転職先の業界を思い切って市場規模の成長率で選ぶのもアリ!成長市場は魅力的。

転職先企業を選ぶ際にはどのような基準で会社を選んでいますか?もちろん前の職場と同様の職種や業界で探すことが多いと思いますが、せっかく転職するのですからここで職種はそのままでも業界を変えるというのも一つの方法です。成長著しい業界への転職の魅力について考えてみましょう。

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_l

成長している業界は求人数も多い

成長を続けている業界は仕事も増えていきますので当然、人手不足になります。その結果求人数が増えていることが多いです。逆に求人件数が増えている業界は市場が成長していると捉えても良さそうですね。求人件数が増えているということは選択する企業の幅も広がるので自分の希望の条件に合った企業に巡り合える確率も高いです。

また求人件数が増えている分、売り手市場である可能性もあり比較的に内定を取りやすいとも言えるでしょう。もし、自分のそれまでの職種経験を活かせるのであれば、今までとは違っても成長している異業界への転職を検討してもよいかもしれませんね。

成長している業界は人や新しい技術の参入が激しい

成長している業界は更に成長を遂げようと会社も意欲的に取り組んでいます。新しいシステムや技術が導入されたり、社内の制度の大改革があったり何かと活気があります。そのような業界で働くと自分自身も今まで経験できなかった「新しい何か」に触れることができるかもしれません。

また、中途で入社している社員も多いので、中途だからと肩身の狭い思いをすることはなく、たくさんの同期入社の仲間ができる可能性も大いにあります。中途入社の社員が多い場合には社内の雰囲気も新しい人材で一気に変えることも可能なので、入社してからもすぐに社内の雰囲気に慣れることが可能です。
15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_l

成長している業界は自分も成長できる

成長している業界はさらなる成長を遂げるために仕事内容がハードであったり仕事量が多かったりすることも予想されます。しかし、それだけ自分の仕事力が磨かれますし、身に付けるスキルも多いでしょう。経験して損はないですし、それだけ給料の額も期待ができるのではないでしょうか。
成長中の企業で人手不足の場合には応募をしてもらうために高めの給料額を提示する場合もあります。多少、仕事にいろんな意味でのボリューム感はつきそうですが、それだけ得られるものは多いはずです。

これからの社会人生活で役に立つような新しいスキルを身に付けたい、仕事をガッツリ頑張りたいと思っている人にはぜひ成長著しい業界への転職をお勧め致します。業界が変わると同じ職種でも仕事の進め方や捉え方が大きく変わることも多いです。あなたの働くことに対する人生感を覆すような何かが待っているかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職業界の景気「有効求人倍率」って何?2015年は転職に有利?

よく景気の動向を知る指標として有効求人倍率という言葉が出てきますが、これは実際にはどのような数値なのでしょうか。また今年は転職に有利な有効求人倍率なのでしょうか?

 

77ea4efe94be234763ffdc7b9bf38cb0_l

有効求人倍率とは

有効求人倍率とはその時の就職希望者に対して求人数がどれくらいあるのかを表す数値です。1.0倍あれば就職希望者すべてに見合うだけの数の求人数があるということになりますね。これは景気の動向を示す指標ともされ注目されています。
また、転職を考える際にも求人数が多いのか、少ないのか、転職活動が成功するのかどうかの目安にもなりますね。これは定期的に厚生労働省から発表されています。

しかし、この就職希望者数というのはハローワークに求職登録をした人数を、求人数とはハローワークで受け付けた求人数ということになります。民間の就職情報サイトや転職エージェントなどへの登録などは含まないということになりますので、実際の人数とは異なりますが、それでも毎月同じ条件で数値を出していますので、求人数の増減の傾向を知る手段とはなるのではないでしょうか?

2015年の景気とは

「平成27年3月の数値を見ると有効求人倍率は1.15倍となり、前月と同水準になりました。(中略)平成26年度の平均有効求人倍率は1.11倍となり、前年度の0.97倍を0.14ポイント上回りました。平成26年度平均の有効求人は前年度に比べ5.5%増となり、有効求職者は7.6%減となりました」(引用元:平成27年5月1日厚生労働省報道発表資料)

この数値から見ると月間で見る有効求人倍率はほぼ横ばいですが昨年と比べるとかなり増えているということですね。ハローワークへの求人掲載数が増えているということは一般の就職サイトや転職エージェントで取り扱っている求人数も増えていることが予想されますね。

a46032c118507bab5a13092abecf8731_l

今は転職に最適な時期か?

求人掲載数が増えているということはより多くの会社の中から応募する会社を探すこともできますし、より多くの会社を受けることも可能ですね。求人件数が増えている時期こそ転職のチャンスと言えます。

逆に求人件数が減っている場合は選べる会社数も減りますし、その分転職したい人の数が多いので競争率が高くなります。この場合の会社側が受ける人を選ぶ権利が強くなる場合が多いことを「買い手市場」と言います。

逆に求人件数が多く、受ける人の方が会社を選ぶ権利が強くなる場合が多いことを「売り手市場」と言います。「売り手市場の」の今こそ転職しやすい時期と言えますね。転職しにくい時期よりは勤務条件などを選ぶ範囲も広がるのではないでしょうか。転職するかどうかを決めかねている場合もぜひ、転職情報に目を通して見てもよいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0