転職業界の景気「有効求人倍率」って何?2015年は転職に有利?

よく景気の動向を知る指標として有効求人倍率という言葉が出てきますが、これは実際にはどのような数値なのでしょうか。また今年は転職に有利な有効求人倍率なのでしょうか?

 

77ea4efe94be234763ffdc7b9bf38cb0_l

有効求人倍率とは

有効求人倍率とはその時の就職希望者に対して求人数がどれくらいあるのかを表す数値です。1.0倍あれば就職希望者すべてに見合うだけの数の求人数があるということになりますね。これは景気の動向を示す指標ともされ注目されています。
また、転職を考える際にも求人数が多いのか、少ないのか、転職活動が成功するのかどうかの目安にもなりますね。これは定期的に厚生労働省から発表されています。

しかし、この就職希望者数というのはハローワークに求職登録をした人数を、求人数とはハローワークで受け付けた求人数ということになります。民間の就職情報サイトや転職エージェントなどへの登録などは含まないということになりますので、実際の人数とは異なりますが、それでも毎月同じ条件で数値を出していますので、求人数の増減の傾向を知る手段とはなるのではないでしょうか?

2015年の景気とは

「平成27年3月の数値を見ると有効求人倍率は1.15倍となり、前月と同水準になりました。(中略)平成26年度の平均有効求人倍率は1.11倍となり、前年度の0.97倍を0.14ポイント上回りました。平成26年度平均の有効求人は前年度に比べ5.5%増となり、有効求職者は7.6%減となりました」(引用元:平成27年5月1日厚生労働省報道発表資料)

この数値から見ると月間で見る有効求人倍率はほぼ横ばいですが昨年と比べるとかなり増えているということですね。ハローワークへの求人掲載数が増えているということは一般の就職サイトや転職エージェントで取り扱っている求人数も増えていることが予想されますね。

a46032c118507bab5a13092abecf8731_l

今は転職に最適な時期か?

求人掲載数が増えているということはより多くの会社の中から応募する会社を探すこともできますし、より多くの会社を受けることも可能ですね。求人件数が増えている時期こそ転職のチャンスと言えます。

逆に求人件数が減っている場合は選べる会社数も減りますし、その分転職したい人の数が多いので競争率が高くなります。この場合の会社側が受ける人を選ぶ権利が強くなる場合が多いことを「買い手市場」と言います。

逆に求人件数が多く、受ける人の方が会社を選ぶ権利が強くなる場合が多いことを「売り手市場」と言います。「売り手市場の」の今こそ転職しやすい時期と言えますね。転職しにくい時期よりは勤務条件などを選ぶ範囲も広がるのではないでしょうか。転職するかどうかを決めかねている場合もぜひ、転職情報に目を通して見てもよいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

資格は本当に転職有利なのか!?評価されやすい資格とは?

転職活動をする際に資格があると有利と思っている人はたくさんいるかもしれません。資格が本当に転職で評価されるのでしょうか? 転職活動の際の資格の考え方についてご紹介していきましょう。
悩める女性

資格が転職に有利とは限らない

資格の学校や通信教育の売り文句には「資格さえあれば夢は叶う!転職は可能!」と言ったようなことが書かれていますが、資格だけで転職できるケースはあまりありません。同じ業務での経験がすでに数年あって更にそれに関わる資格を持っていれば転職の際に有利に働くことでしょう。しかしそれは実務経験に資格が厚みを加えているだけにすみません。あくまでも実務経験がある場合の話です。

実際に未経験の業務でそれに関わる資格を持っている場合ではなかなか転職はうまくいきません。書類選考で落ちてしまうことがほとんどです。会社がこれから育てようという第二新卒のような若手を求めている場合は面接の機会がある場合もありますが、そこで会社の求めているポテンシャルがあると認められなければ採用は実際に難しいです。

転職に有利な資格とは

それでも比較的を受けやすい資格として挙げられるのは以下のようなものです。

【 TOEIC 】

英語を使う職場や外国とのやり取りが多い職場、外資系で英語の書類を取り扱う場合が多いなどに英語力を客観的に評価できる指標になります。 業界にもよりますがスコアが750点以上はないとアピールにはならないでしょう。 またそのスコアも数年以内に取得したものでなければ評価されにくいです

 

【 日商簿記 】

経理関係の職場に転職する際には日商簿記は財務諸表が読めることの証明にもなりますので取っておいて損はない資格です。2級以上を取得しておいた方がよいアピールになります。それでも実務経験が全くない場合は、資格がなくとも実務経験がある人の方が採用されやすいことを覚えておきましょう。未経験から経理の仕事に就きたい場合は資格だけではなく派遣でもいいので実経験を積むことができると良いですね。

電卓

【 建築士・インテリアコーディネーター 】

住宅業界ではどの職種なのかにもよりますが建築士やインテリアコーディネーターの資格があると転職しやすいです。実際のこの業界で働いている人にこれらの資格を所持している人は多く、この業界で働きながら取得を目指す人も多いからです。 職種によっては建築士の取得が必須の業務もあるでしょう。

実務経験がなくても資格はアピールになるか

資格を持っていても実務経験がない場合、採用はされにくいですが、それでも資格を持っていることでその仕事に対する熱意のアピールにはなります。経験はないけどどうしてもその業務に就きたい場合にはぜひ資格取得を目指してみましょう。 未経験歓迎の求人などを探して応募をすれば資格の取得を評価されて採用されることもあるかもしれません。初めやアルバイトや派遣でもよいので実務経験を積んでから転職活動を始める問う方法もあります。

転職活動に有利になるかならないかは別にして、希望の業界や職種についての知識を得ることができますし、勉強した過程はあなた自身に自信をつけるものです。 興味のある資格の取得を目指して損はありませんが、必ずしも転職に有利に働くとは限らないことは覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0