事務職への転職を有利に進めるコツ

事務の仕事はどんな業界、業種であっても必要な仕事です。事務職での転職を考える人はたくさんいるのではないでしょうか。転職希望者がたくさんいるからこそ、求人数の割にはなかなか転職がうまく行かない職種でもあります。事務職の転職を有利にすすめるコツについてご説明していきましょう。

得意げな女性

事務職→事務職の場合

事務職の需要は一見たくさんありそうですが、事務職にもいろいろ種類があります。総務事務、庶務、営業事務、人事事務、医療事務など同じ事務とは言っても仕事内容はかなり異なります。

習得までそんなに期間がかかるものではない場合も多いですが、事務職こそ代わりや他の希望者はたくさんいる、と思われるので同じ仕事の内容の経験を持つ即戦力となり得る場合ではないと採用されることは難しいです。仕事内容は同じで良いと思うのならば極力、会社の業種、規模が同様の会社で、同じシステムを使っているような会社を受けると良いでしょう。

他職種→事務職は簡単ではない

営業、接客、SEなど他の職種から事務への転職を目指す人もたくさんいることでしょう。事務なら誰でもできるし、経験がなくとも採用される、そのように思っていませんか?しかし、事務職こそ希望者、経験者はたくさんあるので実務経験が重要視されます。

もし、経験がなく事務職への転職を目指すならば「未経験者歓迎」の求人を受けるようにして下さい。また、前職と同じ業界、などできるだけ何らかの接点があった方がよいでしょう。それだけ事務職とは言っても他の職種のからの転職は難しいということを意識するようにして下さい。

全く事務職の経験がないのであれば資格の取得をした上で、転職に臨むのも一つの方法です。経理ならば日商簿記、人事関係ならば社会保険労務士、法務系ならば行政書士や司法書士、病院事務ならば、医療事務などの資格がお勧めです。ハローワークの職業訓練にも同じような講座がありますのでそれらを受講するのも良いでしょう。

ペンで書く手先

事務職こそ即戦力であるかどうかがシビア

事務職での転職を考える際に「事務職だから簡単に見つかる」というイメージを持つのは辞めましょう。事務職こそ即戦力であるかを重視されるので、前職と同業種の職場を受けるか、未経験の場合は資格を取るなどの万全の準備をすることを忘れないで下さい。面接の際も事務職を侮るようなことは決して言わないで下さい。

前の会社での真摯な仕事への取り組み方を伝えれば、事務職でも一つ一つ真剣に取り組んで行けることを伝えられるかもしれませんね。大切なのは事務職でも何でも転職活動は即戦力が重視されるシビアな戦いだということを忘れないでおくことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ベンチャー企業から大手企業へ転職することは可能か?

大手企業への就職は新卒採用でも人気ですが、当然中途採用でも人気です。大手企業に転職するためには前職も大手企業であると成功率が高そうですね。これまでの職歴がベンチャー企業などの小規模の会社で勤めている場合、大手企業への転職は難しいのでしょうか。
大手企業ビル

中途採用の場合、会社が欲しいのは即戦力

多くの会社は中途入社の社員に即戦力を求めています。一から教えなくとも、数カ月で他の社員と同様の仕事ができることが望ましいのです。その場合に求められるのは募集職種と同様の経験やスキルです。ベンチャー企業でも全く同じ仕事をしているので大丈夫とも思うかもしれません。

しかし、同じ職種でも会社の規模や取引相手などが変われば仕事の進め方や必要な資質が全く異なることも多いです。希望の職種によっては前職の会社の規模人数が違うということで敬遠されてしまう場合も出てくるかもしれません。

ベンチャー企業経験が重宝されることもある

そうは言ってもベンチャー企業だからこそ得られた経験やスキルというものもたくさんあるでしょうし、それらが必要な仕事もたくさんあります。希望の仕事にベンチャー企業での経験がどう活かせるのかをうまくアピールできれば、いいアピール材料になることは間違いありません。

例えば、最先端の技術に関わってきたことや入社した時から多くの仕事を任され裁量の多い仕事をしてきたことでより多くの経験が身についているはずです。だからこそ希望の仕事で必要とされるスキルがあることを強調すると良いアピールになるのではないでしょうか。

自分は大手企業の人が知らない世界を知っていることに自信を持ちましょう。
見上げて電話する男性

大手企業では上下関係が大切と心得よ

大手企業とベンチャー企業の大きな違いはその組織体制ではないでしょうか。大手企業は古くからの創業で、伝統を重んじ、年功序列の制度が残っているところが多いです。仕事ができる人が偉いのではなく先に入社している人や役職に就いている人の方が偉いのです。時には自分の方が正しいと思うことをこらえても、重鎮や今までのやり方に従わなければならない場面がたくさんあります。

また、古くからいる社員はその会社の考えにも染まりきって、他の会社のやり方などは一切認めようとしない人も多いです。ベンチャー企業とは仕事の進め方や上司との関わり方も大きく違ってくる可能性が高いです。大手企業で働くことが本当に自分の求めていることなのかもう一度よく考え直した上で応募を決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

20代のうちは、「未経験」でもチャレンジできる?未経験者が多い転職職種、業種は?

LIG86_osssuhiroyuki1194500-thumb-815xauto-4280
求人を出す企業の多くが年齢に応じた経験、それ以上の経験を求めています。その中で、たまに未経験者歓迎という求人を見かけます。この未経験とは、職種に関して未経験の場合と、業種に関して未経験の場合の2つのパターンがあります。

最近は緩和されてきてはいますが、リーマンショック以降、転職業界が冷え込んでからは未経験者よりは、即戦力として活躍できる人材を求める企業が圧倒的に多いのが事実で、未経験者の転職は一時期よりは難しくなっていると思います。でも一方未経験者歓迎の求人もあるのも事実です。では実際に未経験者がチャレンジできる求人はどんな求人なのでしょうか? 年齢、業種、職種から見てみましょう。

1 未経験でチャレンジできる年齢

転職市場で企業が求めているのは、転職者が持っている経験とポテンシャルです。企業が採用を考える場合面接ではこの両方を見ます。選考では、求職者に経験がなければポテンシャルに重きが置かれることになります。ここで言うポテンシャルにはやる気と柔軟性、今後の成長性が含まれると思います。とすればまだまだこれから成長の伸びしろのある20代前半であれば、未経験者だとしても十分にチャレンジできるのではないでしょうか。このことは職種不問の未経験者採用の求人が第2新卒を中心に多いことからもわかると思います。

但し、同じ職種、あるいは似たような職種であれば異業種であっても十分経験が活かせる場合があります。これは企業がその職種の経験に重きを置いているからです。その場合は、20代後半あるいは30代の業界未経験者も未経験として転職にチャレンジできると可能性があると思います。

2 未経験者求人が多い業種は何か?

 未経験者歓迎が多い業種として、メディカル業界があります。特に製薬会社や、医薬品販売受託企業におけるMR(医療用医薬品の営業職)の未経験者歓迎の求人はあらゆるところで見かけます。
 その他、いわゆる企業の管理部門(人事、経理、法務等の職種)の経験者は、職種を軸とした転職をするので業界未経験でも転職することが多いと思います。

3 未経験者求人が多い職種は何か?

 未経験者歓迎が多い職種としては、営業職や事務系職種など、転職してすぐには多くの専門性を求められないものが多いのではないでしょうか。ただ、ここでの求人は若手のポテンシャルを求めていることが多いです。

4 まとめ

 転職は新卒採用と異なり、経験を重視するものでありますが、業種や職種によっては未経験者でも十分転職できるものもあります。もし、今の自分の仕事に適性を感じなかったり、違う業界に行きたいと感じた場合には、チャレンジしてみる価値はあると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0