転職する前の会社の悪口は、絶対言ってはいけない。その理由とは?

中途採用の面接ではよく前の会社を辞めた理由を聞かれるものですが「絶対に悪口は言ってはいけない。」と言われています。その理由についてご説明していきましょう。

不満そうな男性

退職理由はあくまでも前向きな理由で!が鉄則

退職理由で前の会社の悪口などネガティブな事を言うと非常に印象が悪いです。あまりそういうことを言う人はいませんし、「嫌だから辞めた」では客観的に退職のための正当な理由があったとは思われません。その結果この人は辛いことあるとすぐに逃げ出してしまうような人だと思われます。

そのような人を採用したいと思う会社があるでしょうか?そう思われないためにも転職理由はあくまでも前向きな理由を告げましょう。資格取得のため、自分の仕事範囲を広げるため、キャリアアップのためなど前向きな理由は探せばたくさんあるはずです。せっかく転職するのですから、嫌なことから逃れるためだけではなく新たな目標もみつけてみましょう。

入社してもすぐに辞めると思われる

面接の際に前の会社の悪口を言うことによって「この人は嫌なことがあるとすぐに辞めてしまう」という印象を持たれやすくなります。自分の会社で採用しても、仕事をやり遂げる根性を持てずに早々に辞めてしまうかもしれないと思われてしまいます。そんな人を採用したいと思う会社はありませんね。

前の会社の退職理由を語る際にも会社の悪口になるようなことは絶対に言わないようにしましょう。「自分には合わなかった」という言い方もネガティブなイメージを感じさせてしまいます。「もっとこういうことがしたい」「こういう方向に進みたかったので転職を決意した」というような流れの話をした方がいでしょう。

空を見上げる黒い男性

仕事に対する取り組み方を疑問視される

前の会社の悪口を言うと自分にとって都合の悪いことはすぐに会社や他人のせいにすると思われます。そんな人を採用したいと思う会社はありませんので、面接での印象も非常に悪くなります。仕事上で何か不都合なことが起こったら、何かのせいにして文句を言うのでは自分は成長しませんし、仕事としても滞ってしまいますね。そんな場合でも状況を改善するために自分には何ができるのかを考えた方が建設的です。

たとえきっかけは何か嫌なことがあって会社を辞めるのだとしても何らかの改善を目指して退職をするのだという方向に自分の気持ちを持って行くようにして下さい。例えば人間関係が嫌でその会社を辞めるのであれば、「前の会社とは全く違う環境、規模の会社で人間関係の構築の仕方を新たに学び直したい」という目標を設定するのもよいでしょう。「嫌だから辞める」だけでは後に続くものがありません。前向きな何らかの目的のために転職するという意思を持って転職活動を進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【転職・入社直前】労働契約と採用条件の食い違いをなるべくゼロに近づけよう

転職活動も成功してついに入社となると、具体的な労働条件が提示される流れになります。この時に応募をした際の採用条件と食い違う点が少なからず出てくる場合が結構多いです。しかし、この条件で採用される!と応募をしたのに、いざ入社をする際に給料が下がったり休みが少なくなったりするのは納得がいきませんね。これらの食い違いをなるべくゼロに近づけるための方法をご紹介致しましょう。

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_l

給料額は面接内で確認がある

特に中途採用の場合は面接内で前職の給与の確認と、採用された際にどの程度のお給料での採用になるかという説明があるはずです。疑問があればその時にできるだけ聞いておきましょう。基本的には交渉ができるのはこのタイミングです。転職エージェントを利用している場合は内定が決まってからエージェントと会社側で交渉ということになりますが、大幅に変わることはまずありませんし、その場合も面接内での確認はあるのが普通です。給料額で要望がある場合には最終面接で伝えておく必要があります。

面接なので無理な要望を言うと合否に差し支える場合もあるので、言い方には気を付けましょう。内定が決まってから入社までの期間に採用担当者に問い合わせることもできますが、その際には事実の確認のみで交渉の余地はありません。会社によっては、選考時には○万円~○万円という金額範囲のみの提示で正確な金額は入社日にというところもあるかもしれません。その場合は範囲内の金額で了解しているとみなされるので最低の金額での採用となっても文句は言えません。

残業や休日の件はこちらから確認してもよい

残業や休日などは募集要項に提示されていますが、それでは詳細が分からない場合がほとんどです。面接時に残業時間の実態について聞いてみましょう。休日についてもわかりにくい場合もこの時しか聞くチャンスはありません。内定が決まってから採用担当者に問い合わせても良いですが、事実を確認するだけとなりあなたの入社条件がそこで変わるわけではありません。

休日などは年間休日数や「当社カレンダーによる」という記載であったり詳細が見えてこなかったりする場合もあり、実際に働いてから月に一回しか土曜日が休みではないと知る場合も多いです。このあたりは問い合わせたところの勤務条件が変わるわけではありません。しかし、入社してから話が違うということにもなりかねませんので、確認をした上で入社するかどうかを決めるようにしましょう。

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_l

仕事上の「予想外」は覚悟の上、入社する

こう言っては元も子もありませんが、募集要項や採用情報に勤務の詳細を載せるのには限界があります。仕事内容などは働いてから「こんな内容も自分も担当の仕事なのか」と驚くことはどこの会社に転職してもありうる話です。それに付随して勤務時間を超えてサービス残業があったり、出張があったり予想していなかったことが起こるものです。実際に働いて見ないと分からないことはたくさんあります

自分が絶対に譲れない条件だけは面接等で確認をしておいて、あとは予想外のことが起きても仕方がないという覚悟で新しい会社に入社しましょう。働く会社が変われば今までの会社の常識を覆すようなことが良くも悪くもたくさんあります。転職とは、そういうことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

行動面接とは何か?練習対策方法は?

採用面接には様々な手法が取られますが、行動面接(STAR手法)というのもよく取られる手法であります。行動面接とは何か、その対策法についてもご紹介していきましょう。

座っている男性

行動面接(STAR手法)とは

行動面接とはあなたの過去にどのような状況でどんな役割になり、どのような行動を取り、更にどんな結果が生まれたのかを聞く手法です。これは嘘をついても面接官にばれやすいのでその人の考え方や行動パターンをより深く知ることができる手法です。
SはSituation(状況)、 TはTask(役割)、 Aは action(行動)、 Rは Result(結果)を意味します。

例えば

あなたは前の職場で最も大きなトラブルに遭ったのはどんな時ですか?
その時にあなたは何を担当していてどんな行動を起こしましたか?
その結果、どんな成果を上げることができましたか?

と言った具合です。

対策法は?

これらの質問に答えるためには具体的な言葉を用いる必要があります。言葉が足りない場合はすぐに回答が終わってしまいますね。これらに答えるのは中身のあるそれなりの回答をしなければならないのですが、逆に考えれば面接でのチャンスの場でもあります。きちんと答えるためには自分の過去の職歴の中でアピールの材料になりそうな出来事をアップして、この手法に当てはめ、具体的な回答内容を考えてみて下さい。

例えば

クレームがあった時にどのように対応したのか
今までの仕事の中で目標を定めて達成したことがあるか
難しい上司や先輩と打ち解けた経験はあるのか

答えたことに対して突っ込んだ質問をされる場合もありますので決して嘘は言わないようにしましょう。また、面接ですのでダラダラと話さずに相手に伝わりやすい具体的で簡潔な言葉を選ぶようにしましょう。実際に同じ質問がされなくとも自分の過去の行動を整理して他人に伝えることの練習にもなりますし、数件考えるとあなたの仕事における行動パターンがわかり、アピール材料が明確になってきます。
ガッツポーズ男性

深い意図がなく質問している場合もある

面接官が面接のプロである人事とは限りません。採用予定部門の技術系の社員や営業系の社員、製造現場の社員であることもあります。
質問に深い意図はなくただ知りたくてその質問をしていることも多いです。ここで必要なのは聞かれた質問に対する答えをきちんと答えるということです。無理やり自己アピールに繋げたり、テクニックを駆使したりするあまり話が抽象的になるのは避けるようにして下さい。

面接はマニュアル通りの素晴らしい答えができることが目標ではありません。自分の言葉で自分の良さを伝えられるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

転職活動期間は90日が目安!?何に時間をかけるべきか。

PAK88_yopparai20140921200627500-thumb-1162x800-5755

一般的に転職活動を開始し、希望企業へ応募、面接(1次~最終面接)、内定、内定承諾までのワンサイクルが、長く見積もっておおよそ90日かかります。もちろん、その90日に縛られる必要はないのですが、仕事をしながら転職活動をすることはかなりのパワーと気力と時間確保が必要です。ですので、転職活動する時はできるだけ短期決戦を目指した方が良いでしょう。

では、その90日、何に時間をかけるべきでしょうか?

1 履歴書、職務経歴書の準備

転職活動を開始する際には、自分の経験の棚卸が必要です。自分が職務上経験したこと、そしてその経験を基に今現在できることをしっかり書くことが、企業へのアピールの第1歩になります。
そして企業の面接に進むためには、まず書類が通過しなければいけません。内容の薄い職務経歴書や形式が整理されていない職務経歴書は、残念ながら選考する人が見ないこともあります。ですから特に職務経歴書に関しては時間をかけて、知らない人が見てもあなたの経験を理解できるかを基準にしっかり作成しましょう。

2 応募する企業の企業研究

転職活動では通常複数の会社に応募しますが、自分が応募書類をだす会社がどういう会社なのか概要はしっかり調べて応募しましょう。特にエージェント経由で転職する場合には、コンサルタントが勧めるがままに応募をして企業の研究をしない人も見受けられます。でも転職の主体はあなた自身です。自分で応募案件を取捨選択できるように、しっかりと企業研究は行った方が良いでしょう。

3 面接前準備

無事書類選考通過したら次は面接です。書類選考通過したということは、あなたの経験に応募企業の人が魅力を感じたということになります。面接で自分自身をしっかりアピールできたら面接突破の可能性も大きくなります。面接前はには、しっかり面接対策を行いましょう。エージェントでの多くが面接対策のための模擬面接等を行ってくれます。それを是非利用しましょう。
自分の経験を過不足なく、しかもその企業の求人内容に即して説明できるように、そして応募企業に入社したらどう活躍できるかを自分なりにまとめて面接に臨んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0