社外に信頼できるメンターがいない人ほど転職エージェントに登録しよう

会社での自分の現状に悩み、転職なども考えた際にあなたに適切なアドバイスをくれる人はいますか?

社内の人では意見や会社に対する視点も偏ってしまいますので、社外の人の方が客観的で適切なアドバイスをくれるかもしれません。しかし、仕事上他の会社の人や自分の本来の知人と接する機会がなく社外にメンターとなる人がいない場合はどうしたらよいでしょうか。

そんな場合の転職エージェントの有効利用方法についてご説明致しましょう。
b3f897f61701ded8a5ef8d15bd6dec99_l

転職エージェントは客観的にあなたを見てくれる

転職エージェントはあなたの職歴や希望条件にあった非公開求人を紹介してくれますが、その際にはあなたの市場価値を冷静に見極めています。あなたが実際に活躍できるような職場を紹介することが彼らの仕事なので、あなたの客観的価値を明確にする必要があるからです。

例えば

  • 他社への転職に活かせるあなたの強みとなる職歴・スキル
  • 転職をする際のアピールポイント
  • 転職をする際にネックになること
  • 足りない部分を補う際に改善すべき点

これらを聞いてみるだけでも、今あなたがどうすべきなのか、どんな職場で働くことが適切なのかが見えてくる判断材料になりそうですね。転職エージェントに登録に行くと、登録の際にこれらの点を教えてくれ、いいアドバイスをくれるはずです。

転職エージェントは他社の状況に詳しい

転職エージェントは求人を掲載している企業ともやりとりをしていますし、その際にどんな人物を採用したいのかという話も良く聞いています。これは転職エージェントだからこそ把握している情報ですね。

他社の情報を把握しているからこそ、あなたを客観的に見ることもできますし的確なアドバイスができるはずです。社内の人間ではここまで客観的な視点を持つことはできませんね。

a07023c3ea67103a59c657a14e11557e_l

転職エージェントは悩めるいろんな人を成功に導いている

転職エージェントは転職希望者を希望の企業に入社させることが目的です。多くの転職希望者の転職活動を成功させてきたわけですから、あなたが転職すべきなのか、転職をするためには何が必要なのかのアドバイスにも信憑性がありますね。

転職エージェントのあなたへの評価は社内の物とは全く異なるものかもしれません。自分では他社で通用すると思っているものが、使えないと知ったり、自分の気づかない弱みなども気づかされたりすることもあるでしょう。しかしそれこそがあなたの社外からの判断ともなりますので、真摯に受け止めアドバイスに従えばあなたが転職をどのようにすれば社外で活躍することができるかのヒントをもらえそうですね。

社外にメンターとなる人がいなく、転職すべきかどうかを悩んでいる人はぜひ転職エージェントを利用してみることをお勧めします。きっと今まで気づかなかった自分の新しい可能性を知ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ベンチャー企業から大手企業へ転職することは可能か?

大手企業への就職は新卒採用でも人気ですが、当然中途採用でも人気です。大手企業に転職するためには前職も大手企業であると成功率が高そうですね。これまでの職歴がベンチャー企業などの小規模の会社で勤めている場合、大手企業への転職は難しいのでしょうか。
大手企業ビル

中途採用の場合、会社が欲しいのは即戦力

多くの会社は中途入社の社員に即戦力を求めています。一から教えなくとも、数カ月で他の社員と同様の仕事ができることが望ましいのです。その場合に求められるのは募集職種と同様の経験やスキルです。ベンチャー企業でも全く同じ仕事をしているので大丈夫とも思うかもしれません。

しかし、同じ職種でも会社の規模や取引相手などが変われば仕事の進め方や必要な資質が全く異なることも多いです。希望の職種によっては前職の会社の規模人数が違うということで敬遠されてしまう場合も出てくるかもしれません。

ベンチャー企業経験が重宝されることもある

そうは言ってもベンチャー企業だからこそ得られた経験やスキルというものもたくさんあるでしょうし、それらが必要な仕事もたくさんあります。希望の仕事にベンチャー企業での経験がどう活かせるのかをうまくアピールできれば、いいアピール材料になることは間違いありません。

例えば、最先端の技術に関わってきたことや入社した時から多くの仕事を任され裁量の多い仕事をしてきたことでより多くの経験が身についているはずです。だからこそ希望の仕事で必要とされるスキルがあることを強調すると良いアピールになるのではないでしょうか。

自分は大手企業の人が知らない世界を知っていることに自信を持ちましょう。
見上げて電話する男性

大手企業では上下関係が大切と心得よ

大手企業とベンチャー企業の大きな違いはその組織体制ではないでしょうか。大手企業は古くからの創業で、伝統を重んじ、年功序列の制度が残っているところが多いです。仕事ができる人が偉いのではなく先に入社している人や役職に就いている人の方が偉いのです。時には自分の方が正しいと思うことをこらえても、重鎮や今までのやり方に従わなければならない場面がたくさんあります。

また、古くからいる社員はその会社の考えにも染まりきって、他の会社のやり方などは一切認めようとしない人も多いです。ベンチャー企業とは仕事の進め方や上司との関わり方も大きく違ってくる可能性が高いです。大手企業で働くことが本当に自分の求めていることなのかもう一度よく考え直した上で応募を決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職回数の限界は何回まで?給与への影響は?

悩める男性
転職を多く繰り返していると気になるのが、履歴書での職歴の多さです。
職歴が多いことは転職に悪い影響はあるのでしょうか。
給与額にも影響があるのか気になってしまうところですね。

何回までが許容範囲なのかは会社による

転職回数が多いと根性がないとみなされて書類選考で落ちてしまう、というのは昔の話です。
現代ではキャリアップを目指して転職をしている人も多い時代なので転職回数が多いから悪い影響があるかと言えばそうでもありません。

しかしそこをどう捉えるのは会社次第でもあります。
中途採用をあまり採らない会社や昔から続いている伝統を重んじるでは新卒時から続いている社員がほとんどでしょう。
その場合は面接官自身も一つの会社に長く続けて来たのであれば、転職回数が多い場合はすぐに辞めてしまうという悪い印象を持つ可能性が考えられますね。

逆に中途入社の社員が多く活躍している会社や設立してそんなに年数が経っていない会社は職歴が多少多くとも、その行動力や積極性を評価してくれるかもしれません。
職歴の多さは会社の社風により評価が分かれます。
それでも職歴が5回以上あって1年未満で退職しているケースが数社ある場合にはすぐに辞める可能性があると思われても仕方ありませんね。

給与に影響が出るのは転職回数ではない

転職回数が多いことが直接給与額に影響することはほとんどないです。
給与額は年齢や職歴、募集職種の経験年数などで決められるものが思いはずです。

そんな中で転職ごとに職種などを変えていて、募集職種に活かせる同職種の経験が短い場合、給与額は低く設定されることが多いかもしれませんね。
逆に数社を経験していてもすべて同じ職種でそれが転職先にも活かせるような経験であれば、合計して○年の経験ありとみなされるので給与確定に悪い影響が出ることはありません。

転職回数の多さを良いアピールに変えるには?

女性ガッツポーズ
転職回数が多くともそれぞれにきちんとした理由があれば、そんなに悪い印象を与えることは少ないです。
更に経験社数が多くともすべての職歴に一貫性があれば逆に一つの目的を遂げるために今までのキャリアップを図ってきたように伝えることもできます。

退職理由は必ず聞かれるところでもあるので、一貫した思いを伝えられるストーリーを考えてみましょう。
もちろん嘘はいけませんので、ポジティブな自分の正直な理由を引き出して考えましょう。

例えば、以下のような流れはいかがでしょうか?

  • 正社員 2年→残業時間多く、国家資格受験の勉強時間確保のため軽易な業務に転職
  • 派遣社員1年→試験に合格したので正社員に転職
  • 正社員 5年→資格を活かした業務経験を積む
          →小規模な範囲での業務なので業務範囲を広げてキャリアアップするために転職を決意

それぞれ前向きな理由や目的があって転職に至ったということが説明できると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0