女性の転職を有利にするコツは、「女性ならではの会社・職種を選ぶ」こと

女性の社会進出が進む中、女性でもキャリアアップを図って転職活動にいそしむ人も多いのではないでしょうか。女性の勤労者が増えたとはいえ、決して男性と同じ扱いではありません。女性の転職活動のコツについてご紹介していきましょう。

0c2b981fdd706ede9996b418a3854ef5_l

女性が活躍している求人情報を探す

職種にもよりますが、残念ながら採用する側は男性がいいか女性がいいかということをある程度想定しています。しかし、求人情報には年齢や性別を乗せることは原則、できません。せっかく受けても無駄になることは多いです。それでも女性であることを理由に落とされるのであれば書類選考の時点で落とすはずなので、希望の企業はどんどん書類選考を受けてみましょう。面接に呼んでもらえるようであれば、女性でも採用される可能性があるということですね。

また、求人用法に掲載している写真で女性社員が活躍している風景を乗せている会社はまず、女性社員を求めていると考えて間違いないでしょう。女性社員が活躍している会社であれば、入社しても女性が働きやすい会社であることは間違いありません。更に女性に応募してもらうために、育児休暇の取得率や職場復帰率が高いことを売りにしている求人情報もあります。出産をしてからも長く働ける職場を探している場合にはうってつけの職場だということですね。

このように女性が活躍していける職場ほど、女性が採用されやすいので、応募企業を探す際の基準の一つにしてみて下さい。

女性ならではの職種を受ける

女性としての転職を成功させたい場合は女性ならではの職種に転職するのも一つの方法です。ボディセラピストやネイリスト、美容関係、飲食店の接客業などを女性が多く活躍している職種であれば採用側も女性をメインで考えているので、採用される確率も高いです。職種によってはこれまでの経験をそのまま活かすタイプか、そうでなければ未経験歓迎の求人が良いでしょう。

転職活動で女性であることをハンデに感じてしまうようならば、女性ならではの職種に転職してみてはいかがでしょうか?ここで手に職をつければ、結婚、出産後も働けるようなスキルを身につけることができますね。

199415d7e2923d2aaa638bcdbcfe2aba_l

 

女性にお勧めの転職エージェントは?

職種による部分もありますが女性にお勧めの転職エージェントはまずはパソナキャリアです。これは特に事務職に言えることなのですが、派遣会社からのつながりを活かして女性に有利な求人案件が多数あります。また、マイナビエージェントも女性の転職に強い転職エージェントとして人気があります。女性のキャリアコンサルタントが親身になって相談に載ってくれます。

更に求人取扱い件数が格段に多いリクルートエージェントも必ず登録しておきましょう。女性のキャリアアドバイザーも多数在籍しており、女性ならではの転職の不安なども相談しやすい環境が整っています。就職サイトでは女性を本当に採用したい求人案件なのか見えてこないですが、転職エージェントを通した紹介であれば、女性であることが不利に働くような求人はあまり紹介されないはずです。無駄な応募を省くためにもぜひ転職エージェントを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

主婦の職場復帰の際、家庭を大切にしながらの転職の成功法則

一生専業主婦でいることは珍しいと思われる現代では、出産などで一旦現場を離れた主婦の職場復帰は大きな課題とされています。働くということは決められた時間に必ず家を空けなければなりません。家庭を大切にしながらの転職の成功法則はあるのでしょうか。

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_l

自分の確実に出られる時間帯での勤務にする

職場復帰の主婦ということで会社側はきちんと勤務日に働いてくれるのか、休みが多くなるのではないかということを心配してしまいます。子供が幼稚園や学校に確実に行っている時間帯での応募の方が、面接でも確実にその時間帯は働けることをアピールできますね。この日はダメですが、この日のこの時間帯は大丈夫だと正確に伝えましょう。

その時間帯も時間にぎりぎりでは遅刻をしてしまう可能性もあるので確実に働ける時間で申告しましょう。実際に働いて余裕を持てるようならば後から時間数を増やすということも可能な場合も多いはずです。

勤務に融通が利く職場を選ぶ

子供がいれば急な病気や行事などの振替休日など、イレギュラーに休まなければならない場合は多く出てきます。家庭を大切にするためには子供の病気の場合はすべて会社を休んで通院や看病に充てなければなりませんし、行事をすべて参加することは必須です。そのためにはイレギュラーな休みを取れる職場であることが必要ですし、子育て主婦に理解があるところが理想ですね。

同じような子供を抱えた主婦が働いているような職場や、個人経営など、勤務日数などがあらかじめ決められてシステム管理されていないところの方が比較的、融通が利きやすいでしょう。大切なのは面接の時点で自分の家族の状況や、急に休みを取る可能性があることを洗いざらい説明することです。それでも良いと採用してくれる会社ならば、実際に休むときにもスムーズに休みを取ることができます。

逆に採用されるために、現状を隠さないようにして下さい。事情を説明せずに入社してしまうと、実際に休みを取る際に周りに嫌味を言われたり、なかなか休みが取りにくかったり苦労をすることが多いはずです。

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_l

同じような立場の社員が多い職場を選ぶ

このように何かあった際に急遽休みを取ったりする場合には同じような子育て主婦がたくさんいるような職場を選ぶことが大切です。子供の年齢にもよりますが、子供がまだ病気になる可能性も高く、学校などが早く終わる年齢の場合は比較的軽易な業務の仕事に就くようにしましょう。

家庭を大切にするためには働くようになっても家のことを重視して生活できるような環境が理想ですね。そのような職場環境はある程度業種や職種に偏りがあります。自分の未経験の業務でも子供が小さいうちと割り切って勤務条件に融通が利き、主婦が多い職場を選ぶようにしましょう。働いてから勤務条件が合わずにすぐに辞めてしまうのではもったいないので、転職活動を始める前に自分にとって可能な勤務条件を明確にしておくことも大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0