社外に信頼できるメンターがいない人ほど転職エージェントに登録しよう

会社での自分の現状に悩み、転職なども考えた際にあなたに適切なアドバイスをくれる人はいますか?

社内の人では意見や会社に対する視点も偏ってしまいますので、社外の人の方が客観的で適切なアドバイスをくれるかもしれません。しかし、仕事上他の会社の人や自分の本来の知人と接する機会がなく社外にメンターとなる人がいない場合はどうしたらよいでしょうか。

そんな場合の転職エージェントの有効利用方法についてご説明致しましょう。
b3f897f61701ded8a5ef8d15bd6dec99_l

転職エージェントは客観的にあなたを見てくれる

転職エージェントはあなたの職歴や希望条件にあった非公開求人を紹介してくれますが、その際にはあなたの市場価値を冷静に見極めています。あなたが実際に活躍できるような職場を紹介することが彼らの仕事なので、あなたの客観的価値を明確にする必要があるからです。

例えば

  • 他社への転職に活かせるあなたの強みとなる職歴・スキル
  • 転職をする際のアピールポイント
  • 転職をする際にネックになること
  • 足りない部分を補う際に改善すべき点

これらを聞いてみるだけでも、今あなたがどうすべきなのか、どんな職場で働くことが適切なのかが見えてくる判断材料になりそうですね。転職エージェントに登録に行くと、登録の際にこれらの点を教えてくれ、いいアドバイスをくれるはずです。

転職エージェントは他社の状況に詳しい

転職エージェントは求人を掲載している企業ともやりとりをしていますし、その際にどんな人物を採用したいのかという話も良く聞いています。これは転職エージェントだからこそ把握している情報ですね。

他社の情報を把握しているからこそ、あなたを客観的に見ることもできますし的確なアドバイスができるはずです。社内の人間ではここまで客観的な視点を持つことはできませんね。

a07023c3ea67103a59c657a14e11557e_l

転職エージェントは悩めるいろんな人を成功に導いている

転職エージェントは転職希望者を希望の企業に入社させることが目的です。多くの転職希望者の転職活動を成功させてきたわけですから、あなたが転職すべきなのか、転職をするためには何が必要なのかのアドバイスにも信憑性がありますね。

転職エージェントのあなたへの評価は社内の物とは全く異なるものかもしれません。自分では他社で通用すると思っているものが、使えないと知ったり、自分の気づかない弱みなども気づかされたりすることもあるでしょう。しかしそれこそがあなたの社外からの判断ともなりますので、真摯に受け止めアドバイスに従えばあなたが転職をどのようにすれば社外で活躍することができるかのヒントをもらえそうですね。

社外にメンターとなる人がいなく、転職すべきかどうかを悩んでいる人はぜひ転職エージェントを利用してみることをお勧めします。きっと今まで気づかなかった自分の新しい可能性を知ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職する時に自分でやるべき事、転職エージェントにやってもらうことを二分しよう

現代ではあなたの希望の条件に合った非公開求人を紹介してくれて、面接時間の設定や年収の交渉までしてくれる転職エージェントのサービスがあります。
自分の転職活動に効果的に活かすために、自分がやるべき事と転職エージェントにお願いするべき事を整理してみましょう。
商談中

自分がやるべき事

自分がやるべきことは転職活動におけるほとんどすべてです。
例を挙げると以下のような内容になります。

  • 希望の業界・業種・職種を明確にする
  • 希望の勤務条件を明確にする
  • 勤務条件の優先順位を考える
  • 紹介されたどの求人案件に応募するのかを考える
  • いつまでにどのような会社にどの仕事で転職をするのか明確にイメージをしておく
  • 転職先が決まらない場合、今の会社で継続するのか希望条件を見直すのか考える
  • 面接に必要な志望動機や自己アピールを考える
  • 面接で自分の意思や希望を明確に伝える

自分の転職活動なのですから、自分が主導権を握るということを忘れないで下さい。
転職エージェントはあくまでも転職活動のアドバイス的な立場だということを忘れないようにしましょう。

転職エージェントにお願いする事

    • 非公開求人の紹介
    • 履歴書・職務経歴書のアドバイス
    • 模擬面接実施など、面接へのアドバイス
    • 求人企業との面接日程の設定
    • 求人企業との給与の交渉

基本的には事務的な事ばかりであとは選考に必要なことをアドバイスしてもらうというスタンスであることを忘れないようにしましょう。求人企業もエージェント任せにせず、自分でも他の就職サイトなどで良い応募先企業がないか探してみた方が良いです。競争率は高くなっても自分の希望の企業が見つかるかもしれないですし、自分の希望する業種や職種の大体の相場を知ることができます。
その方が紹介された非公開求人が好条件なのかそうでないかの判断を付けることができます。

電話をする男性

転職エージェントも自社の利益のために動いている

残念ながら転職エージェントはあなたが転職に成功するまでいつまでも寄り添ってくれるものではありません。あなたが落ち続けるようであれば、紹介する求人数も減って行くことが多いです。時には自分から転職エージェントにアピールして希望を伝え直す必要があります。

転職エージェントも入社が成立することにより求人企業より報酬を得ています。なかなか転職できなそうな転職希望者よりも、確実に転職できる多くのスキルや経験を持った転職希望者をたくさん求人企業に紹介した方が利益を出すことができるのです。こちらは無料で利用しているのですから、何でも面倒を見てもらえると思わずに、自分主体で転職活動を進めていくということを忘れないようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0