と応募をしたのに、いざ入社をする際に給料が下がったり休みが少なくなったりするのは納得がいきませんね。これらの食い違いをなるべくゼロに近づけるための方法をご紹介致しましょう。

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_l

給料額は面接内で確認がある

特に中途採用の場合は面接内で前職の給与の確認と、採用された際にどの程度のお給料での採用になるかという説明があるはずです。疑問があればその時にできるだけ聞いておきましょう。基本的には交渉ができるのはこのタイミングです。転職エージェントを利用している場合は内定が決まってからエージェントと会社側で交渉ということになりますが、大幅に変わることはまずありませんし、その場合も面接内での確認はあるのが普通です。給料額で要望がある場合には最終面接で伝えておく必要があります。

面接なので無理な要望を言うと合否に差し支える場合もあるので、言い方には気を付けましょう。内定が決まってから入社までの期間に採用担当者に問い合わせることもできますが、その際には事実の確認のみで交渉の余地はありません。会社によっては、選考時には○万円~○万円という金額範囲のみの提示で正確な金額は入社日にというところもあるかもしれません。その場合は範囲内の金額で了解しているとみなされるので最低の金額での採用となっても文句は言えません。

残業や休日の件はこちらから確認してもよい

残業や休日などは募集要項に提示されていますが、それでは詳細が分からない場合がほとんどです。面接時に残業時間の実態について聞いてみましょう。休日についてもわかりにくい場合もこの時しか聞くチャンスはありません。内定が決まってから採用担当者に問い合わせても良いですが、事実を確認するだけとなりあなたの入社条件がそこで変わるわけではありません。

休日などは年間休日数や「当社カレンダーによる」という記載であったり詳細が見えてこなかったりする場合もあり、実際に働いてから月に一回しか土曜日が休みではないと知る場合も多いです。このあたりは問い合わせたところの勤務条件が変わるわけではありません。しかし、入社してから話が違うということにもなりかねませんので、確認をした上で入社するかどうかを決めるようにしましょう。

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_l

仕事上の「予想外」は覚悟の上、入社する

こう言っては元も子もありませんが、募集要項や採用情報に勤務の詳細を載せるのには限界があります。仕事内容などは働いてから「こんな内容も自分も担当の仕事なのか」と驚くことはどこの会社に転職してもありうる話です。それに付随して勤務時間を超えてサービス残業があったり、出張があったり予想していなかったことが起こるものです。実際に働いて見ないと分からないことはたくさんあります

自分が絶対に譲れない条件だけは面接等で確認をしておいて、あとは予想外のことが起きても仕方がないという覚悟で新しい会社に入社しましょう。働く会社が変われば今までの会社の常識を覆すようなことが良くも悪くもたくさんあります。転職とは、そういうことです。

Facebookを使ったスカウト型転職サイト「Switch」とは?

seitchww
最近ではインターネット上の転職サイトでの就職活動が主流ですが、多くのエントリー者が集まる分、企業に適した人材を絞りやすく、採用のミスマッチが問題視されています。そんな中でインターンシップや逆スカウト型の採用方式など採用経路も多様化してくるようになりました。最近多くのメディアで取り上げられているスカウト型転職サイト「Switch」についてご紹介していきましょう。
49cad23354bef871147702f5880a45c6_l

「Switch」とは?

Facebookを利用した「Switch」とは2015年1月に開始したアプリでFacebookを通した簡単な登録ですぐに利用することができます。
大まかな利用の流れは以下の通りになります。

  • Facebookを通して1分程度の登録をする
  • この時に現在の就業状況なども簡単に登録する
  • あなたに興味を持った企業からスカウトが来る
  • あなたが興味を持った企業に「いいね」のクリックをします
  • マッチングが完了
  • ここで初めてあなたの顔写真や氏名が企業側に表示されます。
  • チャット形式のメッセージのやり取りが可能になります。

Facebookをきっかけに自分の職歴やスキルに興味を持った会社からアプローチしてもらうという形式になるわけですね。Facebookを利用して手軽に始められる転職活動です。当然、マッチングが完了するまで企業側に写真や氏名は公開されませんし、Facebookに登録されている友達には全く見られることなく活動を進めることができます。
Switch.

「Switch」のメリット

Switchを利用することのメリットは、逆スカウトという方式により、確実に自分に興味を持った企業とのやりとりになりますので、無駄なく転職活動をすることになります。また企業側にとってもピンポイントで求める人材にダイレクトアプローチをすることができるのでここ数年注目されている採用形態でもあります。また、このような最先端のツールを利用することによって、自分が最新の情報を取り入れる行動力があるという長所をアピールすることができますね

更に、採用が決定するとSwitchよりお祝いで1万円分のアマゾンギフト券が貰えることも魅力です。インターネット上の就職サイトでは自分のプロフィールや職歴など実に多くの情報を登録するのに大変手間がかかってしまうものです。しかし、このSwitchであれば誰でも簡単に登録できるので手軽に転職活動を始めることができそうですね。

ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_l

ソーシャルリクルーティングを活用するためには

このようなソーシャルメディアを利用したソーシャルリクルーティングを活用するために必要なことはなんでしょうか。まずは常に情報に敏感でいることです。このような最新の採用方式を利用するような会社は最先端のIT企業などが多く、探している人材も最新の情報に敏感で利用価値のあるものは早くから取り入れているような人物なのではないでしょうか。

実際にこのSwitchでもIT関連企業の求人がほとんどですので、IT関連以外の会社への転職に繋がる可能性は低いです。職種は各種ありますが、このようなシステムを利用するのはやはりIT関連企業が多いということは認識した上で利用するようにしましょう。いずれにせよ、本格的に転職活動をしていきたいのであれば、やはり従来通りの就職サイトでの転職活動もしつつ、追加要素としてこのようなソーシャルリクルーティングを利用するという形が望ましいですね。

Switchを使う上で、よくある質問

今いる企業や、他人に登録をバレたくない!

見られたくない企業はブロックの設定が出来ます。他人にバレずに転職活動が可能です。

顔写真や氏名の情報はどこま公開になるか?

顔写真、氏名は企業とのマッチングが完了するまで見られません。情報を悪用されるような可能性はごくごく低いと考えられます。

Switch.

給料アップを最優先した転職の成功法則

転職をするからには給料をアップさせたい!と大抵の人が願っているはずです。実際に転職して給料がするとは限らないのが現状でもあります。給料アップを最優先する転職に成功法則についてご紹介しましょう。 cfc4d425879b24ddd8c14945e1294e06_l

責任が大きくなることは覚悟する

給料が高いということはそれだけの仕事をしなければならないということです。給料アップをさせたいのなら仕事量を増やしたり、仕事上の責任範囲を広げたり、部下を指導したりするような仕事に就くのが効果的でしょう。同じ職種であっても会社によって業務範囲や責任範囲は大きく異なります。

例えば単なる技術者であっても大きなプロジェクトの一部の設計のみに携わり、決められた範囲のみの仕事に比べると、ユーザーのヒヤリングから製造ラインへの指示までプロジェクトのすべてに関わる場合にはそれなりに仕事量も増え、残業代などのプラスもあって必然的に給与も上がります。 今までと同様の業務で給料だけアップできるような都合の良い話というのはそうそうないということを自覚して下さい。

実際に給料だけで絞って求人情報を探すとそれだけ高スキルを求められる仕事内容になってきます。給料アップを狙う場合はそれらの求人を受けていくのが確実な方法となりますね。

勤務条件の譲歩は避けられない

給料をアップさせたいのであれば希望の勤務条件を見直してみましょう。休日が少なかったり、残業時間が多かったりする求人というのは給料が高い傾向にあります。勤務条件が厳しい場合にはそれだけ応募者が少ないので給料が高い場合も多いのです。

また、勤務条件のこだわりをなくせばそれだけ応募企業も増えますので、必然的に高い給料の会社も検索にヒットする確率も高くなります。給料のアップを目指すならそれだけの犠牲を覚悟しなければならないということですね。 かなり悩める男性

給料アップのために転職エージェントは有効か

非公開求人、年収交渉付を売りにしている転職エージェントを利用すると給料のアップは望めるのでしょうか。はっきり言って転職のエージェントを使用したからと言って給料が上がるのは確実ではありません。むしろほとんど交渉の余地なく、求人票の提示額のままということがほとんどではないでしょうか。

求人票の提示金額は幅を持たせて書かれている場合も多く、応募者を増やすためにその年齢や職種の人の最高額などを表示している場合もあります。例えば年収500万円~700万円と書かれている場合は採用されても600万円を超えることはないと思った方が良いです。 それでも面接時には前職の給料などを聞かれるのである程度高い額を言っておいた方が採用されてからも同額以上の給料を期待することができます。

あくまでの求人票の提示内の金額でということになりますが、採用する側も前職給料から大幅に下げるようなことはしないでしょうし、その場合は面接でも確認があるはずです。 これらの交渉をうまくするためにも転職エージェントには残業などで変動があることを前提に自己の最高額の給与額を伝えておくとよいでしょう。前職と同等というのは交渉もしやすいですし、転職エージェントも頑張ってくれるはずです。

主婦の職場復帰の際、家庭を大切にしながらの転職の成功法則

一生専業主婦でいることは珍しいと思われる現代では、出産などで一旦現場を離れた主婦の職場復帰は大きな課題とされています。働くということは決められた時間に必ず家を空けなければなりません。家庭を大切にしながらの転職の成功法則はあるのでしょうか。

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_l

自分の確実に出られる時間帯での勤務にする

職場復帰の主婦ということで会社側はきちんと勤務日に働いてくれるのか、休みが多くなるのではないかということを心配してしまいます。子供が幼稚園や学校に確実に行っている時間帯での応募の方が、面接でも確実にその時間帯は働けることをアピールできますね。この日はダメですが、この日のこの時間帯は大丈夫だと正確に伝えましょう。

その時間帯も時間にぎりぎりでは遅刻をしてしまう可能性もあるので確実に働ける時間で申告しましょう。実際に働いて余裕を持てるようならば後から時間数を増やすということも可能な場合も多いはずです。

勤務に融通が利く職場を選ぶ

子供がいれば急な病気や行事などの振替休日など、イレギュラーに休まなければならない場合は多く出てきます。家庭を大切にするためには子供の病気の場合はすべて会社を休んで通院や看病に充てなければなりませんし、行事をすべて参加することは必須です。そのためにはイレギュラーな休みを取れる職場であることが必要ですし、子育て主婦に理解があるところが理想ですね。

同じような子供を抱えた主婦が働いているような職場や、個人経営など、勤務日数などがあらかじめ決められてシステム管理されていないところの方が比較的、融通が利きやすいでしょう。大切なのは面接の時点で自分の家族の状況や、急に休みを取る可能性があることを洗いざらい説明することです。それでも良いと採用してくれる会社ならば、実際に休むときにもスムーズに休みを取ることができます。

逆に採用されるために、現状を隠さないようにして下さい。事情を説明せずに入社してしまうと、実際に休みを取る際に周りに嫌味を言われたり、なかなか休みが取りにくかったり苦労をすることが多いはずです。

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_l

同じような立場の社員が多い職場を選ぶ

このように何かあった際に急遽休みを取ったりする場合には同じような子育て主婦がたくさんいるような職場を選ぶことが大切です。子供の年齢にもよりますが、子供がまだ病気になる可能性も高く、学校などが早く終わる年齢の場合は比較的軽易な業務の仕事に就くようにしましょう。

家庭を大切にするためには働くようになっても家のことを重視して生活できるような環境が理想ですね。そのような職場環境はある程度業種や職種に偏りがあります。自分の未経験の業務でも子供が小さいうちと割り切って勤務条件に融通が利き、主婦が多い職場を選ぶようにしましょう。働いてから勤務条件が合わずにすぐに辞めてしまうのではもったいないので、転職活動を始める前に自分にとって可能な勤務条件を明確にしておくことも大切ですね。

社外に信頼できるメンターがいない人ほど転職エージェントに登録しよう

会社での自分の現状に悩み、転職なども考えた際にあなたに適切なアドバイスをくれる人はいますか?

社内の人では意見や会社に対する視点も偏ってしまいますので、社外の人の方が客観的で適切なアドバイスをくれるかもしれません。しかし、仕事上他の会社の人や自分の本来の知人と接する機会がなく社外にメンターとなる人がいない場合はどうしたらよいでしょうか。

そんな場合の転職エージェントの有効利用方法についてご説明致しましょう。
b3f897f61701ded8a5ef8d15bd6dec99_l

転職エージェントは客観的にあなたを見てくれる

転職エージェントはあなたの職歴や希望条件にあった非公開求人を紹介してくれますが、その際にはあなたの市場価値を冷静に見極めています。あなたが実際に活躍できるような職場を紹介することが彼らの仕事なので、あなたの客観的価値を明確にする必要があるからです。

例えば

  • 他社への転職に活かせるあなたの強みとなる職歴・スキル
  • 転職をする際のアピールポイント
  • 転職をする際にネックになること
  • 足りない部分を補う際に改善すべき点

これらを聞いてみるだけでも、今あなたがどうすべきなのか、どんな職場で働くことが適切なのかが見えてくる判断材料になりそうですね。転職エージェントに登録に行くと、登録の際にこれらの点を教えてくれ、いいアドバイスをくれるはずです。

転職エージェントは他社の状況に詳しい

転職エージェントは求人を掲載している企業ともやりとりをしていますし、その際にどんな人物を採用したいのかという話も良く聞いています。これは転職エージェントだからこそ把握している情報ですね。

他社の情報を把握しているからこそ、あなたを客観的に見ることもできますし的確なアドバイスができるはずです。社内の人間ではここまで客観的な視点を持つことはできませんね。

a07023c3ea67103a59c657a14e11557e_l

転職エージェントは悩めるいろんな人を成功に導いている

転職エージェントは転職希望者を希望の企業に入社させることが目的です。多くの転職希望者の転職活動を成功させてきたわけですから、あなたが転職すべきなのか、転職をするためには何が必要なのかのアドバイスにも信憑性がありますね。

転職エージェントのあなたへの評価は社内の物とは全く異なるものかもしれません。自分では他社で通用すると思っているものが、使えないと知ったり、自分の気づかない弱みなども気づかされたりすることもあるでしょう。しかしそれこそがあなたの社外からの判断ともなりますので、真摯に受け止めアドバイスに従えばあなたが転職をどのようにすれば社外で活躍することができるかのヒントをもらえそうですね。

社外にメンターとなる人がいなく、転職すべきかどうかを悩んでいる人はぜひ転職エージェントを利用してみることをお勧めします。きっと今まで気づかなかった自分の新しい可能性を知ることができるでしょう。

転職業界の景気「有効求人倍率」って何?2015年は転職に有利?

よく景気の動向を知る指標として有効求人倍率という言葉が出てきますが、これは実際にはどのような数値なのでしょうか。また今年は転職に有利な有効求人倍率なのでしょうか?

 

77ea4efe94be234763ffdc7b9bf38cb0_l

有効求人倍率とは

有効求人倍率とはその時の就職希望者に対して求人数がどれくらいあるのかを表す数値です。1.0倍あれば就職希望者すべてに見合うだけの数の求人数があるということになりますね。これは景気の動向を示す指標ともされ注目されています。
また、転職を考える際にも求人数が多いのか、少ないのか、転職活動が成功するのかどうかの目安にもなりますね。これは定期的に厚生労働省から発表されています。

しかし、この就職希望者数というのはハローワークに求職登録をした人数を、求人数とはハローワークで受け付けた求人数ということになります。民間の就職情報サイトや転職エージェントなどへの登録などは含まないということになりますので、実際の人数とは異なりますが、それでも毎月同じ条件で数値を出していますので、求人数の増減の傾向を知る手段とはなるのではないでしょうか?

2015年の景気とは

「平成27年3月の数値を見ると有効求人倍率は1.15倍となり、前月と同水準になりました。(中略)平成26年度の平均有効求人倍率は1.11倍となり、前年度の0.97倍を0.14ポイント上回りました。平成26年度平均の有効求人は前年度に比べ5.5%増となり、有効求職者は7.6%減となりました」(引用元:平成27年5月1日厚生労働省報道発表資料)

この数値から見ると月間で見る有効求人倍率はほぼ横ばいですが昨年と比べるとかなり増えているということですね。ハローワークへの求人掲載数が増えているということは一般の就職サイトや転職エージェントで取り扱っている求人数も増えていることが予想されますね。

a46032c118507bab5a13092abecf8731_l

今は転職に最適な時期か?

求人掲載数が増えているということはより多くの会社の中から応募する会社を探すこともできますし、より多くの会社を受けることも可能ですね。求人件数が増えている時期こそ転職のチャンスと言えます。

逆に求人件数が減っている場合は選べる会社数も減りますし、その分転職したい人の数が多いので競争率が高くなります。この場合の会社側が受ける人を選ぶ権利が強くなる場合が多いことを「買い手市場」と言います。

逆に求人件数が多く、受ける人の方が会社を選ぶ権利が強くなる場合が多いことを「売り手市場」と言います。「売り手市場の」の今こそ転職しやすい時期と言えますね。転職しにくい時期よりは勤務条件などを選ぶ範囲も広がるのではないでしょうか。転職するかどうかを決めかねている場合もぜひ、転職情報に目を通して見てもよいかもしれませんね。

圧迫面接は誰しも苦手?対策法とは?

中途採用の面接でも圧迫面接はあります。圧迫面接が得意!という人はなかなかいないと思いますが、その練習や対策はあるのでしょうか?圧迫面接の実施の理由からその対策方法を考えてみましょう。

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_l

圧迫面接の目的とは?

圧迫面接をする目的には仕事をする上で起こる様々なストレスになるような状況に冷静に対処できるのかどうかを見ている場合が多いです。圧迫面接をするのは合格に近いからという意見もありますが、会社の方針で一次面接から圧迫面接である場合もあるので一概には言えません。

明らかにこちらが不快になるような質問や返答に困るような厳しい質問が来た場合は圧迫面接であることを自覚しましょう。圧迫面接に完全な回答ができる人はそうそういません。完璧な回答ができなくても当たり前なのだと焦らないようにして下さい。
圧迫面接では冷静さを保つことが何よりも大切です。

圧迫面接をうまく切り抜けるためには

圧迫面接を受けた場合には無理に優秀な回答をしようとしないで下さい。どんな厳しい質問にも完全な回答を返そうとすると逆に不自然な回答にもなりますし、自分自身が必死になってしまって、かえって動揺してしまいます。圧迫面接で何かこちらの不都合なことを言われたらそれを必死に撤回するのではなくまずは認めましょう。その上で自分がどのように挽回していきたいのか、どのような努力をしていきたいのかをできるだけ冷静に語って下さい。

必要なのはできるだけ間を空けずに、相手の言い分を認めましょう。認めながらその後の挽回策を考えながら答えるようにしましょう。相手の言い分を否定すればするほど、自分の立場は苦しくなります。まずは冷静に相手の言ったことを受け止めるようにしましょう。

面接官の言い分を撤回しようとするから苦しくなるのです。初めに言い分を認めてしまえば、一気に楽になります。圧迫面接の本番こそが圧迫面接の練習にもなりますので、圧迫面接が来たらいい練習の機会が来たと思うようにしましょう。

9bfd91b2c3a0f7b4701afd83ef61f26d_l

圧迫面接に遭った際の心構え

圧迫面接だと意識をすると誰しもその場で嫌な気持ちになるものだと思います。それでもそこで嫌な気持ちを表情に出してしまってはせっかくその場で良い答えを言っても意味がありません。圧迫面接はどんな状況でも感情を表に出さずに冷静に対処できるのかというところも見ています。

どんなに動揺しても表情には出さないように気を付けましょう。実際に仕事をする上で例えばどんなに上司に嫌味や叱責を受けてもこちら側が反論するわけにはいきませんよね?そのように面接も仕事中にお客様と接するような気持ちで接してみるようにしましょう。

相手がお客様であれば何を言われても腹を立てたたり、反論するわけにもいきませんし、相手の言い分を認めつつもできる解決策を提案して善処するしかありませんよね?圧迫面接の時はそのくらいの気持ちで取り組みましょう。