【転職・入社直前】労働契約と採用条件の食い違いをなるべくゼロに近づけよう

転職活動も成功してついに入社となると、具体的な労働条件が提示される流れになります。この時に応募をした際の採用条件と食い違う点が少なからず出てくる場合が結構多いです。しかし、この条件で採用される!と応募をしたのに、いざ入社をする際に給料が下がったり休みが少なくなったりするのは納得がいきませんね。これらの食い違いをなるべくゼロに近づけるための方法をご紹介致しましょう。

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_l

給料額は面接内で確認がある

特に中途採用の場合は面接内で前職の給与の確認と、採用された際にどの程度のお給料での採用になるかという説明があるはずです。疑問があればその時にできるだけ聞いておきましょう。基本的には交渉ができるのはこのタイミングです。転職エージェントを利用している場合は内定が決まってからエージェントと会社側で交渉ということになりますが、大幅に変わることはまずありませんし、その場合も面接内での確認はあるのが普通です。給料額で要望がある場合には最終面接で伝えておく必要があります。

面接なので無理な要望を言うと合否に差し支える場合もあるので、言い方には気を付けましょう。内定が決まってから入社までの期間に採用担当者に問い合わせることもできますが、その際には事実の確認のみで交渉の余地はありません。会社によっては、選考時には○万円~○万円という金額範囲のみの提示で正確な金額は入社日にというところもあるかもしれません。その場合は範囲内の金額で了解しているとみなされるので最低の金額での採用となっても文句は言えません。

残業や休日の件はこちらから確認してもよい

残業や休日などは募集要項に提示されていますが、それでは詳細が分からない場合がほとんどです。面接時に残業時間の実態について聞いてみましょう。休日についてもわかりにくい場合もこの時しか聞くチャンスはありません。内定が決まってから採用担当者に問い合わせても良いですが、事実を確認するだけとなりあなたの入社条件がそこで変わるわけではありません。

休日などは年間休日数や「当社カレンダーによる」という記載であったり詳細が見えてこなかったりする場合もあり、実際に働いてから月に一回しか土曜日が休みではないと知る場合も多いです。このあたりは問い合わせたところの勤務条件が変わるわけではありません。しかし、入社してから話が違うということにもなりかねませんので、確認をした上で入社するかどうかを決めるようにしましょう。

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_l

仕事上の「予想外」は覚悟の上、入社する

こう言っては元も子もありませんが、募集要項や採用情報に勤務の詳細を載せるのには限界があります。仕事内容などは働いてから「こんな内容も自分も担当の仕事なのか」と驚くことはどこの会社に転職してもありうる話です。それに付随して勤務時間を超えてサービス残業があったり、出張があったり予想していなかったことが起こるものです。実際に働いて見ないと分からないことはたくさんあります

自分が絶対に譲れない条件だけは面接等で確認をしておいて、あとは予想外のことが起きても仕方がないという覚悟で新しい会社に入社しましょう。働く会社が変われば今までの会社の常識を覆すようなことが良くも悪くもたくさんあります。転職とは、そういうことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

給料アップを最優先した転職の成功法則

転職をするからには給料をアップさせたい!と大抵の人が願っているはずです。実際に転職して給料がするとは限らないのが現状でもあります。給料アップを最優先する転職に成功法則についてご紹介しましょう。 cfc4d425879b24ddd8c14945e1294e06_l

責任が大きくなることは覚悟する

給料が高いということはそれだけの仕事をしなければならないということです。給料アップをさせたいのなら仕事量を増やしたり、仕事上の責任範囲を広げたり、部下を指導したりするような仕事に就くのが効果的でしょう。同じ職種であっても会社によって業務範囲や責任範囲は大きく異なります。

例えば単なる技術者であっても大きなプロジェクトの一部の設計のみに携わり、決められた範囲のみの仕事に比べると、ユーザーのヒヤリングから製造ラインへの指示までプロジェクトのすべてに関わる場合にはそれなりに仕事量も増え、残業代などのプラスもあって必然的に給与も上がります。 今までと同様の業務で給料だけアップできるような都合の良い話というのはそうそうないということを自覚して下さい。

実際に給料だけで絞って求人情報を探すとそれだけ高スキルを求められる仕事内容になってきます。給料アップを狙う場合はそれらの求人を受けていくのが確実な方法となりますね。

勤務条件の譲歩は避けられない

給料をアップさせたいのであれば希望の勤務条件を見直してみましょう。休日が少なかったり、残業時間が多かったりする求人というのは給料が高い傾向にあります。勤務条件が厳しい場合にはそれだけ応募者が少ないので給料が高い場合も多いのです。

また、勤務条件のこだわりをなくせばそれだけ応募企業も増えますので、必然的に高い給料の会社も検索にヒットする確率も高くなります。給料のアップを目指すならそれだけの犠牲を覚悟しなければならないということですね。 かなり悩める男性

給料アップのために転職エージェントは有効か

非公開求人、年収交渉付を売りにしている転職エージェントを利用すると給料のアップは望めるのでしょうか。はっきり言って転職のエージェントを使用したからと言って給料が上がるのは確実ではありません。むしろほとんど交渉の余地なく、求人票の提示額のままということがほとんどではないでしょうか。

求人票の提示金額は幅を持たせて書かれている場合も多く、応募者を増やすためにその年齢や職種の人の最高額などを表示している場合もあります。例えば年収500万円~700万円と書かれている場合は採用されても600万円を超えることはないと思った方が良いです。 それでも面接時には前職の給料などを聞かれるのである程度高い額を言っておいた方が採用されてからも同額以上の給料を期待することができます。

あくまでの求人票の提示内の金額でということになりますが、採用する側も前職給料から大幅に下げるようなことはしないでしょうし、その場合は面接でも確認があるはずです。 これらの交渉をうまくするためにも転職エージェントには残業などで変動があることを前提に自己の最高額の給与額を伝えておくとよいでしょう。前職と同等というのは交渉もしやすいですし、転職エージェントも頑張ってくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0