行動面接とは何か?練習対策方法は?

採用面接には様々な手法が取られますが、行動面接(STAR手法)というのもよく取られる手法であります。行動面接とは何か、その対策法についてもご紹介していきましょう。

座っている男性

行動面接(STAR手法)とは

行動面接とはあなたの過去にどのような状況でどんな役割になり、どのような行動を取り、更にどんな結果が生まれたのかを聞く手法です。これは嘘をついても面接官にばれやすいのでその人の考え方や行動パターンをより深く知ることができる手法です。
SはSituation(状況)、 TはTask(役割)、 Aは action(行動)、 Rは Result(結果)を意味します。

例えば

あなたは前の職場で最も大きなトラブルに遭ったのはどんな時ですか?
その時にあなたは何を担当していてどんな行動を起こしましたか?
その結果、どんな成果を上げることができましたか?

と言った具合です。

対策法は?

これらの質問に答えるためには具体的な言葉を用いる必要があります。言葉が足りない場合はすぐに回答が終わってしまいますね。これらに答えるのは中身のあるそれなりの回答をしなければならないのですが、逆に考えれば面接でのチャンスの場でもあります。きちんと答えるためには自分の過去の職歴の中でアピールの材料になりそうな出来事をアップして、この手法に当てはめ、具体的な回答内容を考えてみて下さい。

例えば

クレームがあった時にどのように対応したのか
今までの仕事の中で目標を定めて達成したことがあるか
難しい上司や先輩と打ち解けた経験はあるのか

答えたことに対して突っ込んだ質問をされる場合もありますので決して嘘は言わないようにしましょう。また、面接ですのでダラダラと話さずに相手に伝わりやすい具体的で簡潔な言葉を選ぶようにしましょう。実際に同じ質問がされなくとも自分の過去の行動を整理して他人に伝えることの練習にもなりますし、数件考えるとあなたの仕事における行動パターンがわかり、アピール材料が明確になってきます。
ガッツポーズ男性

深い意図がなく質問している場合もある

面接官が面接のプロである人事とは限りません。採用予定部門の技術系の社員や営業系の社員、製造現場の社員であることもあります。
質問に深い意図はなくただ知りたくてその質問をしていることも多いです。ここで必要なのは聞かれた質問に対する答えをきちんと答えるということです。無理やり自己アピールに繋げたり、テクニックを駆使したりするあまり話が抽象的になるのは避けるようにして下さい。

面接はマニュアル通りの素晴らしい答えができることが目標ではありません。自分の言葉で自分の良さを伝えられるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職したいかもと思ったら、まず準備する3つのこと

N745_su-tuwohaorusarari-man500-thumb-750x500-2168
関わっていた大きなプロジェクトが終了した時や、希望部署と異なる部署に配属になった時、あるいは自分はこの仕事向いていないんじゃないかと思う時など、ふとした瞬間に“転職”という文字が頭に浮かぶことがありますよね。でも転職活動って大変そうだし、いったい何から始めたらいいのかわからない人が多いと思います。そこで“転職したいかも”と思ったら、まずこの3つの準備から始めてみましょう。

1 転職活動のスケジュール作成

仕事って何事もスケジュールを立てることから始まりますよね。転職活動も同じです。まず転職活動を始めるあたり、転職活動のスケジュールを決めましょう。

通常、転職活動に必要とされる時間は順調に行って3ヶ月(90日)くらいといわれています。イメージとしては、履歴書と職務経歴書の作成で1週間、その後、自分が受けてみたいと思う求人を探して応募するまでに1週間~2週間、企業側の書類選考に1週間~2週間、書類選考を通過して面接依頼をもらってから内定が出るまでおおよそ1ヶ月半~1ヶ月半(2次面接や3次面接まである会社が多いです)。無事内定がでて、自分がそれに対して承諾するかしないか考える期間が1週間位、とざっとこんなスケジュール感です。この期間にたとえばゴールデンウィークや年末年始のお休み、お盆休みがあればこの期間はもっと延びます。

2 転職活動ができる時間の確保

1、のスケジュールを立てることと同時に、自分が転職活動のために時間が確保できるかどうも考えてみましょう。転職活動は思いのほか時間がとられるもの。例えば自分の会社が繁忙期に転職活動した場合、せっかく応募した企業から面接依頼をもらっても、残業続きで面接のための時間が確保できなく、応募企業との面接日程調整が手間取り、結局、企業側から「他に面接に来られる人を優先します。」と言われて貴重な機会を失うこともあります。

また、企業によっては面接時間は通常の就業時間中という会社もあります。その場合、半休を取ったり有給休暇を利用する必要が出てきます。そういうことができる時期なのかどうか考え、自分の為の時間がある程度確保できる期間に転職活動しましょう。

3 履歴書、職歴書の作成、自分の経験の棚卸

転職しようかな、と思ったときに一番重要なのがこの履歴書、職歴書(職務経歴書)の作成です。特に職歴書は自分が何をしてきたのか、何ができるかを応募企業にアピールできる大事なものです。

職歴書を作成するコツとしては自分の経験を棚卸すること(過去や強みを思い出し、噛み砕いて小分けにしていくようなイメージ)です。棚卸した事項をもとに職歴書を作成していきます。ただ、一度に完璧なものを作ろうとしなくても大丈夫です。基本となる職歴書をまず作成しておき、応募する企業によってちょっとづつアピールポイントを変えていくと良いと思います。

4 まとめ

転職活動のスケジュールを立てて、自分に時間があるのかどうか確認して、履歴書と職歴書を準備することから転職活動を始めてみましょう。そうすることによって、漠然と考えていた“転職したいかも”という思いがぐっと具体的になってくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0