自分に合う仕事:何を目的に転職しますか?やりがい・年収・ポジション?

AL301_nekutai0420140830131916500-thumb-1226x800-5447

“年収を上げたい” “やりがいのある仕事がしたい”など転職の目的は、人それぞれだと思います。そこで、転職の目的別に転職先の見つけ方を説明したいと思います。

1 やりがいのある仕事をみつける転職

 仕事をしていてやりがいを感じられない、モチベーションを保って仕事ができないなど自分の今ある仕事に対して不満を持っている人もいると思います。仕事や環境も慣れてしまば、ある種の“飽き”がくることはよくあること。そのあなたの仕事に対する不満が今後恒常的に続くものなのか、それとも一時的なものなのかをまず考えてください。もし、仕事に対しての不満が今後恒常的に続くのであれば転職時なのかもしれません。

 ではやりがいのある仕事を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか?何にやりがいを見出すかは人それぞれだと思うので、まずどういうときにやりがいを感じるのかを自己分析してみましょう。たとえばプロジェクトを任されると俄然とやる気が出てくるとか、自分の好きなことを仕事にできればやる気がでるとか、自由裁量が大きい仕事をやる時がやる気がでるとか、人に感謝される仕事をしたらやる気がでるとか本当に様々だと思います。その自己分析に沿った仕事内容を探す転職の方法があると思います。

2 年収を上げたい

 実際、年収を上げたくて転職される方は多いと思いまが、実は転職で初めから年収アップするというのはどちらかというと少数派ではないかと思います。そこで転職する前に、まずは今現在の自分の年収が高いのか低いのか、年齢的、業界的な平均値と比較して客観的に把握することが大事です。もともと自分の年収が業界平均よりも低い場合、ただ単に他の企業へ転職するだけで年収が上がる場合もあります。一方もともと年収が平均よりもかなり高い場合、それ以上に年収を上げる転職は難しくなってきます。では実際に年収を上げる転職をするにはどうしたら良いのでしょう。
 
一つは、異業種への転職であれば年収を上げられる可能性があります。平均年収は業界によって異なります。あなたの会社が属している業界が比較的年収が低いとされる場合、業界を変えることによって年収アップを見込めます。平均年収が高い業界は商社、メディカル、金融だと思います。これは業種別平均年収等を調べれば、その年の状況がわかると思います。ただ、現在、平均年収が高い業界にいる場合には、年収維持はできてもなかなか年収アップの転職は難しい場合が多いかもしれません。
 
または、外資系企業を狙うのも手段としてありかもしれません。外資系企業はその人の実力によって年収を決めるところもあり、外資系に転職することによりいきなり年収が上がるパターンもあります。そのかわり実績に関してはシビアにみられることが多く、思うような実績を出せない場合は容赦なく年収をカットされる場合もあるので注意が必要です。

3 ポジションを上げたい

 なかなか自分の会社ではポジションが上がらない場合、転職によってポジションを上げたいと思うかもしれません。ポジションを上げたい転職の場合、自分が今いる企業よりも規模が小さい企業や、ベンチャーのような新しい企業への転職を考えてみましょう。

4 まとめ

 転職をする目的は人ぞれぞれです。転職活動を始める前に、自分の転職の目的を客観的にみつめましょう。その目的が転職することによって叶うのかどうか冷静に判断することも大事です。そしてこの転職の目的は、転職活動の様々なところで自分の指針になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職エージェントのベテランコンサルタントが語る、「転職すべき人」「転職してはいけない人」

※当記事は、某外資系転職エージェントで8年間キャリアコンサルタントを勤めている方からの寄稿をいただいております。
———————————————
tayou85_yaritenoeigyouman20140823100721500-thumb-1200x800-5527
転職のご相談を受ける際、すべての転職希望者に転職をお勧めすることはありません。お話を伺っている中で、この人は転職すべきでないなと思われる方にははっきりそうお話しています。多くのコンサルタントがそうしているのではないでしょうか。

ではお話を伺っているうちに、“転職すべきでない”と感じる人はどういう人でしょうか。また反対に、“この人は絶対転職したほうが良い”と感じる人はどういう人なんでしょうか。

1 転職してはいけない人

転職するイメージがついていない人

電車に乗っていると人材紹介会社の広告を良く見かけますよね。そんな広告を見て、転職したら“何か”良いことがあるのではないか、今と違う“何か”ができるのではないかという漠然とした考えで転職活動を開始される人もいるのではないでしょうか。でもその“何か”を具体的に考えなければ、キャリアコンサルタントに言われるままにに多くの企業に履歴書を出し続け、面接に行けたとしても、その会社に転職した時のイメージができていないことから玉砕してしまうということもあると思います。

また、キャリアコンサルタントはプロなのだから何か自分にあった仕事を見つけてくれるのではないかと期待する人もいるかもしれません。でも転職活動の主役は転職する人自身です。その人の考えが明確でなければ、周りは良いアドバイスができないでしょう。

転職して“自分の何”を活かし、将来“どうしたい”というイメージが持てないうちは転職活動はしない方が良いと思います。

安定志向の人

今お勤めの会社が年功序列の会社や、いわゆるお役所的な企業で自分も年を取るごとにポジションや年収も上がっていくと予測される場合に、自分の環境を変えたいけれども、でも同じような安定性を求めたいと思っている人も転職には向いていないと思います。転職にリスクはつきものです。転職することにより必ずしも今より安定して、今よりも良い環境になるというは断言できません。このリスクをきちんと認識できなければ、転職は不幸なものになるので転職すべきでないと思います。 

必ず今よりも良い条件で転職したいと思っている人

転職のご相談を受けていると、「なぜ転職したいのですか?」という問いに必ずと言っていいほど返ってくるのは「年収を上げたい」「ポジションを上げたい」という返事です。そこでさらに「年収が上がらなくても転職したいですか?」「今より小さい規模の会社ですが、そこでならポジションが上の求人ご紹介できそうですが、いかがですか?」と重ねて質問します。ここで「いいえ」という答えならば転職はされない方が良いと思います。

転職することで年収が上がるパターンもありますが、ほとんどの場合が現状維持かあるいはちょっと下がる場合が多いと思います。また、今在籍している会社のポジションよりも上のポジションでの転職を考えた場合、企業規模を小さくして狙うからこそ上のポジションも狙えることが多いと思います。

この年収アップ、ポジションアップが転職のメインの理由でしかも今の立ち位置を絶対に死守されたい人は、無いものねだりになる可能性が高く、転職活動も徒労に終わってしまうこともあります。そういう人はもう一度転職すべきか考えてみる方が良いと思います。

自分の経験とは異なる職種の転職をしたいと思っている人

20代前半ではある程度、職種の異なる転職も可能だと思います。しかし20代後半以降の年齢になると業種を変えての転職は可能であると思いますが、職種を変えるのは非常に困難と思います。中途採用を希望する会社が20代後半以降の転職者に求めているのはその人が持っている“即戦力”です。しかもできればその企業で働いている同年代の社員と同等あるいはそれ以上の力を持っている人が求められています。企業の求める人材と異なるその職種で未経験の人は、職歴書の選考も通過しないということになってしまいます。なので20代後半以降で異なる職種の転職は難しいと思います。

2 転職すべき人

現職での待遇が自分の実績に比べ圧倒的に悪い人

明らかに、十分な実績を上げ周りも評価してくれているのに、会社の業績が悪くて年収が上がらない人や、深夜まで過酷な労働を強いられている人は「これほどまでに働いて実績も出しているのに、そのような待遇で大変ですね」と思ってしまう人がいます。そのような人は転職すべきと思います。十分な実績があれば他の企業も評価してくれますし、それが転職活動において重要な強みになります。

実力があるのに、今の会社では十分実力を活かせないとき

入社してから仕事の実績もしっかり積み上げて、自分で仕事に関係する資格も取得するなどして、自分の仕事を様々に発展させようとしても、会社によっては、そこまでのレベルを求めていないときがあります。「頑張っているのはわかるし、実力は評価するけど、うちはそこまで必要ないんだよね」って言われるパターンです。そういう人は転職活動をして、自分の力を十分発揮できる会社を探した方が良いと思います。

3 まとめ

転職は絶対したほうが良いとは限りません。自分の今ある状況をきちんと分析して、転職して何をしたいのか、転職で何を求めるのか、そして転職することによって自分の求めるものが得られるのかをじっくり考えて、行動に移しても良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0