女性の転職を有利にするコツは、「女性ならではの会社・職種を選ぶ」こと

女性の社会進出が進む中、女性でもキャリアアップを図って転職活動にいそしむ人も多いのではないでしょうか。女性の勤労者が増えたとはいえ、決して男性と同じ扱いではありません。女性の転職活動のコツについてご紹介していきましょう。

0c2b981fdd706ede9996b418a3854ef5_l

女性が活躍している求人情報を探す

職種にもよりますが、残念ながら採用する側は男性がいいか女性がいいかということをある程度想定しています。しかし、求人情報には年齢や性別を乗せることは原則、できません。せっかく受けても無駄になることは多いです。それでも女性であることを理由に落とされるのであれば書類選考の時点で落とすはずなので、希望の企業はどんどん書類選考を受けてみましょう。面接に呼んでもらえるようであれば、女性でも採用される可能性があるということですね。

また、求人用法に掲載している写真で女性社員が活躍している風景を乗せている会社はまず、女性社員を求めていると考えて間違いないでしょう。女性社員が活躍している会社であれば、入社しても女性が働きやすい会社であることは間違いありません。更に女性に応募してもらうために、育児休暇の取得率や職場復帰率が高いことを売りにしている求人情報もあります。出産をしてからも長く働ける職場を探している場合にはうってつけの職場だということですね。

このように女性が活躍していける職場ほど、女性が採用されやすいので、応募企業を探す際の基準の一つにしてみて下さい。

女性ならではの職種を受ける

女性としての転職を成功させたい場合は女性ならではの職種に転職するのも一つの方法です。ボディセラピストやネイリスト、美容関係、飲食店の接客業などを女性が多く活躍している職種であれば採用側も女性をメインで考えているので、採用される確率も高いです。職種によってはこれまでの経験をそのまま活かすタイプか、そうでなければ未経験歓迎の求人が良いでしょう。

転職活動で女性であることをハンデに感じてしまうようならば、女性ならではの職種に転職してみてはいかがでしょうか?ここで手に職をつければ、結婚、出産後も働けるようなスキルを身につけることができますね。

199415d7e2923d2aaa638bcdbcfe2aba_l

 

女性にお勧めの転職エージェントは?

職種による部分もありますが女性にお勧めの転職エージェントはまずはパソナキャリアです。これは特に事務職に言えることなのですが、派遣会社からのつながりを活かして女性に有利な求人案件が多数あります。また、マイナビエージェントも女性の転職に強い転職エージェントとして人気があります。女性のキャリアコンサルタントが親身になって相談に載ってくれます。

更に求人取扱い件数が格段に多いリクルートエージェントも必ず登録しておきましょう。女性のキャリアアドバイザーも多数在籍しており、女性ならではの転職の不安なども相談しやすい環境が整っています。就職サイトでは女性を本当に採用したい求人案件なのか見えてこないですが、転職エージェントを通した紹介であれば、女性であることが不利に働くような求人はあまり紹介されないはずです。無駄な応募を省くためにもぜひ転職エージェントを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

営業職への転職を有利にするコツ

営業職は勤務時間に自由度もあり、業績を上げれば高給を手にする可能性も高く憧れている人も多いのではないでしょうか。営業職への転職を有利にするコツについてご紹介していきましょう。

男性ガッツポーズ

営業は未経験歓迎の求人に応募する

営業は転職が盛んな職種でもあるので未経験歓迎の求人がたくさんあります。営業職は長い経験がなくとも、本人に能力と営業センスがあればそれなりの業績を上げていくことができる職種でもあります。営業の経験がない場合やアピールできるスキルがない場合は未経験歓迎の求人を受ければ合格する確率も高くなりますし、あなたのポテンシャルを見てくれるでしょう。

未経験歓迎の求人もたくさんありますので、多くの会社をまわって自分に合いそうな業種を見極めるようにして下さい。同じ営業職でも売る商品や業界が変われば求められる資質や社内の雰囲気がかなり変わってきます。

営業でも役に立つ資格がある

業界にもよりますが、営業職への転職でも役に立つ資格があります。外資系の会社の営業職であればTOEICを持っていると良いアピールになるでしょう。どの業界へ行っても英語ができるということは損をすることはありません。不動産業界であれば、宅地建物取引主任者が良いでしょう。名刺に記載があるだけでお客様に信頼を与えることができるので、面接の際も受けが良いはずです。他にも中小企業診断士なども中小企業の経営への的確なアドバイスをする際に役に立つことがありますので、印象がいいです。

営業職というと直接役に立つ資格はなさそうですが、業種や取り扱う商品によっては役に立つ資格がもっとあるかもしれません。これらを取得しておけば営業職への転職にも有利に働くことでしょう。営業職への転職を目指すならば、働きたい業界に詳しくなれるような資格を取得しておくと面接で良いアピールができますね。

 

前職で数値のわかりやすい業績を上げる指さし

営業職は業績が物を言う世界でもあります。営業職へ転職するためには今の会社でわかりやすい業績を上げると格好のアピールになるでしょう。今もすでに営業職に就いているのであれば尚更です。同じ営業職で素晴らしい業績があれば引く手あまたで転職できる会社はたくさんあり、勤務条件もかなり自分の希望に近いものを選べるのではないでしょうか。

もし、前職が営業職ではなかったとしても、○人の部下を指導していた、○社分のコンサルティングをしていたなどの具体的な数値で何かをアピールするようにしましょう。具体的な数値での説明はわかりやすいアピールになりますので、ぜひ活用して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

業界>業種>職種>会社と選んでいくときにそれぞれ見るべきポイントとは?

転職活動を始めようと思う際に、膨大な就職情報サイトの情報を前にどのように希望の会社を絞って行ったらよいかわからなくなってしまいますね。業界、業種、職種、会社などを選ぶ際に見ていくべきポイントについてご紹介していきましょう。
ポイント

業界を選ぶ際のポイント

業界とは自動車業界、美容業界、飲食業界、金融業界など、どんな産業なのかという大枠での話になります。業界を決める際はまだ漠然としているかもしれませんが、業界によって大きく職場環境はことなります。まずはいろんな業界の特徴を調べましょう。
ここでは業界を絞りすぎない方が良いです。更に業界のメリットデメリットを整理して自分の志向に合う業界を複数に絞りましょう。

業種を選ぶ際のポイント
業種とは製造業、小売業、など業界を更に詳しく分けたものです。例えばサービス業界の中で教育関係か旅行関係かというのが業種ということになります。業種を選ぶ際には色々な業種を調べることはもちろんですが、特に興味を持った業種については詳しく調べてみましょう。興味を持った業界にどんな職種があるのかを知ることに繋がっていきます。

ここで大切なのは業種によって同じ職種でも仕事内容や人間関係が異なってくるので詳細を知った上で自分の希望の業種を絞ることです。上記の例でいえば同じサービス業界でも教育関係ならば子供を相手にすることが多いでしょうし、旅行関係なのであれば大人が対象になります。対象になる顧客が変わるので同じ業種でも全く違う雰囲気になりますね。
この場合は自分がどんな人たちに喜んでもらいたいのかということを考えながら希望の業種を考えてみるようにしましょう。

職種を選ぶ際のポイント

職種とは開発、事務、企画、販売、設計など実際の仕事別の区分けのことです。興味のある業種にどんな仕事があるのかを詳しく調べてみましょう。自分にはできそうな仕事、興味のある仕事は何なのかをここでも一つに絞らずに興味があるなら複数の候補を掲げても問題ありません。この段階では自分の可能性を狭める必要はないでしょう。

しかし、転職の場合は未経験の職種での応募は厳しいので経験職種での応募が中心なるでしょう。それでも未経験歓迎などの求人があれば興味のある未経験職種に応募してみてもよいかもしれませんね
悩める女性

会社を選ぶ際のポイント

会社を選ぶ際には多くの会社の求人情報を見てどんな会社で働きたいと思ったのかをまとめてみましょう。
その時の注目すべき点は以下の通りです。

    • 会社の規模
    • 勤務地
    • 希望職種の配属予定部門の人数
    • 採用予定人数
    • 残業の有無
    • 給与額
    • 昇給・ボーナスの有無
    • 教育研修制度
    • 休日・休暇制度
    • 希望職種の仕事範囲
    • 一人一人の裁量

これらのポイントから自分が譲れない希望の条件をピックアップし、その条件を満たす企業を受験対象企業としましょう。
現代の中途採用市場は盛んなので書類選考で落ちることも多いです。条件は幅も持たせても良いですし、選考を受けながら自分の本当の希望の条件を見極めていくのも一つの方法です。

もちろん求人情報だけではわからない部分もあるので、少しでも気になる企業があれば応募をしてみて面接を受けに行く機会があった際に確認してみるのもよいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

未経験の職種に転職する時に準備するべきことBEST5

初めはとりあえず就職したもののやっぱりこちらの仕事がいい!と未経験の職種への転職を考える人は結構多いです。しかし中途採用は即戦力を求められる場合が多いので手放しで受けるのでは簡単にはうまくいかないでしょう。未経験職種への転職に必要な準備についてのランキング、発表です!

【第1位:必要な知識や資格を調べる】

未経験の職種に就くにはまずは必要な知識や資格を調べましょう。可能ならば必要な資格を取得した上で応募に挑戦すると熱意のアピールにもなりますし、働く時にも実際に役に立つことでしょう。あなたが本当にその職種に就きたいと思うのならばぜひ資格に挑戦して下さい。資格によっては学校に行く必要もあり、その学校で就職先などの斡旋がある場合もあります。

また、学校で同じ目的を目指す友人ができれば心強いですし、有益な情報交換もできますね。資格などが必要な職種ではない場合にも、どんな知識やスキルが必要なのかを調べておきましょう。面接での自己アピールや志望動機にそれらをからめれば、真実味が出てきます。その仕事への興味が本物だと伝えることに繋がるでしょう。

散らばった資料と鉛筆

【第2位:業界についての情報を得る】

その職種がこれまで経験したものとは異業界なのであれば、業界についても調べておいた方が良いです。また、その業界で働く際に必要な資質を調べておけばここでも自己アピールに使えますね。更に志望動機を尋ねられた際もその業界について勉強していることが伝わるとあなたの本気度が伝わります。

業界について詳しい知識を得るためにはセミナーや講座などを利用しましょう。今は社会人向けに実にいろいろなセミナーが開かれています。転職支援会社が運営している業界セミナーも良いですし、業界によっては転職目的ではないスキルアップのための講座などもよいでしょう。あなたが行動しただけの効果を面接の際に発揮できる機会がきっとあるはずです。

【第3位:未経験歓迎の求人を探す】

確実な終身雇用が崩壊しつつあり、中途採用が盛んな現代では未経験歓迎の求人もたくさんあります。未経験でも良いということなのでこれまでの職歴を問わないということです。そのよう会社では未経験から中途採用で入社して来て活躍している社員が在籍していることも多いでしょう。比較的、中途入社でも働きやすい環境が整っているのではないでしょうか。

逆に未経験OKではない求人は即戦力を求めている場合が多いのでこれまでの職歴から判断される場合も多いです。未経験で採用される可能性は低いと考えて間違いないでしょう。

【第4位:その職種の志望動機を考える】

面接では未経験なのにどうして応募したのかと必ず聞かれることと思います。その際にマニュアル通りの表面的な理由ではあなたの本気度が伝わりません。あなたがその職種につきたいと思ったきっかけなどを具体的に伝えるとあなたの志望動機に厚みが増してきますね。

また、あなたがその職種に就くことによって具体的に実現したい目標などを伝えることも効果があります。その職種に就くことによってどうなりたいのかということを考えた上で面接に臨みましょう。

悩める女性

【第5位:前職で何を学んだかを整理する】

前職の職種内容が応募の内容とは全く別の物であっても面接で「前職で何を学んだのか」を聞かれる可能性は高いです。あなたの仕事に対する取り組み方や、その中でどんな部分を学び取るのかというところから未経験の職種でも活躍できそうなのかを知りたいわけですね。

未経験の職種に転職するためには、アピールになるスキルはないのであなたの本来のポテンシャルでの勝負が必要なこともあります。前職ではどのように仕事に取組み、何を目標とし、何を得たのかまとめた上で面接に臨みましょう。

職種の未経験は厳しいので長期戦を覚悟!

異業界への転職でも職種が同じならば受かる可能性は高いです。しかし、職種の未経験は全く違う内容の仕事を一から始めることになるので採用されるにはそれなりの準備と努力が必要です。

それだけ希望の仕事に就けた時の喜びはひとしおですし、やりたかった仕事というのは一生ものの仕事になることが多いです。

ぜひ夢の実現に向けて前に進んで下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0