総務職への転職の際に知っておくべきポイント

事務職の中でも総務職への事務を希望している方は注意が必要です。総務と一口に言っても仕事範囲などが会社によって異なるからです。総務職への転職の際に知っておくべきポイントについてご説明していきましょう。

ファイルを持つ男性

こんなに違う!会社による総務部の仕事内容の違い

総務部の仕事内容は会社によって大きく違います。小規模の会社で事務分野をすべて行っている「総務部」もあれば、大きな会社だと業務部総務部法務部など細かく分かれていることがあります。総務部への退職の際はどこまでの仕事内容を含んだ総務部なのかを理解してから受けるようにしましょう。

面接で予想外の仕事内容について経験を聞かれたり、携わる可能性があると説明されたりしては動揺してしまってはうまく答えることができません。自分の業務経験と照らし合わせて未経験の業務があるのかないのかを自分で正しく把握して上で会社を受けるようにしましょう。総務部という名称でも経理的分野や法務的分野、人事的分野を含むところもありますので、会社によってかなり業務内容が異なってきます。

総務部の業務は派遣に任されていることが多い

あまり多くの業務を含んでいない庶務的な事をやっている総務部の場合、その業務のほとんどは派遣社員に任されていることも多いです。備品管理、旅券の手配、福祉厚生施設の管理、郵便仕分け、会議室の予約管理などは誰にでも取って代われるような軽易な業務であれば管理者の正社員が1名いれば後は派遣社員でも十分に対応できます。そのような軽易な業務での仕事を探しているようであれば派遣会社に登録をして派遣社員としての就業を考えた方が早く業務に就けるかもしれません。

逆に総務部で正社員の募集をする時にはそのような庶務的なことではなく、社内行事の運営や経営企画、人事関係など責任のあるマネージャー的なポジションのポジションであることが多いです。総務部への転職の際はその募集職種の内容を本当に理解した上で応募しなければなりませんね

パソコンを打つ手

総務部への転職に必要な資格

総務部への転職の際に歓迎される資格としては法務関係として行政書士や、ビジネス実務法務検定、マイクロソフトオフィススペシャリストなどが挙げられます。法務の担当の場合は法律の知識が必要とされますので資格があると良いでしょう。またパソコンの技術を客観的に証明するものとしてパソコン関係の資格があるのも良いですね。

とは言っても総務関係も面接で有利に働くには資格以上に実務経験がものを言います。未経験でも良いのならば派遣社員で足りることなので正社員としての募集はあまり多くないでしょう。総務部への転職は、派遣社員で軽易な業務に就く以外は経験がなければ正社員としての勤務は難しいと考えて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人事部への転職を成功させるために大切なポイント

人事採用に携わったり、社員の給与計算をしたり、人事異動や春闘のために奮闘したり、人事部の仕事は非常にやりがいがあります。人気もある職種の一つです。経験がなくとも人事部への就職にあこがれている人はたくさんいるのではないでしょうか。人事部への転職を成功させるために知るべき大切なポイントについて説明していきますね。

電話をする男性

人事部への転職は実務経験が必須!?

人事部は社内の機密事項を扱っているので業務内容が専門的であり、数年で習得できるものではありません。末端の単なる入力やチェック作業は派遣社員に任せていたり、給与計算業務を丸ごと専門の会社に外部委託していたりする場合もあります。そうなってくると残りの業務は採用業務や給与、財形、団体生保、福利厚生などのとりまとめ業務、人事異動や昇格、昇給の決定に携わる業務です。

これらの業務を任せるために中途で採用する社員にはそれなりの経験を求める場合が多いです。人事部への経験は実務経験が必須と考えて間違いないでしょう。中小企業などで派遣や外部委託をしていない会社の場合だと人事部の業務全体に広く担当できる人物を募集している場合もありますが、それこそ豊富な実務経験が必要ですね。

人事部は残業が多いので覚悟が必要!

求人情報にも掲載されている場合も多いですが、人事部は残業が多い職場が多いです。昇給や賞与決定時は社員全員分が必要ですし、その前の社員評価も間違いがあってはなりません。更に「人」を扱う正解のない仕事なので常に予想外のことが起こり、部内は突発事項にまみれています。その度にどのように対処するのかといったことを上司と相談したりしているうちに普段の業務も滞りがちになります。

人事部の仕事は事務作業というよりは人と人との調整の仕事です。残業が多い非常にやりがいのある業務だということを肝に銘じておきましょう。面接の際にはそのあたりの覚悟を問うような質問をされますので、自分の覚悟が伝えられることが必要です。人事部こそストレス耐性が高いのかどうかということをよく見られます。

パソコンと男性

人事部への転職に必要な資格や経験とは?

人事部への転職に必要な資格は社会保険労務士やパソコンのマイクロソフトオフィススペシャリスト、TOIECなどでしょうか。人事部は事務職の中でも優秀な人が配属されている部署なので転職の際もそのハードルが高いです。

それでもそこで役に立つのは結局のところ実務経験なので、資格だけがあっても転職できる可能性は低いです。派遣社員としてでも同様の経験があった方が採用される確率は高いです。人事部への転職を考えている時に未経験なのであれば、派遣社員などで実務経験を積んでから活動をした方が転職しやすいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職回数の限界は何回まで?給与への影響は?

悩める男性
転職を多く繰り返していると気になるのが、履歴書での職歴の多さです。
職歴が多いことは転職に悪い影響はあるのでしょうか。
給与額にも影響があるのか気になってしまうところですね。

何回までが許容範囲なのかは会社による

転職回数が多いと根性がないとみなされて書類選考で落ちてしまう、というのは昔の話です。
現代ではキャリアップを目指して転職をしている人も多い時代なので転職回数が多いから悪い影響があるかと言えばそうでもありません。

しかしそこをどう捉えるのは会社次第でもあります。
中途採用をあまり採らない会社や昔から続いている伝統を重んじるでは新卒時から続いている社員がほとんどでしょう。
その場合は面接官自身も一つの会社に長く続けて来たのであれば、転職回数が多い場合はすぐに辞めてしまうという悪い印象を持つ可能性が考えられますね。

逆に中途入社の社員が多く活躍している会社や設立してそんなに年数が経っていない会社は職歴が多少多くとも、その行動力や積極性を評価してくれるかもしれません。
職歴の多さは会社の社風により評価が分かれます。
それでも職歴が5回以上あって1年未満で退職しているケースが数社ある場合にはすぐに辞める可能性があると思われても仕方ありませんね。

給与に影響が出るのは転職回数ではない

転職回数が多いことが直接給与額に影響することはほとんどないです。
給与額は年齢や職歴、募集職種の経験年数などで決められるものが思いはずです。

そんな中で転職ごとに職種などを変えていて、募集職種に活かせる同職種の経験が短い場合、給与額は低く設定されることが多いかもしれませんね。
逆に数社を経験していてもすべて同じ職種でそれが転職先にも活かせるような経験であれば、合計して○年の経験ありとみなされるので給与確定に悪い影響が出ることはありません。

転職回数の多さを良いアピールに変えるには?

女性ガッツポーズ
転職回数が多くともそれぞれにきちんとした理由があれば、そんなに悪い印象を与えることは少ないです。
更に経験社数が多くともすべての職歴に一貫性があれば逆に一つの目的を遂げるために今までのキャリアップを図ってきたように伝えることもできます。

退職理由は必ず聞かれるところでもあるので、一貫した思いを伝えられるストーリーを考えてみましょう。
もちろん嘘はいけませんので、ポジティブな自分の正直な理由を引き出して考えましょう。

例えば、以下のような流れはいかがでしょうか?

  • 正社員 2年→残業時間多く、国家資格受験の勉強時間確保のため軽易な業務に転職
  • 派遣社員1年→試験に合格したので正社員に転職
  • 正社員 5年→資格を活かした業務経験を積む
          →小規模な範囲での業務なので業務範囲を広げてキャリアアップするために転職を決意

それぞれ前向きな理由や目的があって転職に至ったということが説明できると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0