長時間残業などに苦しみ、良い勤務待遇を求めて技術職での転職を考える人もたくさんいるでしょう。技術職は専門知識、経験を持っているので、新卒でも中途でも売り手市場になりやすいとも言われていますが実際のところはどうなのでしょうか。その転職のコツについてご説明していきましょう。

2e7cd5b707d5dad36b184683b29abbae_l

自分のスキルや経験を正確に把握する

技術職は専門性が高く、誰でも就ける仕事ではありません。必要な知識や経験を持っている人でなければそれらの仕事をこなすことはできませんので採用側もどんなスキルや経験を持っているのかにとても注目しています。転職活動を始める前にまずは自分の経験やスキルを整理しましょう。職務経歴書では使用していたソフトやツールをわかりやすく表記することは必須です。

また自分の技術をもってすれば今までとは違う業界でこれまでの経験を活かすことも可能です。例えば自動車業界で機械設計をしていたのであれば車だけではなく、家電や精密機器の会社の構造設計の仕事もできる可能性があります。転職活動を始める際には自分の可能性を広げて多くの業界から働いてみたい会社を探してみましょう。

業界が変われば、今までとは違う評価を受けることもできますね。

自分の経験を活かせるところを探す

確実にてっとり早く転職をしたいのであれば今までとは同じ業界、業種の同じような部署に応募することです。技術職は他の職以上に即戦力を求められています。ミスマッチの人が多い中、同じソフトやツールを使って同じような業務に携わっていた人が応募して来たらぜひ採用したいと思うはずです。

応募の無駄を省きたければぜひ今までと似たような事業内容の会社を探してみて下さい。そうすれば技術的な質問が来ても、好印象な回答ができ、採用される確率も高まることでしょう。

acf5ca2a8e04f6f2292beb8fcdfb6637_l

転職エージェントをうまく利用する

現在の転職活動では非公開求人を取り扱う転職エージェントの存在は無視できません。採用のミスマッチを防ぐために費用が掛かっても転職エージェントを利用する優良な企業が増えています。自分のこれまでの経験やスキルを確実に活かせるところを就職サイトで探すのにも限りがあります。転職エージェントにお任せをすれば自分のこれまでのスキルを活かせるような会社を紹介してくれることでしょう。

また、自分だけでも思いもつかないような業界の仕事を紹介してくれる場合もありますのでぜひ利用する価値ありです。利用をするなら最も求人件数が多いリクルートエージェントに登録しましょう。他の転職エージェントとも比べて飛びぬけて求人件数が多いです。求人件数が多い分、これまでのあなたとは全く無縁だった業種の紹介もあるかもしれませんし、それがきっかけであなたの想像を超えるキャリアップができるかもしれません。それだけあなたにピッタリの求人案件を紹介してくれる可能性が高いですね。

更に、技術者の場合は就職サイトではその会社の正社員であっても、他の会社に派遣されて勤務するいわゆる特定派遣の会社の求人情報が多いです。
非公開求人こそ正社員の優良案件が多いので、転職を考えているのならぜひ転職エージェントに登録をしてみて下さい。