日系企業から外資系企業に転職したいと思った際に考えるべき事、準備するべき事、リスク

日系企業で働いている身からすると外資系企業は待遇も良く、能力主義、無駄な上下巻関係もなさそうで憧れてしまいますね。日系企業から外資系企業へ転職したい場合に考えるべきことや準備すべきことについてまとめてみました。
6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_l

社風の違いに耐えられるのか

会社ごとにその雰囲気は異なるものですが、日系企業か外資系企業かということでもかなり違ってきます。雰囲気が違うというあいまいなものでは実際にどんな感じなのかは想像しにくいので、友人や知人などで外資系企業に勤めている人に聞いてみましょう。それが手っ取り早い印象です。

また中途採用なのでセミナーのような機会はありませんが、できるだけ多くの外資系企業の選考を受けてどんな雰囲気なのかを自分で実際に感じるようにしましょう。その時に面接官が厳しいなどと感じるようであればあなたには合わない雰囲気なのかもしれません。それがその会社独自の雰囲気なのか、外資系であることによるものなのかを見極めるために複数の外資系企業を受けてぜひ比べてみるようにして下さい。

スキルを磨く

外資系企業では英語を使うような職業ではなくとも、社内の書類や英語を目にする機会は多いです。英語スキルを磨いておきましょう。客観的な証明としてTOEICを取っておくとよいかもしれません。また、外資系企業ではそれまでの年功序列というよりは成果主義の会社が多いです。他社でも通用するようなスキルを磨いておくことが必要です。仕事上アピールできるような資格などがあればとっておくと良いですね。

更に面接でもアピールしやすいような仕事上の成果を上げられると良いです。「1年で○円の売り上げを達成しました」「営業部12名中3番目の営業成績を上げました」とか具体的な数値でアピールできるものがあった方が良いでしょう。入社してから仕事についていけないようでは、何のために転職したのかわかりませんので自分の仕事力も上げた上で、外資系企業に挑戦するようにしましょう。

8e74a7646339c35c897a3b48e8edc8f8_l

業績給が高い場合は注意が必要

会社により差はありますが、外資系の企業こそ年俸制であったり、業務の成果を直接給与に反映するようなシステムを取り入れていたりするところが多いです。日系企業でももちろん反映はありますが、その比率はあまり高くはなく、成果を上げられなくともあまり生活に支障のない範囲がほとんどではないでしょうか。

ところが業績給の割合が高い外資系の会社であれば初め入社した時の給料よりも大幅に下がってしまうことも予想されます。外資系企業は給料事情がそれだけシビアで、仕事の気を抜けないということを覚悟した方が良いでしょう。しかし、それだけキャリアップも望めて成果を出せばそれだけ給料に反映されると思えば魅力的な職場でもありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【転職・入社直前】労働契約と採用条件の食い違いをなるべくゼロに近づけよう

転職活動も成功してついに入社となると、具体的な労働条件が提示される流れになります。この時に応募をした際の採用条件と食い違う点が少なからず出てくる場合が結構多いです。しかし、この条件で採用される!と応募をしたのに、いざ入社をする際に給料が下がったり休みが少なくなったりするのは納得がいきませんね。これらの食い違いをなるべくゼロに近づけるための方法をご紹介致しましょう。

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_l

給料額は面接内で確認がある

特に中途採用の場合は面接内で前職の給与の確認と、採用された際にどの程度のお給料での採用になるかという説明があるはずです。疑問があればその時にできるだけ聞いておきましょう。基本的には交渉ができるのはこのタイミングです。転職エージェントを利用している場合は内定が決まってからエージェントと会社側で交渉ということになりますが、大幅に変わることはまずありませんし、その場合も面接内での確認はあるのが普通です。給料額で要望がある場合には最終面接で伝えておく必要があります。

面接なので無理な要望を言うと合否に差し支える場合もあるので、言い方には気を付けましょう。内定が決まってから入社までの期間に採用担当者に問い合わせることもできますが、その際には事実の確認のみで交渉の余地はありません。会社によっては、選考時には○万円~○万円という金額範囲のみの提示で正確な金額は入社日にというところもあるかもしれません。その場合は範囲内の金額で了解しているとみなされるので最低の金額での採用となっても文句は言えません。

残業や休日の件はこちらから確認してもよい

残業や休日などは募集要項に提示されていますが、それでは詳細が分からない場合がほとんどです。面接時に残業時間の実態について聞いてみましょう。休日についてもわかりにくい場合もこの時しか聞くチャンスはありません。内定が決まってから採用担当者に問い合わせても良いですが、事実を確認するだけとなりあなたの入社条件がそこで変わるわけではありません。

休日などは年間休日数や「当社カレンダーによる」という記載であったり詳細が見えてこなかったりする場合もあり、実際に働いてから月に一回しか土曜日が休みではないと知る場合も多いです。このあたりは問い合わせたところの勤務条件が変わるわけではありません。しかし、入社してから話が違うということにもなりかねませんので、確認をした上で入社するかどうかを決めるようにしましょう。

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_l

仕事上の「予想外」は覚悟の上、入社する

こう言っては元も子もありませんが、募集要項や採用情報に勤務の詳細を載せるのには限界があります。仕事内容などは働いてから「こんな内容も自分も担当の仕事なのか」と驚くことはどこの会社に転職してもありうる話です。それに付随して勤務時間を超えてサービス残業があったり、出張があったり予想していなかったことが起こるものです。実際に働いて見ないと分からないことはたくさんあります

自分が絶対に譲れない条件だけは面接等で確認をしておいて、あとは予想外のことが起きても仕方がないという覚悟で新しい会社に入社しましょう。働く会社が変われば今までの会社の常識を覆すようなことが良くも悪くもたくさんあります。転職とは、そういうことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職会議の口コミ情報を使って、転職先候補の実態を吟味しよう

tenshoku

転職活動は情報戦でもあります。様々な情報をあつめて取捨選択していく作業も必要となってきます。そして重要な応募先の情報に関しては様々な収集方法があると思います。1つは企業のホームページから、そして1つはエージェントや求人情報サイトから、そしてもう1つが転職会議のような転職口コミサイトからです。この転職活動の口コミ情報、どの程度転職活動に役立てればいいのでしょうか?

1  情報の質はマチマチである

 
求人情報サイトやエージェント経由の応募の場合、応募先の企業情報は基本的に良い情報しか耳に入らないと思います。やはり入社を考えるからには、本音の意見も聞きたいですよね。そんな時には、実際に入社している人やすでにその会社を退職した人が口コミ情報を寄せている転職会議などのような口コミサイトは役に立つと思います。
 
このような口コミサイトでは、会社の情報が事細かくわかるように様々な情報が掲載されています。たとえば、給料や待遇、女性社員と男性社員の比率やなど社内の状況がわかりやすくなっています。ここでは社員の本音が聞け、転職活動には役に立つように思えますよね。
 
でも、このような口コミサイトを参考にする時に1つ注意しないといけないのは、情報の質が提供者によりマチマチであることです。たとえば、社内で非常に優秀な実績を上げている人が口コミを書けば、会社を上げる方向の記事となるでしょうし、反対に、在籍時あまり良い思いをしなかった退職者が口コミを書けば、もしかしたら過激な口コミになることもあると思います。また、通常このような口コミサイトに口コミを入れる人はどちらかといえば、会社に対してネガティブな感情を持っている人が多いというのも頭に入れておいた方が良いと思います。

2 口コミ情報はどう使うか

口コミサイトの転職情報はある程度会社の実情を知る手掛かりにはなると思います。たとえば昇給の割合や男女比など数字に表れるものは客観的で信頼できる可能性は高いでしょう。その点で有用性はあるとは思いますが、会社に対しての思いなど、書く人の主観が入る部分に関しては、ポジティブ過ぎるのやネガティブ過ぎるのもある程度割り引いて参考にしたほうがいいでしょう。そして基本は自分でものをしっかり考え、口コミの情報を判断していくことが必要だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0