営業職への転職を有利にするコツ

営業職は勤務時間に自由度もあり、業績を上げれば高給を手にする可能性も高く憧れている人も多いのではないでしょうか。営業職への転職を有利にするコツについてご紹介していきましょう。

男性ガッツポーズ

営業は未経験歓迎の求人に応募する

営業は転職が盛んな職種でもあるので未経験歓迎の求人がたくさんあります。営業職は長い経験がなくとも、本人に能力と営業センスがあればそれなりの業績を上げていくことができる職種でもあります。営業の経験がない場合やアピールできるスキルがない場合は未経験歓迎の求人を受ければ合格する確率も高くなりますし、あなたのポテンシャルを見てくれるでしょう。

未経験歓迎の求人もたくさんありますので、多くの会社をまわって自分に合いそうな業種を見極めるようにして下さい。同じ営業職でも売る商品や業界が変われば求められる資質や社内の雰囲気がかなり変わってきます。

営業でも役に立つ資格がある

業界にもよりますが、営業職への転職でも役に立つ資格があります。外資系の会社の営業職であればTOEICを持っていると良いアピールになるでしょう。どの業界へ行っても英語ができるということは損をすることはありません。不動産業界であれば、宅地建物取引主任者が良いでしょう。名刺に記載があるだけでお客様に信頼を与えることができるので、面接の際も受けが良いはずです。他にも中小企業診断士なども中小企業の経営への的確なアドバイスをする際に役に立つことがありますので、印象がいいです。

営業職というと直接役に立つ資格はなさそうですが、業種や取り扱う商品によっては役に立つ資格がもっとあるかもしれません。これらを取得しておけば営業職への転職にも有利に働くことでしょう。営業職への転職を目指すならば、働きたい業界に詳しくなれるような資格を取得しておくと面接で良いアピールができますね。

 

前職で数値のわかりやすい業績を上げる指さし

営業職は業績が物を言う世界でもあります。営業職へ転職するためには今の会社でわかりやすい業績を上げると格好のアピールになるでしょう。今もすでに営業職に就いているのであれば尚更です。同じ営業職で素晴らしい業績があれば引く手あまたで転職できる会社はたくさんあり、勤務条件もかなり自分の希望に近いものを選べるのではないでしょうか。

もし、前職が営業職ではなかったとしても、○人の部下を指導していた、○社分のコンサルティングをしていたなどの具体的な数値で何かをアピールするようにしましょう。具体的な数値での説明はわかりやすいアピールになりますので、ぜひ活用して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

事務職への転職を有利に進めるコツ

事務の仕事はどんな業界、業種であっても必要な仕事です。事務職での転職を考える人はたくさんいるのではないでしょうか。転職希望者がたくさんいるからこそ、求人数の割にはなかなか転職がうまく行かない職種でもあります。事務職の転職を有利にすすめるコツについてご説明していきましょう。

得意げな女性

事務職→事務職の場合

事務職の需要は一見たくさんありそうですが、事務職にもいろいろ種類があります。総務事務、庶務、営業事務、人事事務、医療事務など同じ事務とは言っても仕事内容はかなり異なります。

習得までそんなに期間がかかるものではない場合も多いですが、事務職こそ代わりや他の希望者はたくさんいる、と思われるので同じ仕事の内容の経験を持つ即戦力となり得る場合ではないと採用されることは難しいです。仕事内容は同じで良いと思うのならば極力、会社の業種、規模が同様の会社で、同じシステムを使っているような会社を受けると良いでしょう。

他職種→事務職は簡単ではない

営業、接客、SEなど他の職種から事務への転職を目指す人もたくさんいることでしょう。事務なら誰でもできるし、経験がなくとも採用される、そのように思っていませんか?しかし、事務職こそ希望者、経験者はたくさんあるので実務経験が重要視されます。

もし、経験がなく事務職への転職を目指すならば「未経験者歓迎」の求人を受けるようにして下さい。また、前職と同じ業界、などできるだけ何らかの接点があった方がよいでしょう。それだけ事務職とは言っても他の職種のからの転職は難しいということを意識するようにして下さい。

全く事務職の経験がないのであれば資格の取得をした上で、転職に臨むのも一つの方法です。経理ならば日商簿記、人事関係ならば社会保険労務士、法務系ならば行政書士や司法書士、病院事務ならば、医療事務などの資格がお勧めです。ハローワークの職業訓練にも同じような講座がありますのでそれらを受講するのも良いでしょう。

ペンで書く手先

事務職こそ即戦力であるかどうかがシビア

事務職での転職を考える際に「事務職だから簡単に見つかる」というイメージを持つのは辞めましょう。事務職こそ即戦力であるかを重視されるので、前職と同業種の職場を受けるか、未経験の場合は資格を取るなどの万全の準備をすることを忘れないで下さい。面接の際も事務職を侮るようなことは決して言わないで下さい。

前の会社での真摯な仕事への取り組み方を伝えれば、事務職でも一つ一つ真剣に取り組んで行けることを伝えられるかもしれませんね。大切なのは事務職でも何でも転職活動は即戦力が重視されるシビアな戦いだということを忘れないでおくことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

総務職への転職の際に知っておくべきポイント

事務職の中でも総務職への事務を希望している方は注意が必要です。総務と一口に言っても仕事範囲などが会社によって異なるからです。総務職への転職の際に知っておくべきポイントについてご説明していきましょう。

ファイルを持つ男性

こんなに違う!会社による総務部の仕事内容の違い

総務部の仕事内容は会社によって大きく違います。小規模の会社で事務分野をすべて行っている「総務部」もあれば、大きな会社だと業務部総務部法務部など細かく分かれていることがあります。総務部への退職の際はどこまでの仕事内容を含んだ総務部なのかを理解してから受けるようにしましょう。

面接で予想外の仕事内容について経験を聞かれたり、携わる可能性があると説明されたりしては動揺してしまってはうまく答えることができません。自分の業務経験と照らし合わせて未経験の業務があるのかないのかを自分で正しく把握して上で会社を受けるようにしましょう。総務部という名称でも経理的分野や法務的分野、人事的分野を含むところもありますので、会社によってかなり業務内容が異なってきます。

総務部の業務は派遣に任されていることが多い

あまり多くの業務を含んでいない庶務的な事をやっている総務部の場合、その業務のほとんどは派遣社員に任されていることも多いです。備品管理、旅券の手配、福祉厚生施設の管理、郵便仕分け、会議室の予約管理などは誰にでも取って代われるような軽易な業務であれば管理者の正社員が1名いれば後は派遣社員でも十分に対応できます。そのような軽易な業務での仕事を探しているようであれば派遣会社に登録をして派遣社員としての就業を考えた方が早く業務に就けるかもしれません。

逆に総務部で正社員の募集をする時にはそのような庶務的なことではなく、社内行事の運営や経営企画、人事関係など責任のあるマネージャー的なポジションのポジションであることが多いです。総務部への転職の際はその募集職種の内容を本当に理解した上で応募しなければなりませんね

パソコンを打つ手

総務部への転職に必要な資格

総務部への転職の際に歓迎される資格としては法務関係として行政書士や、ビジネス実務法務検定、マイクロソフトオフィススペシャリストなどが挙げられます。法務の担当の場合は法律の知識が必要とされますので資格があると良いでしょう。またパソコンの技術を客観的に証明するものとしてパソコン関係の資格があるのも良いですね。

とは言っても総務関係も面接で有利に働くには資格以上に実務経験がものを言います。未経験でも良いのならば派遣社員で足りることなので正社員としての募集はあまり多くないでしょう。総務部への転職は、派遣社員で軽易な業務に就く以外は経験がなければ正社員としての勤務は難しいと考えて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人事部への転職を成功させるために大切なポイント

人事採用に携わったり、社員の給与計算をしたり、人事異動や春闘のために奮闘したり、人事部の仕事は非常にやりがいがあります。人気もある職種の一つです。経験がなくとも人事部への就職にあこがれている人はたくさんいるのではないでしょうか。人事部への転職を成功させるために知るべき大切なポイントについて説明していきますね。

電話をする男性

人事部への転職は実務経験が必須!?

人事部は社内の機密事項を扱っているので業務内容が専門的であり、数年で習得できるものではありません。末端の単なる入力やチェック作業は派遣社員に任せていたり、給与計算業務を丸ごと専門の会社に外部委託していたりする場合もあります。そうなってくると残りの業務は採用業務や給与、財形、団体生保、福利厚生などのとりまとめ業務、人事異動や昇格、昇給の決定に携わる業務です。

これらの業務を任せるために中途で採用する社員にはそれなりの経験を求める場合が多いです。人事部への経験は実務経験が必須と考えて間違いないでしょう。中小企業などで派遣や外部委託をしていない会社の場合だと人事部の業務全体に広く担当できる人物を募集している場合もありますが、それこそ豊富な実務経験が必要ですね。

人事部は残業が多いので覚悟が必要!

求人情報にも掲載されている場合も多いですが、人事部は残業が多い職場が多いです。昇給や賞与決定時は社員全員分が必要ですし、その前の社員評価も間違いがあってはなりません。更に「人」を扱う正解のない仕事なので常に予想外のことが起こり、部内は突発事項にまみれています。その度にどのように対処するのかといったことを上司と相談したりしているうちに普段の業務も滞りがちになります。

人事部の仕事は事務作業というよりは人と人との調整の仕事です。残業が多い非常にやりがいのある業務だということを肝に銘じておきましょう。面接の際にはそのあたりの覚悟を問うような質問をされますので、自分の覚悟が伝えられることが必要です。人事部こそストレス耐性が高いのかどうかということをよく見られます。

パソコンと男性

人事部への転職に必要な資格や経験とは?

人事部への転職に必要な資格は社会保険労務士やパソコンのマイクロソフトオフィススペシャリスト、TOIECなどでしょうか。人事部は事務職の中でも優秀な人が配属されている部署なので転職の際もそのハードルが高いです。

それでもそこで役に立つのは結局のところ実務経験なので、資格だけがあっても転職できる可能性は低いです。派遣社員としてでも同様の経験があった方が採用される確率は高いです。人事部への転職を考えている時に未経験なのであれば、派遣社員などで実務経験を積んでから活動をした方が転職しやすいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

資格は本当に転職有利なのか!?評価されやすい資格とは?

転職活動をする際に資格があると有利と思っている人はたくさんいるかもしれません。資格が本当に転職で評価されるのでしょうか? 転職活動の際の資格の考え方についてご紹介していきましょう。
悩める女性

資格が転職に有利とは限らない

資格の学校や通信教育の売り文句には「資格さえあれば夢は叶う!転職は可能!」と言ったようなことが書かれていますが、資格だけで転職できるケースはあまりありません。同じ業務での経験がすでに数年あって更にそれに関わる資格を持っていれば転職の際に有利に働くことでしょう。しかしそれは実務経験に資格が厚みを加えているだけにすみません。あくまでも実務経験がある場合の話です。

実際に未経験の業務でそれに関わる資格を持っている場合ではなかなか転職はうまくいきません。書類選考で落ちてしまうことがほとんどです。会社がこれから育てようという第二新卒のような若手を求めている場合は面接の機会がある場合もありますが、そこで会社の求めているポテンシャルがあると認められなければ採用は実際に難しいです。

転職に有利な資格とは

それでも比較的を受けやすい資格として挙げられるのは以下のようなものです。

【 TOEIC 】

英語を使う職場や外国とのやり取りが多い職場、外資系で英語の書類を取り扱う場合が多いなどに英語力を客観的に評価できる指標になります。 業界にもよりますがスコアが750点以上はないとアピールにはならないでしょう。 またそのスコアも数年以内に取得したものでなければ評価されにくいです

 

【 日商簿記 】

経理関係の職場に転職する際には日商簿記は財務諸表が読めることの証明にもなりますので取っておいて損はない資格です。2級以上を取得しておいた方がよいアピールになります。それでも実務経験が全くない場合は、資格がなくとも実務経験がある人の方が採用されやすいことを覚えておきましょう。未経験から経理の仕事に就きたい場合は資格だけではなく派遣でもいいので実経験を積むことができると良いですね。

電卓

【 建築士・インテリアコーディネーター 】

住宅業界ではどの職種なのかにもよりますが建築士やインテリアコーディネーターの資格があると転職しやすいです。実際のこの業界で働いている人にこれらの資格を所持している人は多く、この業界で働きながら取得を目指す人も多いからです。 職種によっては建築士の取得が必須の業務もあるでしょう。

実務経験がなくても資格はアピールになるか

資格を持っていても実務経験がない場合、採用はされにくいですが、それでも資格を持っていることでその仕事に対する熱意のアピールにはなります。経験はないけどどうしてもその業務に就きたい場合にはぜひ資格取得を目指してみましょう。 未経験歓迎の求人などを探して応募をすれば資格の取得を評価されて採用されることもあるかもしれません。初めやアルバイトや派遣でもよいので実務経験を積んでから転職活動を始める問う方法もあります。

転職活動に有利になるかならないかは別にして、希望の業界や職種についての知識を得ることができますし、勉強した過程はあなた自身に自信をつけるものです。 興味のある資格の取得を目指して損はありませんが、必ずしも転職に有利に働くとは限らないことは覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

未経験の職種に転職する時に準備するべきことBEST5

初めはとりあえず就職したもののやっぱりこちらの仕事がいい!と未経験の職種への転職を考える人は結構多いです。しかし中途採用は即戦力を求められる場合が多いので手放しで受けるのでは簡単にはうまくいかないでしょう。未経験職種への転職に必要な準備についてのランキング、発表です!

【第1位:必要な知識や資格を調べる】

未経験の職種に就くにはまずは必要な知識や資格を調べましょう。可能ならば必要な資格を取得した上で応募に挑戦すると熱意のアピールにもなりますし、働く時にも実際に役に立つことでしょう。あなたが本当にその職種に就きたいと思うのならばぜひ資格に挑戦して下さい。資格によっては学校に行く必要もあり、その学校で就職先などの斡旋がある場合もあります。

また、学校で同じ目的を目指す友人ができれば心強いですし、有益な情報交換もできますね。資格などが必要な職種ではない場合にも、どんな知識やスキルが必要なのかを調べておきましょう。面接での自己アピールや志望動機にそれらをからめれば、真実味が出てきます。その仕事への興味が本物だと伝えることに繋がるでしょう。

散らばった資料と鉛筆

【第2位:業界についての情報を得る】

その職種がこれまで経験したものとは異業界なのであれば、業界についても調べておいた方が良いです。また、その業界で働く際に必要な資質を調べておけばここでも自己アピールに使えますね。更に志望動機を尋ねられた際もその業界について勉強していることが伝わるとあなたの本気度が伝わります。

業界について詳しい知識を得るためにはセミナーや講座などを利用しましょう。今は社会人向けに実にいろいろなセミナーが開かれています。転職支援会社が運営している業界セミナーも良いですし、業界によっては転職目的ではないスキルアップのための講座などもよいでしょう。あなたが行動しただけの効果を面接の際に発揮できる機会がきっとあるはずです。

【第3位:未経験歓迎の求人を探す】

確実な終身雇用が崩壊しつつあり、中途採用が盛んな現代では未経験歓迎の求人もたくさんあります。未経験でも良いということなのでこれまでの職歴を問わないということです。そのよう会社では未経験から中途採用で入社して来て活躍している社員が在籍していることも多いでしょう。比較的、中途入社でも働きやすい環境が整っているのではないでしょうか。

逆に未経験OKではない求人は即戦力を求めている場合が多いのでこれまでの職歴から判断される場合も多いです。未経験で採用される可能性は低いと考えて間違いないでしょう。

【第4位:その職種の志望動機を考える】

面接では未経験なのにどうして応募したのかと必ず聞かれることと思います。その際にマニュアル通りの表面的な理由ではあなたの本気度が伝わりません。あなたがその職種につきたいと思ったきっかけなどを具体的に伝えるとあなたの志望動機に厚みが増してきますね。

また、あなたがその職種に就くことによって具体的に実現したい目標などを伝えることも効果があります。その職種に就くことによってどうなりたいのかということを考えた上で面接に臨みましょう。

悩める女性

【第5位:前職で何を学んだかを整理する】

前職の職種内容が応募の内容とは全く別の物であっても面接で「前職で何を学んだのか」を聞かれる可能性は高いです。あなたの仕事に対する取り組み方や、その中でどんな部分を学び取るのかというところから未経験の職種でも活躍できそうなのかを知りたいわけですね。

未経験の職種に転職するためには、アピールになるスキルはないのであなたの本来のポテンシャルでの勝負が必要なこともあります。前職ではどのように仕事に取組み、何を目標とし、何を得たのかまとめた上で面接に臨みましょう。

職種の未経験は厳しいので長期戦を覚悟!

異業界への転職でも職種が同じならば受かる可能性は高いです。しかし、職種の未経験は全く違う内容の仕事を一から始めることになるので採用されるにはそれなりの準備と努力が必要です。

それだけ希望の仕事に就けた時の喜びはひとしおですし、やりたかった仕事というのは一生ものの仕事になることが多いです。

ぜひ夢の実現に向けて前に進んで下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0